【エブリイ DA64W】セルモーター交換方法!エンジン始動不良修理

エブリイのユーザーから「エンジンがかからない」と連絡が入りました。レッカーで運ばれてきました。セルモーターが故障すると、エンジン始動不良につながります。本記事では、セルモーター交換方法を解説しながら、故障原因やポイントなども説明します。

スポンサーリンク

【エブリイ DA64W】セルモーター交換方法! ~原因~

エブリイのセルモーター交換

ここでは、エンジン始動不良となった原因を探っていきます。

走行距離が27万キロという状況から判断

上記動画のようにキーをひねっても、全くエンジンが始動する雰囲気がありません。エンジン始動不良の原因は色々ありますが、走行距離が27万キロという点も故障箇所特定に役立ちます。

レッカーした時の作業員の調査から診断

今回は、エンジンがかからないということでレッカーで運ばれてきました。そのため、レッカー作業員から状況を伺えました。

バッテリー電圧は、問題なく12.0Vあり、セルが回らない電圧ではないとのことでした。また、エンジンキーをひねってもセルスイッチが入力される「カチ」という音がしていなかったようです

走行距離やレッカー状況などから判断して、セルモーター故障であると推察しました。筆者の調査としては、キーを回した時にアーマチェアとセルモーターの間で電流が流れませんでした。

もちろん走行距離が、27万キロということもあり、もしかしたら他に原因があるかもしれません。この点は、ユーザーに説明させていただきました。

関連記事

走行中にアクセルを戻すと、エンストしてしまうトラブルのある車が発生しました。車は、エブリイワゴンです。ドライバーは、突然のエンストでかなり焦ってしまったようです。本記事では、同モデルのアイドル不調を診断しながら、不調症状を探り整備してみま[…]

【エブリイ DA64W】セルモーター交換方法! ~交換手順~

故障したセルモーター

ここでは、エブリイDA64Wのセルモーター交換手順を解説します。

故障したセルモーターを取り外す

セルモーターのコネクタ取り外し

古いセルモーターを取り外します。じつは、このセルモーター交換作業で、筆者はエブリイのセルモーター交換の簡単さを感じました。

バッテリーのマイナス端子を最初に外します。その後、セルモーターに結合しているコネクターを二か所外します。

最後に12㎜のボルトを2本外せば、セルモーターは取り出せます。その時間は15分ほどでした。他メーカーの軽バンよりもあるかに外しやすい位置に設置されていますし、DIYでも簡単な作業といえるでしょう。

リビルトセルモーターを取り付けする

届いたリビルドセルモーター

新しい(リビルト)パーツを取り付けていきます。

リビルドセルモーターを取り付ける

外した時と逆の手順でセルモーターを取り付けていきます。その後コネクターを接続し、バッテリーマイナス端子を元に戻します。取り付け作業時間も15分ほどでした。

使用したのはリビルド品

今回は、新品ではなくリビルド部品を採用いたしました。大体15000円くらいで部品商から入手できました。

DIYで交換する場合は、上記のようなネット購入でも可能です。

取り付け後試験始動してみる!

セルモーターの取り付けが完了したら、試験稼働してみます。無事にエンジン始動しました。

関連記事

「風は出るけど、ヒーターが冷たいんです!?」という相談が入りました。暖まらない車は、スズキエブリィです。冬になると、なぜかヒーターが暖まらないという車が増えていきます。本記事では、エブリィのヒーターが冷たい原因やサーモスタットなどの交換に[…]

関連記事

走行しているときに、「ゴトン」・「ガコン」・「ガタガタ」などと異音がしている車があるとします。その異音には、重大な事故などにつながる故障が介在しているかもしれません。本記事では、DIYでロアアーム交換をしながら、ロアアームの役目や重要性な[…]

【エブリイ DA64W】セルモーター交換方法! ~ポイント~

セルモーター交換のポイント

ここでは、エブリイDA64Wのセルモーター交換でのポイントを解説します。

エブリイDA64Wのセルモーター交換は比較的簡単

筆者は、今回初めてエブリイのセルモーター交換をしました。セルモーターは助手席側にあるのですが、外すのに邪魔な物もなく、凄く簡単に交換できました。

バッテリーのマイナス端子は必ず外しましょう

バッテリーのマイナス端子切り離し

セルモーター交換する際は、必ずバッテリーのマイナス端子を外してから作業しましょう

セルモーターへの電源は、バッテリーからの電力がほぼそのまま送られる形になります。ショートすると、色々な所に影響が出ます。

接続端子のカプラー状態などもチェックする

セルモーターが回らない原因には、セルモーター自体の故障が一番多いのですが、まれにセルモーターカプラー周辺でトラブルが起きているケースもあります。こういった部分もチェックするとよいでしょう。

ジャッキアップしてしっかりウマをかけましょう

ウマをかける

DIYでフロア下に入るときは、ジャッキアップだけでなくしっかりウマをかけて作業しましょう。修理していてケガするというのは、一番残念なことです。