【Windows10】PDFファイルをEdge以外のアプリで開くようにする方法を紹介!

PC

Windows10でPDFを開くと、自動的にEdgeで開いてしまいます。アプリやサービスによってはPDFはEdge以外のAdobe Acrobat Reader DCで開く必要があるものもあります。

そこで本記事では、Windows10でPDFを開くときのアプリをEdge以外に設定する方法を紹介します。

【Windows10】PDFのデフォルトアプリは「Edge」

何もしなければ、Windows10の場合PDFファイルはInternet explorerの後継ブラウザである「Edge」で開かれてしまいます。本記事ではこのアプリを変更する方法を紹介します。

既定のアプリが「Edge」になっている

Edge

Windowsではユーザーが扱う様々なファイルを最適なアプリで開くために、ファイルの種類ごとに「既定のアプリ」を設定しています。Windows10の場合、デフォルトでPDFの既定のアプリは「Edge」に設定されています

そのため、PDFを別の閲覧アプリなどに変更したい場合には自分で「既定のアプリ」を変更する必要があります。

一部のアプリ・サービスでは「Adobe Acrobat Reader DC」が必要

AcrobatReader

一般的にPDFを閲覧するだけであれば、Edgeで事足りることがほとんどです。閲覧はもちろんマーカー書き込みや印刷にも対応しています。

しかし、本サイトで取り扱っているような自動車の整備手順書閲覧サイト「FAINES」のコンテンツなど、一部のサービスやアプリではPDFファイルをWebサービスの一部として利用しています

これらのサイトでは、WebコンテンツとしてPDFファイルを表示するのに「Adobe Acrobat Reader DC」などのPDF閲覧アプリが必要となってきます。

「Edge」などがPDFの既定のアプリとして設定されていると、外部閲覧アプリが動作せずにWebサービスなどでコンテンツが表示されないことに繋がります。このようなときには、手動でPDFの既定のアプリを変更する必要があるのです。

関連記事

Windows10でWebサイトや写真を特別なソフトを使うこと無く「PDF」に変換する方法を紹介します! Windows10であれば、Webサイトや写真を「PDF」にする作業が特別なソフトなしに行えることをご存知でしょうか?無料で簡[…]

関連記事

整備要領書の確認に欠かすことができない「FAINES(ファイネス)」ですが、「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れない状態になってしまったときの対処法をご存知でしょうか? 「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れな[…]

【Windows10】PDFの既定のアプリを「設定」から変更する方法

「Windows10」でPDFファイルの既定のアプリを変更する方法は主に2通りありますが、はじめに「設定」から変更する方法を紹介します。

「Edge」以外のPDF閲覧ソフトをインストール

Adobe Download

既定のアプリを変更する前に、変更後に利用したいPDF閲覧ソフトをWindows10にインストールしておく必要があります。「Adobe Acrobat Reader DC」など必要なソフトをインストールしましょう。

Download free Adobe Acrobat Reader DC software for your Wind…

設定から「既定のアプリ」を設定する

設定

Windows10の設定はスタートメニューから開くことができます。

アプリ

「アプリ」を選択します。

既定のアプリ

「既定のアプリ」の項目画面下部にある「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」をクリックしましょう。

PDFの既定のアプリ

様々なファイルの種類が表示されるので、「.pdf」を探し出します。「.pdf」の項目に表示されている「Edge」をクリックすると、新たに既定のアプリに設定したいアプリを選択できます。

関連記事

カーナビで再生できるMP4動画は機種によってまちまちだと思っていませんか?実は、ここ数年に発売されたほとんどのカーナビで再生できるMP4動画の作り方があります。 非常に多くのカーナビで再生可能なMP4動画をフリーソフト「XMedia[…]

【Windows10】PDFの既定のアプリを「PDFファイル」から変更する方法

Windows10では、手元にPDFファイルがある場合や裏技的にダミーファイルを作る場合には、「設定」よりも簡単にPDFの既定のアプリを変更する方法があります。

「Edge」以外のPDF閲覧ソフトをインストール

PDF閲覧アプリ

この方法についても、既定のアプリで変更後に利用するPDF閲覧アプリが必要ですので作業前にインストールしておきます。

PDFファイルを用意 (ダミーファイルでもOK)

PDFファイル

はじめにPDFファイルを用意しましょう。無い方はダミーファイルを作ります。

拡張子表示

ダミーファイルを作るには、はじめに「ファイル名拡張子」を表示させます。

テキストドキュメント

デスクトップを右クリックして「新規作成」から「テキストドキュメント」を選択します。

.pdfにする

適当な名前をつけて「.txt」を「.pdf」に変更します。これでダミーファイルの完成です。

拡張子変更確認

拡張子を強制的に変更しているので確認メッセージが表示されます。「はい」を選択します。

ダミーファイル

ダミーファイルの完成です。

「PDFファイル」から変更

ダミーファイルのプロパティ

用意した「PDFファイル」を右クリックして「プロパティ」を選択します。

プログラム変更

プログラムの横にある「変更」をクリックします。

Adobeを選択

PDFの既定のアプリに設定したいアプリを選択します。

【Windows10】必要なときだけPDFをEdge以外のアプリで開く方法

Windows10では普段はEdgeでPDFを開いて、必要なときだけ特定のアプリでPDFファイルを開く方法もあります。

PDFファイルを右クリック

ファイル右クリック

Edge以外で開くPDFファイルを右クリックします。

開きたいアプリを選択

プログラムから開く

「プログラムから開く」からこのPDFを開くアプリを選択します。