イエロー点灯

【フォグランプ】中華イエローLEDを国産カラーチェンジバルブに交換

皆さんは、ヘッドライトやフォグランプをLEDバルブにしていますか?使用している方の中には、ハロゲンよりも明るいと感じている人も多いでしょう。本記事では、雨や雪の際に活躍した中国製イエローLEDバルブから、ホワイトもチョイスできる国産カラーチェンジLEDバルブの交換、比較検証した話をします。

【フォグランプ】中華イエローLEDバルブの実力は?

ノーマルLED

ここでは、もともと付けていた中華LEDバルブは、良いのか悪いのかをユーザーリポートを交えて解説します。

中華イエローLEDバルブは、結構明るい!

フォグ

豪雪地帯に住んでいるため、雪が一日に30㎝積もることもあります。ユーザーに中華イエローLEDバルブの使用感を実際に聞いてみました。

「2年前位にネット購入で7,000円ほどしたけど、ヘッドライトがいらないくらい明るく、雪の時には凄く役に立っていた」とのことでした。最近の中華イエローLEDバルブは、品質も安定してきて壊れづらくもなっているようです。

中華イエローLEDバルブ(単色)にしていた理由は?

ユーザーは、この中華イエローLEDバルブを使用する前は、カラーチェンジタイプのものを購入しました。取り付けは、筆者がしました。取り付けた時から左右のカラーチェンジが、何故か「右がイエローで、左がホワイト」といったように色が合わない現象が出ていました。

因みに製品取り付け時の注意点はしっかり守って、何度もカラーチェンジの作業もしました。ユーザーからすれば、ホワイトやイエローを使い分けしたいと思いますよね。それが最初から敵わずイエローオンリーで使用していました。

走行中に間違って操作し、左右チグハグな状況になるのを恐れて、中華イエローLEDバルブを再度購入しなおしました。

関連記事

「XTRONS TD6231」オーディオを取り付けする車両のプチ情報 今回中華製「XTRONS TD6231」を取り付けする車両は、平成19年6月登録のスズキ エスクードです。走行距離は、約45000㎞と年式の割には低走行の[…]

xtrons 起動画面
関連記事

剥がしてはいけないステッカーもある ステッカーの中には、剥がしてよいものと剥がしていけないものがあります。このことを知らないと、せっかく綺麗に剥したのに法律違反をしていることに気づかず走行してしまうことになります。 車[…]

【フォグランプ】中華イエローLEDを国産カラーチェンジバルブに交換 ~違い~

カラーチェンジバルブ交換後

ここでは、中華イエローLEDバルブと国産カラーチェンジLEDバルブでは、商品的にどういったところが違うのかを解説します。

※因みに国産カラーチェンジLEDバルブは、兵庫県で設計・製造を自社で行っている会社のようです。ディーラーさんへの採用も行われている商品となっています。

ちなみにカラーチェンジバルブは外国製でもそれなりの価格です。

国産カラーチェンジLEDバルブの重量が違う

バルブ比較

それぞれのバルブを持った瞬間に、バルブ重量が明らかに違います。ビックリするほど重量感が国産カラーチェンジLEDバルブにはありました。

材質は、両方ともアルミニウムを主としています。製品精度や加工技術は、国内製造されている国産カラーチェンジLEDバルブの方がかなり安心感がありました。

国産カラーチェンジLEDバルブは、安定器などの付帯パーツの作りが違う

バルブ付属品

ヘッドライトやフォグに使用するLEDバルブには、バルブ以外にもHIDでいうバラストのようなパーツ(安定器)などが配線とLEDバルブの間に装備されています。このパーツの作りが、国産カラーチェンジLEDバルブの方がしっかりしていました。

国産カラーチェンジLEDバルブは、LED素子部分も違う

細かい事は筆者も詳しくないのですが、LEDが光る素子部分や素子自体にも、かなり製品精度に違いがあるように見えました。さすが20,000円以上する品物です。作りは確かであるといえます。

関連記事

整備士にとって爪・手の黒い油汚れはつきものです。そこで本記事では、整備士の爪や手についた黒い油汚れを落とすための落とし方・グッズを紹介します。爪や手の黒い油汚れにお悩みの方はぜひ、本記事で紹介する汚れの落とし方や汚れを落とすためのグッズを[…]

【フォグランプ】中華イエローLEDを国産カラーチェンジバルブに交換 ~交換作業~

バルブ交換

ここでは、国産カラーチェンジLEDバルブに交換する車を紹介し、中華イエローLEDバルブと比較検証してみます。

取り換える車のプチ紹介

バルブ交換後

平成24年式のスズキ ソリオです。走行距離は、約8万キロでした。1200㏄モデルにしては広く、後席はスライドドアが採用されています。

交換作業は、非常に簡単な車でしたので短く解説!

この車のフォグランプ交換は、3回目で非常に簡単でした。同車の場合は、簡単に交換できるので作業手順と注意点をかんたんに解説します。

  1. インナーカバーは、バンパー左右の下側に2箇所のクリップで止まっています。合計4箇所のクリップを外します。
  2. インナーカバーも非常に柔らかいタイプです。これをめくります。
  3. バルブが見えるので、配線制御コネクターを外してからLEDバルブを反時計回りで外します。
  4. 新しいLEDバルブを取り付けし、配線を取り付けして終了です。
  5. インナーカバー止めのクリップが下向きについているので、壊れる可能性があります。予め在庫購入しておくと良いでしょう。

非常に簡単な作業です。

交換後、中華イエローLEDバルブと色々比較してみる

イエローLED

イエローバージョンが先に点灯しました。きちんと点灯しています。

ホワイトLED

ホワイトバージョンに切り替えるときは、フォグスイッチのオフ・オンを三秒以内に切り替えることで、チェンジできます。

しっかりホワイトバージョンも点灯します。勿論イエローとホワイトがミックスになってしまうことも在りません。動画にあるように結構早く切り替えましたが、きちんと動作していますね。

検証

点灯前

夜になりましたので、国産カラーチェンジLEDバルブの明るさなどを検証してみます。上記画像は、何もつけていない状態です。向かい側は、ライトなどもあるので真っ暗ではないといえます。

イエロー点灯

イエローフォグにしてみます。きれいに照射されています。しかも地面の輪郭がしっかりして見えます。

ホワイト点灯

ホワイトにしてみます。ユーザーの方もビックリしていたのですが、ヘッドライトよりも明るい気がするそうです。

今回使用した国産製カラーチェンジLEDバルブは、イエローとホワイトの2色チェンジです。この2カラーをチョイスしたのには理由があります。フォグランプには、車検に通る基準があります

  • フォグランプの色は、白又は黄色(淡黄色)以外は装着してはならず、車検に通りません。
  • 明るさに関しては、2005年以前登録までは、1万カンデラ以下となっていて、それ以降は上限はありませんが、「他の交通の妨げにならないこと」と注釈があります。

今回は、中華イエローLEDバルブから国産カラーチェンジLEDバルブに交換し、どの位の安心感や点灯効果があるのかも検証してみました。中華イエローLEDバルブも明るい商品は、多数出ていると思います。それでも国産LEDは、製品精度の高さや動作なども良く、安心感があるでしょう