デフシールからオイル漏れ!?DIY交換と注意点

車の下廻りからオイルが漏れてしまい、駐車場などにシミが付いていたら慌ててしまいますよね。こういったケースでは、どこからオイルが漏れているのかを早々に見つけて解決する必要もあります。本記事では、デフシールからのオイル漏れ修理や注意点を解説します。

デフシールからオイル漏れ!? ~漏れた結果~

デフオイル漏れ状態

デフシールからのオイル漏れでは、どのような現象が起きるのでしょうか。

とにかく周りがオイルで汚くなる

デフオイルでの汚れ

デファレンシャルギア(デフ)には、3か所のシールが使用されています。そしてそのすべてが、回転している部分になります。

そのためデフオイルが漏れ出すと、回転などを伴いながら飛び散ってしまうため、ボディ周辺まで汚れがついてしまいます。これに泥水などが混ざりあってしまい、かなりの汚れに進行する結論です。

デフが故障してしまう

デフオイル漏れ拡大

デフオイルが、完全に抜けてしまうとデフから異音が発生し、最終的に「デフが焼き付き」と言う結果になります。異音が発生した段階で故障していますので、高額修理になります。

デフオイルが乳化・白濁している

デフオイルが漏れている車のオイルを抜くと、多くのオイルで乳化・白濁といった現象が起きています。これは、シール部分から空気や水が混入している為と考えます。オイル性能もかなり低下しているといえます。

関連記事

タフで実用的な200系ハイエースも、場合によってはミッションケース(窯)が割れるという故障が起きるようです。当記事では、実際にATミッションケースの割れを修理しながら、割れる原因や修理の注意点などを解説します。 【200系ハイエース[…]

200系ハイエース
関連記事

車には様々な油脂が使われています。中でもATFは、ATミッションを正確に稼働させるための必須油脂です。本記事では、ATF交換の重要性・DIYでATF交換する作業手順や注意点・さらにATF交換方法には種類があることなどを解説します。 […]

ATF下抜き

デフシールからオイル漏れ!? ~DIY交換手順~

ドライブシャフト取付部

ここでは、デフシールからのオイル漏れをDIYで修理する手順などを解説します。

デフサイドシールは、ドライブシャフトを抜く

ナックルを外す

左右のデフシールを交換する際は、ドライブシャフトを抜く必要があります。ドライブシャフトを抜く方法は、2種類あります

  1. ショック関連パーツを外し、ハブセンターナットを外してドライブシャフトを抜く
  2. ショック関連パーツ、タイロッド、ロアアームを外し、ナックルごとドライブシャフトを抜く

今回は、方法2で作業することにしました。理由としては、ナックルに収められているハブベアリング周辺を固定したまま作業したかったからです。

タイロッドエンド

ロアアームボールジョイント、タイロッドエンドを外してしまいます。そしてショックとナックル取り付けボルト2本を外します。これでナックルごとドライブシャフトが抜けます

不良デフシール

デフシールが見えてきました、かなり汚れています。漏れ出してからかなり時間が経っていることがうかがえます。実は、今回のデフオイル漏れは、3か所全てで発生している状況でした。

古いシールを取り、新しいシールを付ける

古いデフオイルシール

古いシールを外して、新しいシールを封入していきます。

オイルシール新旧比較

左右の古いシールです。かなり汚れがひどく、どこが原因かを調べるという感じではありませんでした。

リアシールは、プロペラシャフトを抜く

プロペラシャフト

デフのプロペラシャフト側のシール交換をしていきます。

プロペラシャフト4本のボルト

プロペラシャフトを取り付けている4箇所のボルトを外してフリーにします。ココのネジを外すには、コツがいります。

プロペラシャフト上側ボルト

プロペラシャフトだけをフリーにするだけでは、プロペラシャフトは抜けません。プロペラシャフトを支えている上記の2箇所のボルトを外してあげます

created by Rinker
ストレート(STRAIGHT)
¥1,336 (2022/08/12 01:05:00時点 Amazon調べ-詳細)

上記の工具を使い、ドライブシャフト取り付け金具を外します。

プロペラシャフト側シール

全てのパーツが外れたら、オイル漏れを起こしているシールが見えてきます。やはりかなり汚れています。

こちらのシールも交換し、3箇所全てのシール交換が終了しました。外したパーツを組み付けて、デフオイルを規定量注入し作業終了です。

関連記事

ブレーキフルードは、車を制動するのに重要な役割を担っている油脂パーツです。ではブレーキフルードは、どのくらいの頻度でどのように交換するものでしょうか。本記事では、ブレーキフルードの推奨交換頻度や交換方法、交換注意点などを解説します。 […]

リザーバータンク油面

デフシールからオイル漏れ!? ~注意点~

交換時に外す足回りのパーツ

デフシール交換の際では、どのようなことに注意するのが良いでしょうか。

古いデフシールと取るときは?

古いシールの外し方

古いデフシールを外す際は、本体内側に傷が入らないように外しましょう。深く傷が入ると、シールを新しくしても本体とシールの間に隙間ができてしまい、そこから漏れ出してしまいます。

デフシール交換までのアクセスで・・・

新品のオイルシール

先述しましたが、左右側デフシールを交換する際は、2つの方法でドライブシャフトを抜けると解説しました。

今回は、ナックルごとドライブシャフトを抜きました。この方法で行う理由は、ハブベアリング周りを触らないで外すことが可能だからです

車の状態によっては、ハブベアリングを外す方法だと、ハブベアリング破損を起こす可能性があります。注意したいところです。