【カーナビ】SDカードから動画再生できないときの原因と対処法

カーナビの悩みで多いのが、SDカードに入れた動画を再生できないという悩みです。そこで本記事ではこの悩みに答えるべく、カーナビでSDカードに入れた動画を再生できないときに考えられる原因と対処法について紹介します。

【カーナビ】SDカードから動画再生できない「原因」

近年発売されているほとんどのカーナビでは、SDカード内の音楽や動画を再生することができます。多くの方は、音楽の再生は特に支障なく行うことができますが、SDカードの動画の再生となると躓く方が多いのがカーナビです。

まずはなぜ、SDカードの動画を再生することができないのか、考えることができる原因について見ていきましょう。

動画の変換ミス

SDカードに入れた動画をカーナビで再生できないときに最も多いミスが、動画の変換ミスです。一般的な見方からすると、動画の形式といえばMP4などの形式と解像度、フレームレートくらいですが、カーナビではこれらが細かく仕様で定められています。

また、ほとんどのカーナビはスマホやPCと比較すると動画の再生能力は非常に劣っています。そのため、専用形式に変換する必要があります。

SDカード

SDカードには種類があります。それは容量で見分けることができ、2GBまでのSDカードを「SD」、4~32GBまでのSDカードを「SD HC」、64GB以上のSDカードを「SD XC」と読んでいます。

最近のカーナビは「SD XC」まで対応していますが、一昔前のカーナビになると「SD HC」までしか対応していません

また、SDカードのファイルシステムにも注意が必要です。ファイルシステムとは、SDカードをフォーマット(初期化)するときに決定されるものです。通常は「FAT32」と呼ばれるファイルシステムであればカーナビで利用可能です。

しかし、「FAT32」は1ファイル2GBまでという制限があり、多くの機器ではその制限がない「exFAT」という形式を利用しています。

ですが、「exFAT」に対応しているカーナビは少なくSDカードが読み込みできずに、動画が再生できない原因となってしまいます。

【カーナビ】SDカードから動画再生できないときの「対処法」

カーナビでSDカードに入っている動画を再生できないときの原因について紹介してきました。次は、実際に動画を再生できないときに試すと効果的な対処法について紹介します。

正しい動画ファイル形式を確認

カーナビが再生できる動画の形式は、カーナビの型番によって細かく設定されています。そのため、まずは説明書をよく読み正確な仕様を把握することが重要です。

しかし、実際には正確な仕様が記されていても一般の方からするとどのようにしてその仕様に合わせればよいのかわからないものです。そのような場合は、次項に紹介する「汎用動画形式」に変換してみましょう。

カーナビ用汎用動画形式に変換

カーナビ用汎用動画形式とは、筆者が様々な設定値を試して見つけ出した2015年以降のカーナビであればほとんどの機種で再生できる形式です。一度、この汎用動画形式をためしてみることをおすすめします。

SDカードのファイルシステムを確認

play-sd-video-failure
SDカードのプロパティからファイルシステムをチェック

SDカード自体を読み込まない場合は、PCからSDカードのファイルシステムを確認してみましょう。FAT32以外の場合読み込めない場合が多いです。SDカードのプロパティからチェックしましょう。

SDカードをフォーマット

ファイルシステムを変更するには、フォーマットが必要です。SDカードを右クリックして「フォーマット」をクリックします。なお、データはすべて削除されます。

ファイルシステムでFAT32を選ぶ
FAT32でフォーマット

ファイルシステムで「FAT32」を選択します。

SDカードの交換

ファイルシステムを正しいものにしても、SDカードを読み込まない場合にはSDカード自体の交換も検討してみましょう。

関連記事

最近の車には当たり前のように搭載されている「カーナビ」。車内のエンターテイメントシステムとしてカーナビは欠かすことができないアイテムです。そこで、今回はPanasonicのカーナビ「ストラーダ」で再生可能な動画ファイルの変換方法・作り方を[…]

【カーナビ】SDカードからの動画再生を行うための「変換方法」

ほとんどのカーナビで再生可能な動画を作るための変換方法について紹介します。カーナビでSDカードに保存した動画を再生できない原因のほとんどが、変換形式の設定ミスです。今回は前述した汎用動画形式を紹介します。

「XMedia Recode」を使用

カーナビ用に動画を変換するには「XMedia Recode」と呼ばれる、無料のメディアファイル変換ソフトを利用します。下記記事を参考にして、PCへインストールしてください。

関連記事

動画を軽くしたい時やカーナビで動画を再生したいときに必要な動画変換。動画変換には専用のソフトが必要です。今回は無料で利用可能な、フリーソフト「XMedia Recode」のダウンロード方法・インストール方法を操作手順の動画付きで紹介します[…]

変換時の設定を行う

「XMedia Recode」をインストールしたら、実際に動画を汎用動画形式に変換していきます。汎用動画形式については下記記事で詳細に解説しているので、こちらをご覧ください。

関連記事

カーナビで再生できるMP4動画は機種によってまちまちだと思っていませんか?実は、ここ数年に発売されたほとんどのカーナビで再生できるMP4動画の作り方があります。 非常に多くのカーナビで再生可能なMP4動画をフリーソフト「XMedia[…]

【カーナビ】動画再生用おすすめSDカード

これまでカーナビで動画を再生できないときの原因と対処法について紹介してきました。これらを試す際にはSDカードが必要です。最後に、筆者がカーナビ用におすすめするSDカードについて、選び方と具体的な商品を容量別に解説します。

選び方

カーナビの動画再生用のSDカードの選び方について解説します。カーナビで動画再生に使うためのSDカードには、高価なSDカードは不要です。容量とある程度の速度があれば十分です。そのため、下記で紹介するコスパのいいSDカードを選びましょう。

おすすめSDカード 16GB

トランセンドジャパン
¥835 (2021/07/30 19:48:58時点 Amazon調べ-詳細)

通常サイズの16GBのSDカードをお探しの方におすすめです。

トランセンドジャパン
¥880 (2021/07/30 15:44:50時点 Amazon調べ-詳細)

16GBのマイクロSDカードですが、変換アダプタがあるので通常サイズとしても利用できます。この容量は数本の動画と数十曲程度の音楽を入れる方におすすめです。

おすすめSDカード 32GB

トランセンドジャパン
¥980 (2021/07/30 15:05:18時点 Amazon調べ-詳細)

通常サイズの32GBのSDカードをお探しの方におすすめです。32GBは容量に迷った方におすすめです。動画と音楽をどちらも十分に楽しめる容量であり、SD XC非対応カーナビでの最大容量になります。

日本サムスン
¥880 (2021/07/30 15:44:51時点 Amazon調べ-詳細)

32GBのマイクロSDカードですが、変換アダプタがあるので通常サイズとしても利用できます。

おすすめSDカード 64GB

トランセンドジャパン
¥1,380 (2021/07/30 22:17:31時点 Amazon調べ-詳細)

通常サイズの64GBのSDカードをお探しの方におすすめです。64GBは大量に動画と音楽を持ち運びたい方におすすめの容量です。動画と音楽をどちらも大量に楽しめる容量です。

64GBのマイクロSDカードですが、変換アダプタがあるので通常サイズとしても利用できます。