【200系ハイエース】ATFクーラー一体ラジエターをDIY交換!

200系ハイエースに乗っている方から、ATの調子が悪いという連絡が入りました。色々調査していくと、どうやら200系ハイエースにはATFクーラーが付いていて、それが悪さをすると言う話が出ました。本記事では、DIYでATFクーラー一体ラジエターを交換していきます。

スポンサーリンク

200系ハイエースには、ラジエターが2箇所!?

ATFクーラー一体

ハイエースには、メインラジエターとサブラジエターがあります。そしてメインラジエターには、ATFクーラーが内蔵されています

ATの調子が悪い・・・時

ATFの交換をしっかりしているのに、ATの調子が悪いというときなどでは、ATFクーラーの内部詰まりや損傷を疑うのが良いでしょう。

またAT故障で交換したときなどでは、一緒にATFクーラーも交換した方が良いとのことです。

降雪地帯や海沿い、高速に乗ることの多い方は!

降雪地帯や海沿い、そしてそういった地区で高速道路に乗る方は、ハイエースのラジエター故障は案外多いようです。またエアコンコンデンサーに虫などの異物が詰まり、コンデンサー破損も起こしていることが多いと感じます。

関連記事

日本には、働く車として大人気のハイエースがあります。凄く耐久性も高いので、海外でも需要が高いモデルです。しかし、このモデルにはリーフスプリングが折れるという弱点があります。本記事では、ハイエースのリーフスプリングのDIY交換をしていきます[…]

関連記事

タフで実用的な200系ハイエースも、場合によってはミッションケース(窯)が割れるという故障が起きるようです。当記事では、実際にATミッションケースの割れを修理しながら、割れる原因や修理の注意点などを解説します。 【200系ハイエース[…]

200系ハイエース

200系ハイエースのATFクーラー一体ラジエターをDIY交換!

フロントパーツの取り外し

まずは、ATFクーラー一体ラジエターにアクセスできるまでフロントパーツを外します。それと同時に、ラジエター液も予め抜いておきます

ATFクーラー一体ラジエターまでアクセスする

フロントグリル取り外し

フロントグリルを取り外していきます。数か所のクリップ&ネジで外せます。

バンパークリップ取り外し

バンパーは、下側にクリップ止めされていて、上部は数か所のネジで止まっているだけです。流石に輸出で人気の仕事車です。だれでも作業できる仕様だと感じます。

ステー取り外し

ラジエターにアクセスするために、バンパーステーなど邪魔なパーツを取り外します。とにかくネジが錆びているので、ボルトを折らないことが重要です。

シュラウド取り外し

ラジエターフロント部のシュラウドを外します。

ラジエーターアッパーサポート取り外し

ラジエターアッパーサポートを取り外します。その後、エアコンコンデンサーの接続ホースを取り除きます。ということは、エアコンガスをあとで真空引きして注入する必要があります

コネクター取り外し

車の下回り側に移ります。クーラーファンコネクターや、繋がっているホースを外していきます。これで、ラジエターを引き出す準備ができました。

ATFクーラーホース

上記画像が、ATFクーラーホースです。

降雪地帯ならではのトラブル発生!!!

ラジエーターロアサポート腐食

ラジエターコアを抜き去ってみると、トラブル発生になりました。ラジエターロアサポートが腐食で今にも落ちそうです。

ラジエーターロアサポート交換

まずは、腐食したロアサポートを取り除きます。ここで注意点があります。このロアサポートは、純正供給部品では3分割になっています。切るところには注意しましょう。

created by Rinker
髙儀(Takagi)
¥5,590 (2022/10/05 21:40:48時点 Amazon調べ-詳細)

今までの修理方法は、接合部をスポット溶接するという方法が一般的であります。

新しいロアサポートを接合

勿論今でも溶接が一般的だと思います。

created by Rinker
スリーエム(3M)
¥3,540 (2022/10/05 21:40:48時点 Amazon調べ-詳細)

DIYで溶接設備を持っていると言う人は少ないといえます。というよりも溶接が必要となると、DIYでは出来ないという話にもなりかねません。

近年では、上記のようなパネル接合ボンドが販売されています。こういったものを使用すると便利でしょう。

新しいATFクーラー一体ラジエターに移植作業

真因ラジエーター

リビルドATFクーラー一体ラジエター(24,000円+税)に、移植できるものを移植していく

created by Rinker
オリジナル
¥24,000 (2022/10/05 21:40:49時点 Amazon調べ-詳細)

付いていたエアコンコンデンサーには、かなりの虫や異物が付いていました。

created by Rinker
original
¥14,871 (2022/10/05 21:40:49時点 Amazon調べ-詳細)

洗浄して使用できる感じではありませんでしたので交換します。

新品クーラーコンデンサー

価格は、15,000円+税程でした。

新しいATFクーラー一体ラジエターを取り付ける

新しいラジエーターを取り付け

それでは、準備ができたので元に戻していきます。まずは、ATFクーラー一体ラジエターを取り付けします。エアコン配管に気を付けながら取り付けします。

新しいクーラーコンデンサーを取り付け

次にエアコンコンデンサーを取り付けし、配管をセットします。

コンデンサー養生

コンデンサーの取り付けが終わったら、破損防止のために段ボールなどで養生しておきます。そしてラジエターに導風するシュラウドを取り付けます。

作業完了

今回修理依頼を受けたハイエースは、ボンネットやラジエターアッパーサポートの錆や腐食が多かったので、この2パーツを板金塗装依頼しました。

板金作業が終了するまでに、ラジエター液とエアコンガスを注入して作業終了となりました。また構内で試験走行してみて調子もよさそうでしたので、全ての作業が終わったら、ユーザーに試乗してもらうことにしました。

関連記事

ハイエースの左側サイドミラー(アンダーミラー)・バックドアミラーは、事故などにならない様に装備されているパーツです。本記事では、左サイドのアンダーミラー脱落を交換修理したり、バックドアミラー破損を交換したりしながら、法規上の話や交換注意点[…]

サイドミラー取り付け状況

ハイエースなどの商用車のATFクーラー一体ラジエター交換では!

ATFクーラー一体ラジエーター交換時の注意点

ハイエースなどの商用車で、且つ輸入車としても人気が高い車の場合は、ATFクーラー一体ラジエター交換でどのような点に利点や注意が必要でしょうか。

商用車で海外輸出車ならではの整備性は〇

ハイエースは、エンジンをキャビン下に配置して、なるべく荷室空間を広くとった商用バンです。そのため車を運行するためのシステムの場所が非常に狭いともいえます。

そんな中、ハイエースのフロント周りは比較的スペースが広く、さらにバンパーや付属パーツの取り外しも凄く楽であると感じました。

一番重要なのは、サビや腐食をどう処理するか!

ハイエースだけでないのかもしれませんが、やはり降雪地帯、塩害地域、温泉地域などの錆びやすい地域では、注意が必要と感じます。

フロント周りのボルトの錆やフレームの腐食は、思った以上に進行しています。そのためボルト折れなどの間接作業が増える可能性があります。注意したいところです。