「黒樹脂復活剤」で差をつける!車の経年劣化を感じさせない手法を解説

車の外装パーツには、エクステリアと同じ塗装が施されている樹脂パーツと、未塗装で黒い樹脂パーツが使われてる部分があります。黒い樹脂パーツは、紫外線や経年数で劣化していき、白っぽくなります。これが車を古ぼけさせる原因の一つです。本記事では、黒樹脂を簡単に復活させる方法を解説します。

経年劣化で車が古ぼけて見えるとは ~樹脂パーツ~

白ボケしたガーニッシュ

そもそも車が古ぼけて見える原因の一つに、樹脂パーツの劣化が挙げられます。特に、最近人気のSUVでは未塗装の黒樹脂パーツが使われている車種も多くあり、放置していると古ぼけてしまうことも

バンパーや付属に使われる黒樹脂が劣化して古ぼけて見える

エッジプロテクター

パンパーの一部に使用されている損傷防止のエッジプロテクターやワイパーガーニッシュ、ガラス窓周りのモール類などは、ブラック樹脂が多く使われています。

こういった部分が劣化したり、白色化したりすると車は古ぼけて見えてしまうのではないでしょうか。

バイザーなどのプラスチックパーツが劣化して古ぼけて見える

プラスチックパーツの中にバイザーがあります。このバイザーも知らずしらずのうちに劣化し、ヒビや艶がなくなります。こういった目に見えるパーツの劣化が車をフルに消させると考えます。

車の外装は綺麗にしても、樹脂パーツの劣化を綺麗に復活させる人は少ないかもしれませんね

関連記事

車についてしまった傷を消すアイテムとして、コンパウンドという素材があります。傷の程度によっては、コンパウンドを使用してDIYでも綺麗に消すことが可能です。本記事では、コンパウンドとは何かや傷を消す方法、コンパウンド使用での注意点などを解説[…]

車の傷をコンパウンドで消す方法
関連記事

車のエクステリアについた傷を綺麗にするには、コンパウンドとポリッシャーが欠かせないアイテムといえます。特に面積が広いときは、ポリッシャーの役目も大きいです。本記事では、「コンパウンド・ポリッシャー」の意味や使い方、さらにおすすめ商品などを[…]

コンパウンド・ポリッシャーのおすすめ

経年劣化した黒い樹脂を黒樹脂復活で新鮮化!

黒樹脂復活剤

今回は、古ぼけてしまった黒い樹脂パーツをDIYで簡単に鮮度アップする方法を紹介します。

黒樹脂復活を少し紹介!

黒樹脂復活剤の中身

黒樹脂を復活させるケミカルは、色々販売されています。その中で、筆者は一番費用対効果の高いものが黒樹脂復活ではないかと思います。

黒樹脂復活は、施工後およそ6ヶ月ほど持続するとされています。ただ筆者の青空駐車場でも1年近くは持っています。そのため、車庫保管の方はより効果が長持ちすると考えます。

価格は、ネットでもホームセンターなどでも1000円未満で購入できます。

黒樹脂化を使い、樹脂パーツを復活させていく

黒樹脂復活施工前準備

それでは、黒樹脂復活を使い、施工していきます。まずは施工したいところのほこりや汚れを拭き取っていきます

黒樹脂復活剤施工中

黒樹脂復活を専用スポンジにとり、塗り塗りしていきます。ある程度進んだら、専用クロスで拭き取って終了です。

黒樹脂復活剤施工後

上記はバックゲートに付いているミラーカバーです。白くぼけていた物が、見事に復活しています。しばらくは、この状態を維持してくれるので安心です。

関連記事

皆さんが所有している車のヘッドライトは、黄ばんだり、くすんだりしていませんでしょうか。ヘッドライトが汚いと、車が古ぼけて見えますよね。ここでは、ヘッドライトの黄ばみなどをセルフでクリーニングする方法やどのくらい綺麗になるのかなどを解説しま[…]

ヘッドライトクリーニング Befor After

細かい所で差を付けるなら!古ぼけて見える車をリフレッシュ

黒樹脂復活剤ガーニッシュ施工

どうして黒樹脂復活などのケミカルを使用するのが良いのかを解説してみます。

黒樹脂復活は、半年ほど持つので新品パーツ購入より効果的

黒樹脂復活は、1000円未満で購入できます

筆者が、今回施工した場所

  • ワイパーガーニッシュ
  • フロント・リアガラスモール
  • ドアガラスモール
  • バックドアミラー

薬液は、ちょうど半分使用しました。ということは二回施工できるという事です。

例えば、ワイパーガーニッシュを新品にするだけで数千円〜1万円前後掛かります。それぞれのパーツを新品交換すると、確実に数万円以上かかると思います。

一方黒樹脂復活であれば、年間1,000円〜2,000円(二回施工)で済みます。費用対効果で考えれば、黒樹脂をケミカルで復活させるのがお得であると考えます。

車の外装を綺麗にした時に、一緒に施工すると満足感アップ

今回筆者が施工した箇所は、おおよそ4箇所です。所要時間は30分ほどです。日頃の洗車に合わせて作業しても良いと思える時間です

注意点としては、作業後24時間は水に濡らさない方が良いという点です。筆者も一度失敗したのですが、施工してすぐに雨に降られ、せっかく施工した箇所が雨染みになったことがあります。