xtrons 起動画面

中華オーディオ「XTRONS TD6231」の取り付け方法、レビュー

「XTRONS TD6231」オーディオを取り付けする車両のプチ情報

エスクード オーディオ

今回中華製「XTRONS TD6231」を取り付けする車両は、平成19年6月登録のスズキ エスクードです。走行距離は、約45000㎞と年式の割には低走行の車両となっています。

オーディオを取り付けする前準備

エスクード オーディオブラケット

最初の画像でもお解りかもしれませんが、このエスクードの純正オーディオは、専用パネルになっています。

このままでは、国産・中華製問わず、2DINタイプのオーディオやナビはインストールできません

そのため取り付けしたいオーディオの購入だけでなく、2DINが取り付けられるパネルキットを購入しておく必要があります。スズキ部品共販などで購入が可能です。

また社外オーディオに交換する事になるので、別途車種別オーディオハーネスの購入も必要になります。

オーディオを取り付ける為にインパネを外す

エスクード インパネ

オーディオやナビをインストールする際に、一番注意していただきたい事があります。それは、インパネの外し方や順序です。

このエスクードの場合は、黄色で囲ったシルバーのインパネを取り外すと、10㎜のボルト8本でオーディオ&エアコンパネルが止まっています。

こういった情報は、スズキ部品共販やスズキディーラーで親切に教えてくれます。また大手カー量販店などでも取り外し情報を持っているので教えてくれます。

取り付けする前に傷を付けたり破損させて「ガッカリ」しないように、しっかり確認することが一番大事です。

そしてきちんとインパネなどが取り外し出来れば、オーディオ取り付け自体は、説明書に沿って行えば比較的簡単にできるでしょう。

関連記事

中華ディスプレイオーディオ「ATOTO F7」の実際の取り付け方法、使用感のレビューを紹介します。激安中華ディスプレイオーディオ「ATOTO F7」に興味のある方はぜひ本記事を参考にしてください。 「ATOTO F7」とは […]

atoto f7
関連記事

車のルームランプLED化やスピーカーの配線に必要なのが、端子の極性確認です。LEDなど電流の向きを気にする必要があるパーツを取り付ける際には、プラス・マイナスを意識した取り付けが必要となります。そこで、本記事では車の端子極性を確認する方法[…]

中華製である「XTRONS TD6231」オーディオを取り付ける際の注意点!

xtrons 内容物

上記の画像は、商品を購入したときに付属されていた説明書類です。中華製「XTRONS TD6231」オーディオは、英字で解説されています。

多少の英語読解力は必要ですが、図などと照らし合わせれば、理解しやすいでしょう。

配線の加工が必要になる、又は加工しなおす必要がある

今回購入した「XTRONS TD6231」オーディオは、上の画像のように見慣れないISO規格のコネクターが採用されています。このタイプのコネクターは、日本車ではほぼ使用されていません。

ということは、このコネクターを一度切断しギボシ加工する必要があります。先程ご紹介した車種別オーディオハーネスに接続出来るようにギボシ加工していきます。

中華製オーディオの中には、ISOコネクターでなく、親切にギボシ加工されている製品も多くあります。

しかしながらギボシ自体の形状や圧着不足などで、配線不良を起こしてしまう可能性は否めません。自分できちんとギボシ加工し直す事で安心感がプラスされます。

オーディオブラケットと「XTRONS TD6231」の取り付け状態をチェック

xtrons 起動画面

中華製だけでなく海外製のオーディオは、国産と違いオーディオとオーディオパネルブラケットの位置が合わないモデルがあります。

位置が合わない場合は、ブラケット側に穴あけ加工を施す必要性が出てきます。

今回購入した「XTRONS TD6231」オーディオは、問題なく取り付けできました。

走行中にも動画が再生するように「大事な配線」をアースする

簡単な作業で走行中に動画が見られる(助手席や後席の方)というのが、中華製オーディオの魅力の一つでもあります。

中華製オーディオを走行中動画が見られるようにするには、ブレーキ配線(一般的には茶色が多い)をアース接続する必要があります。

「XTRONS TD6231」オーディオは、茶色配線だけでなく、ブレーキ線というタグも貼ってありましたので識別は簡単です。

関連記事

カーナビの悩みで多いのが、SDカードに入れた動画を再生できないという悩みです。そこで本記事ではこの悩みに答えるべく、カーナビでSDカードに入れた動画を再生できないときに考えられる原因と対処法について紹介します。 【カーナビ】SDカー[…]

「XTRONS TD6231」オーディオを取り付けレビュー「良い点」

xtrons 動画再生画面

「XTRONS TD6231」オーディオを取り付けして良かったなと思う点を紹介していきます。

日本語表示に対応している

xtrons ラジオ

設定画面自体に日本語表示ができることで、ほぼ全ての設定表示が日本語になり、各種の設定が簡単です。

またラジオ選局も日本の各地域の周波数に対応しているので、ラジオが好きな方にも最適です。中華製の中には、日本局の選局ができない商品もまだ存在します。注意しましょう。

昼間に画像を撮影すると反射が強いので、敢えて夜撮影していることをお許しください。

比較的簡単に直感的な操作で各種の設定ができる

xtrons メニュー

上記の画像のように、イラストと文字表示で解りやすい画面になっています。

SD・USBで動画の再生が可能

SD・USBに入れた動画の再生もサクサク再生してくれます。ただし2時間などの長時間動画は、エラーになるので、3分割位が必要になります。

オーディオパネルの照明色を選べる

モデルによって、車内イルミネーションカラーが違うと思います。照明が選べることで周りの雰囲気に合わせることも可能です。

「XTRONS TD6231」オーディオを取り付けレビュー「悪い点」

エスクード ステアリングスイッチ

中華製であるがゆえに不具合も若干ありました。ここでは、チョッと「良くないな~」と思った点を解説します。

ステアリングコントロールスィッチが設定できない車がある

今回取り付けたエスクードには、ステアリングスィッチ(リモコン)が付いています。「XTRONS TD6231」オーディオには、これをリンクさせられる機能が付属していますが、エスクードでは完全にスィッチと機能を一致させられませんでした。

XTRONSさんに技術的な問い合わせもしましたが、「汎用なので場合によっては、リンクさせられないモデルもあります」というのが、最終的な回答でした。

音質は悪くないが、細かい設定にはあまり向かない

「XTRONS TD6231」は、基本的なスピーカーの音量の割合などの設定はできます。この他ライブ、教会!?、ヒップホップといったイコライザー機能は付いているのですが、音質傾向に大きな差がなく余り役に立っていないと思いました。

もともとの音自体は、国産メーカーと比較して極端に悪いという印象はないのですが、音質設定が貧弱と感じました。