【ライズ A210A】「バッテリー」交換方法・注意点

ライズ A210A(以下ライズ)は、ダイハツが製造しトヨタにOEMしている小型SUVタイプのモデルです。因みにダイハツでは、ロッキーとして販売されています。本記事では、ライズのバッテリー交換方法や交換時の注意点などについて説明していきます。

目次

【ライズ A210A】「バッテリー」交換方法・注意点 ~おすすめバッテリー~

N-55バッテリー

ここでは、ライズのバッテリー適合やおすすめ商品などを紹介します。

【ライズ A210A】のバッテリー適合は?

車種名・型式・駆動標準寒冷地
ライズ・A210A・4WDN-55(電動パーキング搭載車)
M-42(電動パーキング非搭載車)
N-55(電動パーキング搭載車)
M-42(電動パーキング非搭載車)

ライズのバッテリー適合は、電動パーキングブレーキの搭載有無で変わっています。

電動パーキングブレーキ搭載車はN‐55、非搭載車はM-42です。

created by Rinker
エーシーデルコ(ACDelco)
¥17,303 (2024/05/19 16:37:20時点 Amazon調べ-詳細)

今回のライズは、電動パーキングブレーキが装備されているのでN-55です。

【ライズ A210A】のおすすめバッテリーは?

筆者が調べた範囲なのですが、N-55のバッテリーよりもランク性能を少し上げても、そんなに高価になっていない点です。ランク性能を上げて搭載することをおすすめします。

あわせて読みたい
車のバッテリー寿命は突然に!前兆や交換の目安時期を解説 皆さんは、バッテリー上がりしたことがあるでしょうか?バッテリー上がりすると、かなり焦ってしまいます。バッテリー寿命は、突然来ることが多いのも現実です。本記事...
あわせて読みたい
車のバッテリー上がりの「原因」と「やってはいけない」こと バッテリー上がりの「原因」には、どのようなことがあるのでしょうか?単純にバッテリーが原因である場合もありますが、そうでないケースもあり得ます。バッテリーが上...

【ライズ A210A】「バッテリー」交換方法・注意点 ~交換方法~

ライズのバッテリー

ここでは、ライズのバッテリー交換方法について解説します。

【ライズ A210A】のバッテリー搭載場所は?

ライズのバッテリー搭載場所は、エンジンルーム内の助手席側奥に横向きで設置されています。

【ライズ A210A】のバッテリー交換ではメモリーバックアップが必要

ライズのOBD端子

ライズは、バッテリー交換する前と後では、基本的にバッテリーを外す前の状態に自動復帰するとされています。

しかしながら、

  • パワーウィンドウの初期化による再設定:運転席のパワーウィンドウを全開にし、ウィンドウを引き揚げ続け、2秒以上保持
  • 機能停止コード14E発生による、ステアリングセンサ初期設定が必要:メーター車速40㎞/h以上を5秒以上継続する
  • ステアリングセンサ舵角中立点記憶異常の発生:OBDⅡテスターを使用して、舵角センサ学習値初期化を行う

などのケースがあります。そのため、ライズのバッテリー交換では、メモリーバックアップを取得した方が安全でしょう。ライズのOBDⅡは、運転席側のセンターコンソールとの境目にあります。

【ライズ A210A】のバッテリー交換方法

ライズのバッテリーステー取り外し

まずはバッテリー固定ステーを止めている10㎜のナットを外します。

マイナスターミナル取り外し

マイナスターミナルを10㎜メガネレンチで緩めて外します。

プラスターミナル取り外し

プラスターミナルを10㎜メガネレンチで外します。

新しいバッテリーを装着して、外した時と逆の手順で取付したら、作業終了です。

【ライズ A210A】「バッテリー」交換方法・注意点 ~注意点~

注意点

ライズのバッテリー交換の際に、必要だと思われる注意点や、交換に必要な工具について解説します。

【ライズ A210A】のバッテリーは少し奥に設置されている

ライズのバッテリーは、助手席側の少し奥の方に設置されています。割と軽めのバッテリーですが、5㎏以上あります。落とさないように注意しましょう。

【ライズ A210A】のバッテリー交換で必要な工具は?

ライズのバッテリー交換で必要な工具は、

  • メモリーバックアップツール
  • 10㎜の短めのメガネレンチかディープソケット+ラチェット

ライズの場合は、バッテリー交換前とバッテリー交換後で、基本的に交換前のデータが継承されるとされています。

しかしながら、エラーが出てしまうと再設定の必要が出てきます。さらに、ステアリングセンサ舵角中立点記憶異常の場合は、専用テスターが必要になります。メモリーバックアップで回避できるので、しっかり用意しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次