【RX-8】エンドレス製フロント・リアブレーキパッドへ交換する方法

RX-8に乗っている人から相談がありました。「ブレーキパッド交換したいから手伝って欲しい」との話でした。相談者本人の希望で「エンドレス製」のブレーキパッドに交換しました。本記事では、RX-8のブレーキ交換方法などについて解説していきます。

スポンサーリンク

【RX-8】エンドレス製フロント・リアブレーキパッドへ交換する方法 ~フロント手順~

エンドレス製のブレーキパッドへ交換

まずは、フロントブレーキパッドを交換していきます。

今回はエンドレス製のブレーキパッドを使用します。

フロントブレーキキャリパーを持ち上げる

フロントキャリパーを持ち上げる

タイヤを外し、キャリパーが止まっている14㎜のボルトを2箇所緩めて、一か所は外してしまいます。すると、キャリパーが持ち上がりますのでパッド交換が行えるようになります。

古いパッドを取り出してエンドレス製に付け替える

フロントブレーキパッドを取り替える

古いパッドを取り外して、新しく購入したエンドレス製のパッドを取り付けていきます。

フロントブレーキキャリパーへエンドレス製パッドを装着

さすがエンドレス製です。パッド表面からして純正品とは違いそうです。またブルーカラーになっていて、エンドレスとわかるようにもなっていますね

ピストン戻しツールを使用してピストンを戻してキャリパーを戻して終了

フロントブレーキピストンを戻す

フロント側は、ピストン戻しツールを使用してピストンを戻して、キャリパーを元の位置にはめ込みボルトを締め付ければ終了です。

フロント側は、14㎜のボルトを2箇所使用しているのですが、一つには14㎜のストッパーナットが付いていますので、スパナも使用します。

関連記事

春になると、スポーツカーのシーズン到来と言えるのではないでしょうか。特に筆者在住地区は、豪雪地帯なので春から秋までがスポーツカーシーズンとなります。春になりGTウィングを付けたいとの話が来ました。本記事では、RX-8にGTウィングを取り付[…]

【RX-8】エンドレス製フロント・リアブレーキパッドへ交換する方法 ~リア手順~

リヤブレーキパッドも交換

リアブレーキパッドを交換していきます。

リアブレーキキャリパーを持ち上げる

リアブレーキキャリパーも、フロントと同様にキャリパーを持ち上げるか下げて作業します。リアは、下に下げた方が作業しやすいと考えます。筆者は、上にあげてしまい少し作業が大変でした。

古いブレーキパッドを取り出してエンドレス製に取り替える

リアで使用するエンドレス製ブレーキパッド

古いブレーキパッドを外してエンドレス製のパッドに交換します。フロントよりも2回り位小さいパッドが、リアに採用されています。

フロントとは違いリアのピストンは回して戻すタイプ

リヤキャリパのピストンを戻す

リアのキャリパーピストンは、フロントとは違い回しながら戻すタイプになっています。

上記のような専用ツールを使用すると非常に楽なのですが、DIYで作業するときは、ラジオペンチでも作業できます。

関連記事

RX-8(後期)モデルに社外追加メーターを取り付けしました。RX-8は、マツダローターリーの歴史の中で、最終章となったモデルですね。RX-8(後期)特有の取り付け手順や注意点が判明。ここでは、RX-8(後期)に社外追加メーターを取り付ける[…]

施工済みメーター
関連記事

RX-8用の中古マフラーが入手できたので、交換してほしいという依頼が来ました。後期型モデルに前期型マフラー取り付けのようです。本記事では、RX-8のマフラー交換しながら、DIY作業時のポイントや前期型・後期型の違いなどについても解説してみ[…]

【RX-8】エンドレス製フロント・リアブレーキパッドへ交換する方法 ~注意点~

作業の注意点

ここでは、RX-8のブレーキパッドを交換した際の注意点などについて解説します。

パッドとシムの間にパッドグリスを塗布しましょう

パッドグリスを塗布

ブレーキパッドとシムの間には、パッドグリスを塗布しましょう。鳴き防止効果があるので、シムを取り付ける際には、しっかりと塗布してあげましょう。

ブレーキフルードも交換するとパッド交換の効果も高まる

ブレーキパッド交換した際には、ブレーキフルードのエア抜きを行う人も多いと思います。一般的には、1Lほどあれば全量交換できるので、どうせならキャリパーなどのエア抜きを行うだけでなく、全量した方が良いでしょう。

ブレーキフルードは、湿気が性能を落とす大きな要因になります。パッド交換した際は、フルード交換も同時に行うのがおすすめです。

エンドレス製ブレーキパッドを少し紹介

エンドレス製のブレーキパッドとは

今回相談者が購入したパッドは、ストリートだけでなくサーキットでも使用できるブレーキパッドでした。どうやら近々サーキットに行くようです。

購入商品の特徴は、MX72に比べ熱ダレをさらに抑えたことで、サーキット向けへと進化させた商品のようです。MX72 PLUSは、サーキット走行できるパッドとなっています。

  • 材質:セラミックカーボンメタル
  • ローター適正温度域:50℃~750℃
  • 平均摩擦係数:0.39~0.47
  • 走行フィールド:ストリート~サーキット
  • フロント/リア:税込価格 各28,600円(税抜価格 各26,000円)
  • 車種限定フロント/リア前後セット:税込価格 50,600円(税抜価格 46,000円)
エンドレス製ブレーキパッドはストリート・サーキットにおすすめ

エンドレス製のブレーキパッドは、化粧箱から違っていますね。性能面を考慮すると、ストリートやサーキットでは必需品のパッドといえるでしょう。

一般走行の際は、ローター適正温度が50℃からとなっているので、温まるまでは逆にブレーキ制動が少し下がる場合がある点に注意しましょう。