トラック用バッテリ

【トラック】24Vバッテリー交換方法と便利ツール紹介

バッテリーが弱っていると、車の調子も悪くなってしまいますよね。昨今ではトラックにもテレビやナビなど便利装備が搭載されています。ここでは、24Vトラックのバッテリー交換実例をもとに解説しながら、便利ツールも紹介していきます。

24Vトラックバッテリーと12Vバッテリー(一般乗用)の違いは?

トラック用バッテリ

トラックのバッテリーと一般的な乗用車のバッテリーは、何が違うのでしょうか?ここでは、12V・24Vの違いを解説します。

直列と並列によるバッテリー接続の違い

バッテリ並列接続

下手で恐縮なのですが、図を書いてみました。皆さんも小学校で直列・並列接続というのを勉強したと思います。車のバッテリーも基本的に同じ原理です。

バッテリー接続での注意点

バッテリーは、接続方法によって12Vと24Vが分かれています。12Vの車に24V接続してしまうと、いきなりヒューズ切れ→火災という結果になり得ます。接続は間違わないようにしましょう。

乗用車は、並列12Vの車(ディーゼル寒冷地仕様など)が多いと考えます。取扱注意点は、基本的にトラックも乗用車も一緒です。

関連記事

エアコンをつけたら、「ヌルイ風が出てくる」事に遭遇した方もいるのではないでしょうか?ディーラーやスタンドなどで、エアコンガスの補充をお願いしたら、数千円~1万円近くの見積もりになった方も少なくないようです。ここでは、DIYでも注意すればエ[…]

関連記事

車のカスタムなどで、内装を剥がしたりすることがあると思います。また剥がすときに手で無理やり剥がしたことで、パーツが壊れてしまう事を経験された方も居るのではないでしょうか。ここでは、内装などを剥がす際に便利な様々な工具と選び方を紹介します。[…]

キャディー棚の中

トラックのバッテリー交換実例と便利ツール

24Vばって4バッテリ

ここでは、バッテリー交換を解説しながら、便利ツール紹介も行っていきます。

24Vトラックバッテリー端子の外し方

並列回路

バッテリー脱着の基本は、24Vトラックも乗用車も同じになります。トラックの場合は、直列で2つのバッテリーを使用していることが多いのがポイントです。

基本的にバッテリーのマイナス端子を外し、プラス端子を外し、バッテリー間のマイナス端子を外します

元に戻すときは、逆の手順です。脱着の際は、ショートさせないように工具の使い方や取り回しには注意しましょう

バッテリー交換は、凄く重たい作業

重たいバッテリー

バッテリーの重量は、どの位あると思いますか。交換したことのある方なら解るかもしれません。

軽自動車用のバッテリーでも5㎏ほどはあります。トラックになると20㎏から30㎏ほどのものもあります。とにかく重たいと感じます。

バッテリー交換での便利ツール①

バッテリーリフター

今回は、新品の箱を再利用したいという考えもありました。箱を破壊しないで取り出そうとしたのですが、ピッタリはまっているのと重たいことで、凄く取り出しづらい状況でした。

上記画像のような、「楽にバッテリーが持ち上がるバッテリーキャリア」という便利ツールを使うことで、簡単に箱から取り出せました。

かんたんに取り出せたバッテリー

バッテリーを簡単に持ち上げるツールには、「バッテリーキャリア」・「バッテリーリフター」などのツール名がついています。

バッテリー交換での便利ツール②

ターミナル

新品のターミナルは、ツルッとしています

上記画像のような、「簡単にバッテリー端子を磨けるバッテリーブラシ」を使うことで、接点とターミナルを時間かけずに磨け、密着接合が高められます。

ターミナル清掃

またこのツールは、ケーブル側の端子も清掃できます

きれいになったターミナル

交換以外にも、接点に腐食やカビなどが発生したのを除去するのにも使えます。

データバックアップについて

一般的にバッテリーを切り離すと車両が持っているデータ(ウインドウのAUTO位置やラジオの設定など)や、ナビの一部データが消去されたり、ナビのセキュリティが働いて接続後にパスワード入力が必要になったりします。これを予防するためには、作業前に上記のようなバックアップ装置を利用します。

バッテリーターミナルを元に戻して終了

外した時と逆の手順で取り付けをして、バッテリーストッパーなどもしっかり組み付けて作業は終了です。エンジンをかけて、しばらく様子をみて問題なければ交換作業は問題ないといえます。

関連記事

整備士にとって爪・手の黒い油汚れはつきものです。そこで本記事では、整備士の爪や手についた黒い油汚れを落とすための落とし方・グッズを紹介します。爪や手の黒い油汚れにお悩みの方はぜひ、本記事で紹介する汚れの落とし方や汚れを落とすためのグッズを[…]

トラックバッテリー交換での注意点

新品バッテリー

トラックは、乗用と違いバッテリーへの負荷が大きい場合があります。ここでは、トラックと乗用の違いなどから注意してほしい点などを解説します。

周りの鉄部分に接触させない→ショート

トラックのバッテリーは、基本的に荷台下などの外に収納されている場合が大半です。乗用車のようにボンネットの中にはありません。

そしてバッテリー周辺も鉄の素材でできています。よくある危険な作業として、バッテリーターミナル脱着などの際に使用するメガネレンチなどをボディなどに接触させて、ショート(かなりの火花が出ます)させてしまう事です。

怖い場合には、工具の持ちて部分や反対側に絶縁テープを巻いて起きましょう。火花だけでなく24Vは、かなり熱い(痛い)です。気をつけましょう。ただ乗用車バッテリーも同じくショートしますので注意が必要です。

乗用車と違い屋外設置、腐食する

トラックバッテリーは、外に設置されているので、乗用車とは比較にならないほど腐食します。「ターミナル」・「ボディアース」などは、高確率で腐食が発生します。

今回交換したトラックは、バッテリーもマイナスターミナル部分が腐食で割れ、ターミナル交換のため、配線を外そうとしたら、ボディアースのボルトが、サビで外せず折れました

トラックバッテリーの場合は、バッテリー交換だけでなく、周辺パーツも修理が必要なケースがあるでしょう。

さいごに、近年お車は、トラックも乗用もバッテリーへの負担は増加しています。適切なサイクルで交換する事が、日々のドライブも安心でしょう。