「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れないときの対処法を紹介!

整備要領書の確認に欠かすことができない「FAINES(ファイネス)」ですが、「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れない状態になってしまったときの対処法をご存知でしょうか?

「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れないときの原因と対処法を紹介します。

「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れないときの「原因」

「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れないときには、いくつかの原因が考えられます。「FAINES(ファイネス)」が見れないときにはじめに確認したい、「FAINES(ファイネス)」を見れない原因を解説します。

OSが非対応

「FAINES(ファイネス)」を見ることができるOSは「Windows 8.1」と「Windows 10」のみです。

そのため、それ以前のWindowsを使っていたりMacを使ったりしている方は、「FAINES(ファイネス)」が見れない原因となります。

なお、8.1以前のWindowsについては見れる場合もありますが、推奨環境から外れており、サポートも終了しているOSですので利用はおすすめしません。

ブラウザが非対応

IE

Windows10ではデフォルトブラウザにEdgeが設定されており、個人でもChromeやFirefoxなどのブラウザを利用している方が多くいらっしゃいます。

しかし、「FAINES(ファイネス)」の推奨ブラウザは2020年11月現在、「Internet Explorer 11」のみです。

そのため、「FAINES(ファイネス)」をInternet Explorer 11以外で利用している方は、整備要領書を見れない可能性があります。

必要なソフト・設定がインストールされていない

「FAINES(ファイネス)」はOSやブラウザ以外にもいくつかのソフトや設定が必要です。これらを正しくインストール・設定しておかなければ「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れない原因となってしまいます。

関連記事

自動ブレーキや自動運転機能が搭載された自動車が多くなり、自動車の「整備」の現場や制度にも変化が出てきました。 その中でも最も大きな変化は「特定整備」とそれにともなう「エーミング」という作業です。今回は「特定整備」や「エーミング」とは[…]

関連記事

自動車の踏み間違い事故や追突事故で注目されている「自動ブレーキ」や「誤発進抑制装置」ですが、これらの機能は後付けすることができるのでしょうか? 「自動ブレーキ」や「誤発進抑制装置」の後付けについて、これからの義務化や補助金等の制度と[…]

「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れないときの「対処法」

「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れないときの対処法を紹介します。「FAINES(ファイネス)」が見れない状態にある方はこれらの対処法を参考にしてください。

セキュリティ設定

「FAINES(ファイネス)」の通信には「TLS」と呼ばれる暗号化技術が利用されています。そのため、ブラウザで「TLS」を有効にする必要があります。

ALTを押す

「Alt」キーを押して、IEのメニューバーを表示させます。

インターネットオプション

「ツール」から「インターネットオプション」を選択します。

TLS

インターネットオプションが開いたら、「詳細設定」のタブを表示して「TLS 1.2の使用」にチェックします。(1.2未満のバージョンでは整備要領書が見れないので注意してください)

互換表示設定

お気づきの方も多いかと思いますが、「FAINES(ファイネス)」はかなりの古臭いシステムです。Windows10で標準となったEdgeブラウザにすら対応していません。

そのため、最新のブラウザで「FAINES(ファイネス)」をうまく見れないときには、IEの互換表示設定を行なうと見れるようになる場合があります。

互換表示設定

「Alt」キーで表示できるメニューバーの「ツール」から「互換表示設定」を選択します。

互換表示設定サイト追加

互換表示設定に「jaspa.or.jp」を入力して、「追加」を選択します。

ポップアップブロックの設定

「FAINES(ファイネス)」は新しいウインドウを「ポップアップ」として表示します。

現在の標準のセキュリティ設定では、ブラウザがポップアップを迷惑サイトと判断して、ブロックする可能性があります。そのため、ポップアップブロックの設定が必要です。

ツール→インターネットオプション

Altキーで表示できるメニューバーの「ツール」から「インターネットオプション」を開いてください。

ポップアップ設定

インターネットオプションの中にある「プライバシータブ」のポップアップブロック「設定」を選択します。

ポップアップ除外

ポップアップブロックの設定が開いたら、「*.jaspa.or.jp」を追加します。

規定アプリの設定

「FAINES(ファイネス)」の整備要領書は内部ではPDFで扱われているものが多くあります。そのため、PCのPDFを開く既定のアプリが「Acrobat Reader DC」以外の場合、見れないことがあります。

AcrobatDC

PDFの規定のアプリを「Acrobat Reader DC」に変更するには、はじめに「Acrobat Reader DC」がインストールされている必要があります。

Acrobat ReaderはPDFの表示以外に、コメント追加や電子契約(月2回まで)も可能です。PDFの編集、変換やパ…

設定

「Acrobat Reader DC」をインストールしたら、Windowsの設定を開きます。

アプリ

「アプリ」を開きます。

ファイルの種類ごとに設定

「既定のアプリ」タブで「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」を選択します。

PDF既定のアプリ

「.pdf」を探し出して「Acrobat Reader DC」を選択します。

関連記事

Windows10でWebサイトや写真を特別なソフトを使うこと無く「PDF」に変換する方法を紹介します! Windows10であれば、Webサイトや写真を「PDF」にする作業が特別なソフトなしに行えることをご存知でしょうか?無料で簡[…]

「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れないときの「メーカー別対処法」

「FAINES(ファイネス)」で見れない整備要領書の中に、メーカーによって見れたり見れなかったりするコンテンツがあります。主なコンテンツ違いによる「FAINES(ファイネス)」で見れないときの対処法を紹介します。

イラスト・動画系コンテンツを閲覧できない

「FAINES(ファイネス)」の一部のイラストや動画系コンテンツには、2020年末にサポートが終了するAdobe Flash Playerが利用されているものがあります。

これらはAdobe Flash Playerがなければ見れないのでインストールしたいところですが、すでにサポート終了が2020年末に決まっているため非推奨です。

Adobe Flash Playerサポート終了について…

外部診断機と連動できない

スキャンツール

外部診断機のデータを読むには、「FAINES(ファイネス)」の動作に必要なソフトや設定のほか、各外部診断機メーカーが配布しているソフトが必要です。

日産の整備要領書でフォントがおかしい

「FAINES(ファイネス)」で配布している日産の整備要領書の一部では、Windowsの標準ではないフォントが利用されています。そのため、これが置き換えられて表示される場合があります。

梅フォント

必要であれば、日産の整備要領書で利用されていることがある「梅フォント」と呼ばれるフォントをインストールします。このフォントはFAINES(ファイネス)公式サイトからダウンロードできます。