【整備士】「ペンライト」選び方とおすすめ6選

自動車整備士に欠かすことができない道具の一つが「ペンライト」。下回りの点検やエンジンルーム内の点検から重作業まで様々な場面で活躍します。本記事では、整備士が使うペンライトの選び方と、おすすめのペンライトについて解説します。

【整備士】「ペンライト」選び方とおすすめ6選 ~選び方~

一言で「ペンライト」と言ってもペンライトには非常に多くの種類があります。まずは、整備士がペンライトを選ぶ上で抑えておきたい、選び方のポイントについて解説します。

電源

ペンライトの選び方としてはじめに考えたいのが、ペンライトの電源です。ペンライトの電源には、USBによる充電式と乾電池があります。整備士の場合、点検や整備作業で日常的にペンライトを利用するので、ペンライトを選ぶときには電源について考えてみましょう。

充電式のペンライトの場合、スマホと同様に充電して使うことができるので経済的です。USBで充電できるのでPCやスマホの充電器を利用して充電もできます。しかし、突然の電池切れの際には充電に時間がかかってしまいます。

対して、電池式のペンライトの場合、電池が切れてしまうと電池交換が必要となるため経済的とは言えません。しかし、突然の電池切れの際には電池を入れ替えるだけですぐに利用できる様になります。

つなぎで常備できるか

つなぎにペンライト

整備士にとってのペンライトの選び方として重視したいポイントが、ペンライトがつなぎで常備できるかです。ペンライトの出番は暗い場所の確認はもちろん、ブーツの損傷確認まで非常に多くあります。

そのため、ペンライトは常に身につけておきたいアイテムの一つと言えます。つなぎには、腕先にペンを収納できる部分や胸ポケットがあります。この場所にペンライトを入れることができれば常備もラクラクです。

ただし、腕のペン入れにペンライトを入れる場合、ペンライトの外に出ている場所が車のボディや内装に当たって傷をつけてしまうことがあるので注意が必要です。なるべくペンライトが外に露出しないようにしましょう。

関連記事

自動車の整備・点検を確実に行うためには欠かすことができない「ワークライト」ですが、「ワークライト」にも様々な種類があります。 そこで本記事では、自動車の整備・点検におすすめのワークライトを選び方やメーカーについて解説を交えながら7選[…]

関連記事

車のタイヤ交換を自分で行おうと思った時、最低限必要な工具やあると便利な工具、注意点をご存知でしょうか。 車のタイヤ交換を自分で行なうために必要な「最低限の工具」と「注意点」、あると便利な「工具」などタイヤ交換チェックポイントを紹介し[…]

【整備士】「ペンライト」選び方とおすすめ6選 ~充電式~

整備士におすすめの「充電式」のペンライトをピックアップしました。これらのペンライトはUSBケーブルを使って充電が可能なため、普段の業務後に充電しておけば毎日電池満タンのフルパワーで利用することができます。

充電式おすすめ「ペンライト」

充電式のペンライトとして、おすすめのペンライトを3つ紹介します。自分の使い方をイメージしながら参考にしてください。

GENTOS「充電式ペンライト RX-104R」

GENTOSのペンライトは明るさ、堅牢さともに信頼性の高い製品です。「RX-104R」は充電式であり、普段は充電ポートを隠しておくことができるのでブレーキダストなどの小さな粒子が飛んでいる中でも充電ポートを保護して利用することができます。

GOOMAND「LED ハンディライト USB充電式」

このペンライトはボタンがスライド式の充電式ペンライトです。多くのペンライトではプッシュボタン式のスイッチが採用されていますが、このペンライトはスライド式ですので手元で、ペンライトを持ち替えることなくスイッチを操作できます。

サンワダイレクト「面発光&ペン先発光 800-LED034」

サンワダイレクトの「800-LED034」はこれまで紹介した、ペンライトのペン先発光によるスポット光のみでなく、面光源による広い範囲への光の照射も可能なペンライトです。ペンライトサイズで面光源を得ることができる非常に便利なペンライトと言えます。

充電器があると便利

これまで紹介したペンライトはUSBで充電することができます。そのため、普段業務で利用しているPCやスマホの充電器でも充電が可能ですが、利用できる充電ポートがない場合には別途USBのACアダプタを購入する必要があります

関連記事

車でのスマホ充電で最も重要視するポイントはなんでしょうか。多くの方が「速さ」と答えます。そこで今回は、スマホを車で急速充電可能な充電器を管理人が5選ピックアップしました!車でのスマホ充電のポイントと合わせてぜひ参考にしてください! […]

【整備士】「ペンライト」選び方とおすすめ6選 ~電池式~

整備士におすすめの「乾電池式」ペンライトを紹介します。電池式のペンライトの場合、電池切れになっても電池を交換するだけですぐに利用可能になります。また、充電式に比べて種類も多く様々な製品から選択することができます。

電池式おすすめ「ペンライト」

電池式のおすすめペンライトとして、3つのペンライトをピックアップしました。これらのペンライトは単4電池を2本、もしくは1本利用します。

GENTOS「LEDペンライト 単4・2本 AP-100RD」

充電式ペンライトでも登場したGENTOSのペンライトです。充電式のように充電ポートもないことから、より防塵性や堅牢性、耐水性に優れており様々な現場で活躍できるペンライトになっています。

MAG-LITE「LED(単四1本) SJ3A016」

小型ペンライトが欲しい場合にはマグライトが発売している、単4電池1本で利用できるこのペンライトがおすすめです。マグライトのペンライトは非常に耐久性に優れており、このサイズであればつなぎのポケットにすっぽりと収めることができます

LUMINTOP「IYP365 ペンライト LED」

「IYP365」は小型ながら明るさを3つのモードで切替可能なペンライトです。耐水性も高いため、雨天時の屋外作業にも利用することができます。

充電式乾電池がおすすめ

電池式ペンライトの弱点は電池切れの際には都度、電池を購入しなければいけないことです。ですが、この弱点も充電式の乾電池を利用することで克服することができます。

充電式乾電池と充電器を購入するコストは必要ですが、乾電池は様々な場面で利用できるためペンライト以外でも活用できます。