【eKワゴン】リアデフオイルをDIY交換してみた!交換ポイントは?

点検することになったeKワゴンは、走行距離が15万キロを超えていました。点検最中にリアデフオイルは、どうなっているのか心配になりました。本記事では、同モデルのリアデフオイル交換をしながら、デフオイル交換方法やポイントなどについて解説します。

目次

【eKワゴン】リアデフオイルをDIY交換してみた! ~交換理由~

リヤデフオイル交換eKワゴン

ここでは、リアデフオイル交換をすることになった理由を説明します。

eKワゴンの走行距離が15万キロとなっていたため

このeKワゴンは、走行距離が15万キロ以上となっていました。そのためデフオイルを交換すること自体は良いことだと考えています

一般的にデフオイルは、しっかりと量が入っていれば故障は少ないといえます。ただし、かなりの鉄粉が発生していることもあります。定期交換することで、デフの調子を維持できるといえます。

eKワゴンのリアデフオイル交換履歴が解らなかったため

今回の車は、リアデフオイルの交換履歴が全く分かりませんでした。交換されているかもしれないし、全く交換されていないかもしれません。こういう時は、交換してしまった方が安心だと感じます。

あわせて読みたい
デフシールからオイル漏れ!?DIY交換と注意点 車の下廻りからオイルが漏れてしまい、駐車場などにシミが付いていたら慌ててしまいますよね。こういったケースでは、どこからオイルが漏れているのかを早々に見つけて...

【eKワゴン】リアデフオイルをDIY交換してみた! ~交換方法~

デフオイルの交換方法

ここでは、eKワゴンのリアデフオイルをDIY交換する方法などについて解説します。

デフオイルを抜いてあげる

デフオイル抜き取り

作業は、すごく単純だといえます。デフオイルをドレンから抜いて、新しいデフオイルをフィラーから入れるだけです。デフオイルを抜いてあげます。

新しいデフオイルを注入してあげる

新油注油

抜けきったら、ドレンボルトの磁石についている鉄粉を除去してドレンボルトを締めて、新しいオイルをフィラーからこぼれてくるまで注入するだけです。

DIYで作業する際は、上記のような注入器を使用すると簡単に作業できると思います。大体6回くらい注入作業(0.2Lずつ)すれば終わるでしょう。

簡単に挿入できる注入器は、500㏄タイプのものもあります。使用しやすいものをチョイスしてあげましょう。

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥186 (2024/05/19 21:24:10時点 Amazon調べ-詳細)

またどうしてもお金をかけたくないという方は、灯油を入れるポンプ(100均)でも代用できます。ただしオイル耐性が弱いので、一回限定で使うことをおすすめします。

あわせて読みたい
「黒樹脂復活剤」で差をつける!車の経年劣化を感じさせない手法を解説 車の外装パーツには、エクステリアと同じ塗装が施されている樹脂パーツと、未塗装で黒い樹脂パーツが使われてる部分があります。黒い樹脂パーツは、紫外線や経年数で劣...
あわせて読みたい
ドライブシャフトブーツが破れた!?DIYドラシャ交換 洗車をしていたある時、最後にホイールを拭いていたらホイール内側にグリス油が付いていました。嫌な予感がして点検してみると、ドライブシャフトが破れてグリス飛散が...

【eKワゴン】リアデフオイルをDIY交換してみた! ~ポイント~

デフオイル取替ポイント

ここでは、eKワゴンのリアデフオイルを交換する際のポイントなどについて解説します。

メーカー指定のデフオイルは80W-90

メーカー指定の粘度

本来であれば、純正オイルを使用するのが一番良いのかもしれません。ただeKワゴンのデフオイルは、1.2Lほど入ります。1L缶では足りない状況です。

created by Rinker
ASH
¥3,571 (2024/05/19 21:24:10時点 Amazon調べ-詳細)

今回は、在庫のあったアッシュのデフオイルを注入しました。丁度1.2Lほど注入されました。

アッシュの80W-90を使用しましたが、もし別のブランドで交換する場合にも、GL-5以上で指定粘度のオイルを使用するのがベターであると考えます。

過去に指定が80W-90なのに75W-90を使用したら、異音が発生したケースなどがありました。規格と粘度は、純正指定のものをチョイスする方がトラブルが少ないと感じます。

デフオイルはドレンよりも先にフィラーを緩める

入れるドレンを先に外す

eKワゴンに限ったことではないのですが、リアデフオイルを交換する場合は、まずフィラーキャップを緩めることからはじめます。しっかり緩むことを確認してから、ドレンを緩めてあげましょう。

これは、もしドレンを先に緩めてしまい、フィラーが緩まないと、オイルを注入できないからです。

eKワゴンのドレンボルトは、6角が使用されています。この場合は、しっかりとはまる6角を使用して作業しましょう。ここで舐めてしまうと、ドレンボルトが外れなくなります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次