フォグランプをコーキングして浸水防止する方法

皆さんの中には、ヘッドライトやフォグランプに「水が入っている!?」とガッカリしたことはありませんか?車を洗車しても水が侵入しているのを発見して、「新品買いなおし?」というイメージになります。本記事では、コーキングで浸水を防ぐ方法を紹介します。

スポンサーリンク

フォグランプが浸水するわけ ~原因~

フォグランプが浸水する原因

そもそもフォグランプが浸水するというのは、どうして起こってしまうのでしょうか

フォグランプ自体の防水劣化による浸水

フォグランプレンズと本体は、ゴムパッキンやブチルゴムなどで圧入されていたり、レーザー接合されたりしています。こういった部分が、経年劣化で浸水口になっていることがあります

フォグ裏側の水抜きゴム欠落による浸水

フォグ裏側の水抜きゴム

ライト本体裏側には、通気穴がついています。これは、万が一浸水したとしても水が蒸発しやすくするためです。この通気口には、上記画像のような防水目的のゴム配管が付いているのですが、外れてしまうことがあります。

バルブ挿入口の防水劣化などによる浸水

バルブ挿入口の防水劣化

上記画像は、ヘッドライト本体なのですが、例えば社外HIDやLEDにカスタムし、裏側の防水ゴムを加工したら、防水不備が発生し浸水と言うケースが多いようです。

上記以外に、事故などで知らないうちにフォグライトが割れていたことで浸水するという現象があり得ます。「本体の割れ」という場合は、交換する事が望ましいでしょう。

関連記事

皆さんは、ヘッドライトやフォグランプをLEDバルブにしていますか?使用している方の中には、ハロゲンよりも明るいと感じている人も多いでしょう。本記事では、雨や雪の際に活躍した中国製イエローLEDバルブから、ホワイトもチョイスできる国産カラー[…]

イエロー点灯
関連記事

ハロゲンランプは、運転する側にとっては見やすい色です。しかし今では、見やすさよりも暗いという印象もありますね。またファッション性を大切にした場合は、発光色がどことなくレトロです。今回は、フォグをDIYでLEDに交換し、イメチェンしてみます[…]

LED化したフォグバルブ

フォグランプをコーキングして防水 ~手順~

フォグランプをコーキング

ここでは、フォグランプをコーキングして浸水から防ぐ方法を紹介します。

浸水したフォグランプを乾かす

バルブを外す

最初に行わなければならないのは、浸水したフォグを乾燥させる工程です。バルブの蓋を外し、ドライヤーの送風で30分ほど乾燥させましょう。

もしバルブの隙間が大きいようでしたら、割りばしなどを使い、布などでレンズ内側を拭いてあげると作業が早いでしょう。

今回のフォグランプは、かなり古いデザインでした。レンズと本体の防水処理が経年劣化していると考えます。そのことから、レンズと本体の隙間にコーキング処理を行う事にしました。

浸水したフォグランプレンズをマスキング

養生する

レンズをマスキングテープでしっかり保護しましょう。コーキングは、かなり粘り気のある素材です。付いてほしくないところに付くと、取るのが厄介です。

この作業は、少し時間がかかっても必ず行うようにしましょう。またコーキングを施工するところをしっかり清掃しておきましょう。泥汚れなどが、案外多く付着している可能性が高いです。

浸水したフォグランプレンズにコーキング施工

コーキング施工

浸水したフォグランプのレンズと本体の隙間部分にコーキングを施していきます。コーキングを施すときは、隙間に入るように施工しながら、指で押し広げるように施工すると良いでしょう。

一日以上自然乾燥させてコーキング施工完了

コーキングが終わったら慌てて組み付けないで、1日以上乾燥させましょう。表面硬化は、1時間くらいと記載されている商品が一般的です。しかしながら筆者の経験では、ほぼ1日以上は硬化時間がかかると思います。

関連記事

筆者は、初度登録から22年ほど経過した車を購入しました。古い車と言わざるを得ません。もちろんヘッドライトやポジションは、ハロゲンのままです。ここでは、純正ハロゲンからLEDヘッドライト・LEDポジションに交換する際の作業手順や注意点を解説[…]

LED化したヘッドライト

フォグランプをコーキングして防水 ~注意点~

変成シリコンが良い

フォグランプをコーキングする際には、どのようなことに注意すると良いのでしょうか?

コーキング剤は、変成シリコンが良い!

シリコンコーキング材は、凄く多種のものが用意されています。その中でも変成シリコンタイプの物を使用することで、耐久年数が格段に上がると考えます。

created by Rinker
コニシ(KONISHI)
¥783 (2022/11/29 11:24:04時点 Amazon調べ-詳細)

筆者の知り合いに、実際にシリコンコーキングで実験した方がいました。変成シリコンであれば、数年何の問題もなく浸水を防いでくれた様です。

一方良くホームセンターなどで販売している300円前後のシリコンコーキングだと、紫外線などの影響で劣化が早く、1年くらいで浸水してしまったケースもあるようです。

サビたネジなどは、新品にするか塗装すると良い!

塗ったネジ

ヘッドライト周りに使用されているネジは、案外サビが発生しています。サビたまま使用するのではなく、新品に入れ替えることや、塗装しておくことで凄く綺麗に見えます

せっかく時間かけて作業するのであれば、こういった細かい部分にも気を配ると良いでしょう。