【ハイエース】「オイル・エレメント」交換方法、ポイント

ハイエースのエンジンオイルとエレメント交換の依頼を受けました。200系ハイエースは、2004年発売です。既に20年近く経過しています。本記事では、200系ハイエース(ディーゼル)のエンジンオイルやエレメントの交換方法やポイントなどについて解説します。

目次

【ハイエース】「オイル・エレメント」交換方法、ポイント ~オイル交換~

オイル交換作業を行うハイエース

まずは、ハイエース(ディーゼル)でのエンジンオイル交換について解説していきます。

200系ハイエースのオイルパンは車の中央近くにある

ドレンからオイルを抜き取る

ハイエースは、仕事に使用する為に作られた車です。いわゆるキャブオーバータイプのモデルですので、エンジンはフロントシートの下にあります。

そのため、一般的な乗用車などとは違いエンジンは比較的中央のフロント側に設置されていることになります。という事は、オイルパンもその下にあると言って良いでしょう。ジャッキアップやウマをかけて安全に作業する必要がありますね。

オイル交換自体は他モデルと大きく変わらない

フィラーキャップはエンジンルーム中央部

助手席側のシートを持ち上げると、エンジンルームが見えてきます。中央付近には、オイルフィラーキャップがあります。

レベルゲージは助手席側

助手席側にオイルレベルゲージがあります。

オイルを注入

エンジンオイルの交換方法は、一般的な乗用車などとそんなに変わらない作業手順になります。フィラーが室内にあるので、室内にオイルをこぼさないように注意しましょう

  1. オイルドレンを外しオイルを抜く
  2. フィラーキャップからオイルを注入する
  3. レベルゲージでオイル量をチェックする
あわせて読みたい
【ハイエース KDH225K】「エアクリーナー」役割・交換方法 定期点検をするハイエース KDH225Kがありました。点検をしていると、エアクリーナーがかなり汚れていることに気が付きました。本記事では、ハイエースKDH225Kのエアクリ...
あわせて読みたい
【ハイエース】並列ダブルバッテリーの交換方法・手順と注意点 ハイエースをしばらく動かしていなかったら、完全にバッテリー上がりしてしまいました。おまけにエンジンキーを捻っても全く反応がない状態でした。今回は、ハイエース...

【ハイエース】「オイル・エレメント」交換方法、ポイント ~エレメント交換~

エレメント交換方法

ハイエース、特に1GD-FTV型エンジンのエレメント交換について解説します。

エレメント交換する場合はアンダーカバーを外す必要のある世代もある

アンダーカバーの取り外し

ハイエース(ディーゼル)は、世代によって搭載されているエンジンが違います。そのためエレメント位置も違っています。

1GD-FTVの場合は、運転席下側にエレメントが設置されています。そして、この場合はアンダーカバーを外す必要があります

高年式200系のエレメントはインナー交換タイプ

インナー交換タイプのエレメント

1GD-FTVのエレメントは、インナー交換タイプになっています。

ディーゼルタイプエンジン型式エレメント
(タクティー品番)
ハイエース1型2KD-FTVV9111-0103
ハイエース2型~4型1KD-FTVV9111-0103
ハイエース5型~現在1GD-FTVV9111-3011


それ以外のディーゼル搭載モデルは、カートリッジ式になっています。上記の表を参考にしてみてください。

カートリッジ式のエレメントは、中身と外側を分離して廃棄する必要があります。一方インナー交換タイプは、分別が少なくなるケースが多いのと、中身だけ廃棄すればよいのでエコだとも言えます。

エレメントのインナー交換手順は?

取り外して汚れたエレメント

エレメントケースを外したら、中のエレメントを外します。外した後は、しっかり洗浄していきます。

エレメントとOリングを交換

新しいエレメントを装着し、付属のパッキンと古いパッキンを交換します。パッキンにはエンジンオイルを塗布します。

エンジンオイルをOリングに塗布して清掃した後取り付け

上記画像のようにセットが完了したら、エンジンに取り付けてエレメント交換は終了です。

あわせて読みたい
【ハイエース QDF-GDH206V】「テールレンズ」交換方法・浸水原因の究明 「ハイエースのテールレンズが浸水してる!?」と相談がありました。そのハイエースは、平成29年登録で46000㎞程しか走行していない車でした。本記事では、ハイエース Q...

【ハイエース】「オイル・エレメント」交換方法、ポイント ~ポイント~

作業のポイント

ここでは、ハイエース(ディーゼル)のオイル・エレメント交換でのポイントなどについて解説します。

エレメントのインナー交換ではへそボルトを外して清掃が〇

へそボルトを取り外して清掃を行う

トヨタモデルのカートリッジ式エレメントには、エレメントケースの頭にへそが付いているモデルが多いです。これを外してあげると、リリーフバルブの洗浄ができるようになっています

リリーフバルブを洗浄すると、オイルというよりは水分を含んだような少しネトッとした物が出てきました。しっかり洗浄する必要がありそうです。

オイルは低粘度タイプが採用されているハイエースがある

ディーゼルエンジン型式推奨オイル粘度
2KD-FTV10W-30
1KD-FTV 前期5W-30
1KD-FTV 後期0W-30
1GD-FTV0W-30

ハイエースは、世代によってエンジン型式が変更されています。この変更に伴い新しい世代になると、よりエンジンオイルも低粘度化していきます。

created by Rinker
TOYOTA(トヨタ)
¥17,770 (2024/04/24 06:04:58時点 Amazon調べ-詳細)

今回交換したハイエース(ディーゼル)は、令和5年8月のモデルでした。0W-30が推奨エンジンオイル粘度です。今回の交換では、上記の商品を使用しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次