【ハイゼット】分割式ドライブシャフトブーツでかんたん交換

ドライブシャフトブーツは、エンジン回転をタイヤに伝える為に必要不可欠なパーツです。しかもフロント側は、左右にハンドルを切ることから、ブーツ破れが起きやすい部分です。本記事では、ハイゼットのドライブシャフトブーツを分割式でかんたんに交換する方法を解説します。

スポンサーリンク

【ハイゼット】分割式ドライブシャフトブーツかんたん交換 ~外し編~

ドライブシャフトブーツ(破れあり)

ハイゼットのフロント右側ドライブシャフトブーツが、上記画像を見てもらうと見事に破れています

破れたドライブシャフトブーツを取り除く【手順1】

既存ドライブシャフトブーツのバンド

まずは、破れたドライブシャフトブーツを取り除かなければなりません。ここでは、古いドライブシャフトブーツの取り除き手順を紹介します。

ドライブシャフトブーツは、大小のバンドで固定されています。このバンドを外します。マイナスドライバーで、押さえている部分を起こすことで取り外しができる構造です。

バンドのロックを解除

先の鋭いマイナスドライバーでストッパー部分を起こしてあげます。

ロックを起こした状態

圧着されているバンドが、上記画像のようにフリーになりました。

バンドを切断

ニッパーなどでバンドをカットすると、バンドは取り除けます。

切断したバンド

上記画像は、バンドが取り除かれた状態です。破れたブーツは、再利用することはないので多少荒い作業でも大丈夫です。

破れたドライブシャフトブーツを取り除く【手順2】

残ったドライブシャフトブーツを除去

次に破れたドライブシャフトブーツを取り除きます

切断してドライブシャフトブーツを取り外す

カッターで切り込みを入れると簡単に取り除けます。細い側のドライブシャフトと密着するジョイント部分は、少し固着しているので切り込みが入れづらいです。

上記画像が、破れたドライブシャフトブーツです。中を見てみると、ドライブシャフトブーツ交換で修理完了できるか不安になるくらい汚れています。

ドライブシャフトブーツは、破れた時に直ぐに交換する事が重要です。それは、ドライブシャフトのベアリングなどに、泥や水が入り破損してしまう可能性があるからです。

関連記事

車に乗っているときに、足回り付近から「ガタガタ」・「ガタン」などと異音がするのを聞いたことはありますでしょうか?ここでは、足回りでも比較的不具合の起きやすいロアアーム交換は、DIYで作業できるという話をしてみます。また作業時の注意点なども[…]

ロアアーム 注意点
関連記事

ブレーキフルードは、車を制動するのに重要な役割を担っている油脂パーツです。ではブレーキフルードは、どのくらいの頻度でどのように交換するものでしょうか。本記事では、ブレーキフルードの推奨交換頻度や交換方法、交換注意点などを解説します。 […]

リザーバータンク油面

【ハイゼット】分割式ドライブシャフトブーツかんたん交換 ~清掃編~

汚れたドライブシャフト

破れたブーツが外れたら、ドライブシャフトベアリング側などを清掃する必要があります。

ドライブシャフトをとにかく清掃する

ベアリング内には、古いグリスや泥などが付着しています。これを綺麗に清掃しなければなりません

清掃するには、ブレーキクリーナーとウエスが沢山必要になります。そして歯ブラシなどを使うと結構綺麗にかき出されます。またドライブシャフトを回しながら作業すると良いでしょう。

ドライブシャフトが使用できるかチェックする

ドライブシャフトが使用できるか、回しながらチェックします。今回のハイゼットは、出来ればドライブシャフトをASSY交換した方が良いかなと思いましたが、なんとか使用できそうなので、ブーツ交換だけ行うことになりました。

ドライブシャフトブーツは、約6,000円位です。ドライブシャフトASSYは、20,000円位します。

関連記事

マフラーカッターといえば、愛車のリアビューの雰囲気を変えるのにとてもベンチなパーツの一つですね。しかもマフラー交換より安価です。本記事では、マフラー規制が厳しくなった昨今、マフラーカッターでリアビューで個性を出すには、「マフラーカッターも[…]

新品マフラーカッター

【ハイゼット】分割式ドライブシャフトブーツかんたん交換 ~組付け編~

分割式ドライブシャフトブーツ

分割式ドライブシャフトブーツを組み付けていく作業に進みます。

分割式ドライブシャフトの説明書をしっかり読む

分割式ドライブシャフトブーツ取り扱い説明書

分割式ドライブシャフトブーツは、色々な方式のものが用意されています。必ず取扱説明書を読みましょう。

分割式ドライブシャフトブーツを装着する

分割式ドライブシャフトブーツ装着

ドライブシャフトブーツの凹側に専用溶剤をしっかり塗布して、ドライブシャフトブーツをドライブシャフトに組み付けます。

その後上記動画のように暖めて、溶剤と分割式ドライブシャフトブーツを接合させます。説明書には、8分以上となっていますので、慌てないので15分くらい暖めました。

分割式ドライブシャフトブーツをはめ込んでいく

ドライブシャフトブーツはめ込み

このドライブシャフトブーツには、別途大小のジョイントが用意されています。小ジョイントから組み付けます。このときドライブシャフトにピッタリ収まる場所があります。確認しながら作業しましょう。

ドライブシャフトブーツグリス注入

次にグリスを注入していきます。グリスは、全量使用しましょう。回しながら注入すると楽に入ります。大ジョイントをはめていきます。こちらも回しながらやるとはめ込みしやすいです。

分割式ドライブシャフトブーツをバンドで固定

ドライブシャフトブーツのバンドの構造

ドライブシャフトブーツをバンドで固定します。バンドを固定するときは、タイヤの回転方向に注意しましょう。

ドライブシャフトブーツのバンド取付作業中

バンドを固定する際は、手で押さえながら行うのが厳しい時があります。一本のマイナスドライバーなどで押さえながら、もう一本のマイナスドライバーでストッパーをかけると楽に作業できるでしょう。

ドライブシャフトブーツ交換完了

最後にプラスチックハンマーなどを使用し、ストッパー部分をしっかり折り曲げてあげましょう。ドライブシャフトを回しながら、ハンドルを左右に切って不具合などがないか確認しましょう。分割式ドライブシャフトブーツでブーツ交換する場合は、45分から60分くらいでかんたんに作業できます。

ドライブシャフトを外すタイプのブーツであれば、早くても2時間くらいかかるので、分割式でかんたんな作業になると言えるでしょう。