【ワゴンR MH23S】「バッテリー」交換方法・注意点

ワゴンR MH23S(以下ワゴンR)は、スズキのトールワゴンとして製造・販売されています。同モデルは、4世代目です。ワゴンRのバッテリーは、どのように交換したら良いのでしょうか?本記事では、ワゴンRのバッテリー交換方法や注意点などについて解説します。

目次

【ワゴンR MH23S】「バッテリー」交換方法・注意点 ~おすすめバッテリー~

ワゴンRのバッテリー

ワゴンRのバッテリーは、どのような規格が指定されているのでしょうか?またおすすめバッテリーには、どのようなものがあるのでしょうか?上記写真は容量アップとして、40B19Lを使用しています

【ワゴンR MH23S】のバッテリー適合は?

車種名・型式・駆動標準寒冷地
ワゴンR・MH23S・4WD38B19L
上記アイドリングストップ車M42・SM-44M42・SM-44

ワゴンR MH23Sのバッテリー適合は、装備や仕様、年式などによって採用バッテリーが違います。まずは、愛車の適合バッテリーをしっかり把握しましょう

アイドリングストップが搭載されているモデルは、世代によってM42、またはSM-44が採用されています。

今回のワゴンRは、38B19Lが標準搭載のモデルです。いわゆるアイドリングストップ未装着車となっています。

【ワゴンR MH23S】のおすすめバッテリーは?

created by Rinker
エナジーウィズ(Energywith)
¥4,145 (2024/05/19 20:15:49時点 Amazon調べ-詳細)

38B19Lというバッテリーは、実は一般的なバッテリーメーカーでは販売が少ないと感じます。そのため、性能ランクがワンランク上の40B19Lがおすすめです

あわせて読みたい
車のバッテリー寿命は突然に!前兆や交換の目安時期を解説 皆さんは、バッテリー上がりしたことがあるでしょうか?バッテリー上がりすると、かなり焦ってしまいます。バッテリー寿命は、突然来ることが多いのも現実です。本記事...
あわせて読みたい
車のバッテリー上がりの「原因」と「やってはいけない」こと バッテリー上がりの「原因」には、どのようなことがあるのでしょうか?単純にバッテリーが原因である場合もありますが、そうでないケースもあり得ます。バッテリーが上...

【ワゴンR MH23S】「バッテリー」交換方法・注意点 ~交換方法~

ワゴンRのバッテリー搭載場所

ワゴンRは、どのようにバッテリー交換すれば良いのでしょうか。

【ワゴンR MH23S】のバッテリー搭載場所は?

バッテリーの向き

ワゴンRのバッテリー搭載位置は、エンジンルームの助手席側に横向きでインストールされています。

【ワゴンR MH23S】のバッテリーではメモリーバックアップが必要

ワゴンRのOBD端子

同モデルは、あまり多くのリセット電装品などは採用されていません。しかしながら、ナビ、エンジンスターターなどが装備されているのを考慮すると、メモリーバックアップを取得する方が安心でしょう。

同モデルには、エンジン稼働に関する学習機能がECUに装備されています。メモリーバックアップを取得しないと、再学習が完了するまで調子が悪くなるケースがあります。

ワゴンRのOBDⅡは、運転席側のセンターコンソールとの境目に設置されています。

【ワゴンR MH23S】のバッテリー交換方法

8mmでステー取り外し

バッテリー固定するステーを外します。スズキの軽自動車モデルは、8㎜のナットで止まっているモデルが多いでしょう。

マイナスターミナル取り外し

マイナスターミナルを10㎜メガネレンチで緩めて外します。

ラチェットでも作業できる

ラチェットでも作業可能です。

同じく、10㎜メガネレンチでプラスターミナルを外して、新しいバッテリーに交換したら、外した時と逆の手順で装着したら交換完了です。

【ワゴンR MH23S】「バッテリー」交換方法・注意点 ~注意点~

作業の注意点

ワゴンRのバッテリー交換する際には、どのような点に注意したら良いでしょうか?

【ワゴンR MH23S】はバッテリー固定ステーナットが8㎜である

先述しましたが、ワゴンRなどスズキの軽モデルは、バッテリー固定ステーが8㎜のナットで止まっているケースが多いです。

少なくとも8㎜の短めスパナがないと作業が進みません。出来れば、8mmボックスドライバーor板ラチェットorディープソケット+ラチェットがあると作業しやすいです。しっかり購入しましょう。

【ワゴンR MH23S】のバッテリー交換で必要な工具は?

ワゴンRのバッテリー交換で必要な工具は?

  • メモリーバックアップツール
  • 8㎜のボックスドライバーorメガネorディープソケット+ラチェット
  • 10㎜のメガネレンチ

8 x 10mmのショートめがねがあれば、ターミナルなど10mmボルト以外にも8mmが必要な場所に対応できて便利です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次