【ワゴンR】加速不良!原因は何?イグニッションコイルとエアクリーナーの関係

ワゴンRが、突然加速不良になったという相談を頂きました。加速不良には、色々な原因があります。本記事では、イグニッションコイルは案外故障するパーツであるという事や、エアクリーナーとの関係などをパーツ交換しながら解説していきます。

目次

ワゴンRが加速不良!?原因は何?「加速不良の原因は?」

ワゴンR加速不良

まずは、加速不良の原因を特定しないと修理できません。加速不良の原因を探ります。

加速不良の根本的な原因はイグニッションコイル

エンジンを始動し、一度試乗してみます。すると普通にアクセルを踏んでも30㎞/hほどしか速度が出ません。「この症状は?」ということで、まずは点火系統を疑ってみます。

このモデルの点火系統は、エンジン上部にあるエアクリーナーなどを撤去する必要があります。

created by Rinker
カイセ(Kaise)
¥83,655 (2024/05/19 20:46:51時点 Amazon調べ-詳細)

エアクリーナーボックスなどを取外し、点火系統が正常かチェックします。すると、点火時間モードで、明らかに1気筒だけ正常でない数値が表れてくれました

加速不良の原因は、イグニッションコイルかプラグ、またはその両方であると考えました。

原因を作ったのはエアクリーナー

この軽自動車は、約1年半前に一度イグニッションコイルを交換していました。しかも3本ともです。それからの走行距離は、25000㎞位です。

しかしながら、明らかに故障症状を表しています。では、どうしてそんなに早く故障したのでしょうか?

じつは、イグニッションコイル検査をする際に外したエアクリーナーボックス内のエアクリーナーが原因と感じます

エアクリーナーは、エンジンに綺麗な空気を必要量供給するために装備されています。外してチェックしてみると、使用限界をとっくに過ぎてるくらい汚れて、吸気が正常に行えない状況でした。

エンジンは、適切な燃料、点火、空気で稼働します。このバランスが崩れたまま走行したため、イグニッションコイルが先に悲鳴を挙げたと考えられます。

あわせて読みたい
ワゴンRがエンスト!?DIYで燃料ポンプ交換する 皆さんは、車のエンジンが「ブルブル」と振動しながら、突然エンストしてしまったら、かなりビックリすると思います。しかも交差点や信号待ちで発生したら事故になりか...
あわせて読みたい
【ワゴンR】ヘッドライト内部に水滴!?中古にDIY交換 愛車のヘッドライトが、水滴がついたり曇ったりしてしまったら、かなりガッカリすると思います。水漏れしてしまった方もかなりガッカリしていました。本記事では、浸水...

ワゴンRが加速不良!?イグニッションコイルとエアクリーナー交換

ワゴンRのエンジン

ここでは、簡単にイグニッションコイル、プラグ交換の手順を解説します。

イグニッションコイル交換

イグニッションコイルは、10㎜のボルトで止まっています。このボルトを外せば、簡単に外せます。

今回イグニッションコイルは、前回交換した際に壊れていないものをユーザーが持っていたので、それと入れ替えてあげました。

やはり交換したパーツの中で、まだ使用できるものは緊急時に役立ちます。すぐに捨ててしまわないで在庫しておくと良いでしょう。

プラグも交換してしまう

プラグを交換

ダイレクトイグニッションコイルを外すと、プラグホールへアクセスできます。今回は、プラグ故障の可能性もあるため、交換してしまいます。

created by Rinker
ノーブランド品
¥3,371 (2024/05/19 20:46:53時点 Amazon調べ-詳細)

16㎜のプラグレンチが適合します。プラグホールのネジ山を傷めないようにまっすぐ取り外し、まっすぐ取り付けるように注意しましょう。

エアクリーナー交換

エアクリ交換

上記画像は、取り外したエアクリーナーです。すでに真っ黒なだけでなく、目詰まりを起こしている状況でした。

エアクリーナーは、そんなに高いパーツではありません。それは、比較的交換サイクルの早い物でもあるからです。一般的には、2年に一回くらいは交換してほしいと感じます(走行距離や環境にもよる)。

あわせて読みたい
【ワゴンR】「エンジンマウント」交換方法と注意点 エンジンの振動が、アクセルとかブレーキに伝わってくるという相談を頂きました。車の振動や異音というのは、原因特定や修理が案外厄介なものです。本記事では、ワゴンR...

ワゴンRが加速不良!?イグニッションコイルとエアクリーナーの関係

通気性について

ここでは、イグニッションコイルとエアクリーナーの関係など、故障につながる可能性などについて解説します。

イグニッションコイルは電気的なパーツ

イグニッションコイルは、バッテリーから供給された電気を増幅させて2万ボルト位まで電圧を高めています

これは、筆者が中古車や新車を販売している方に聞いたのですが、新車でも2年くらいで保証対応になるケースもあり、中古車では比較的故障頻度の高いパーツであると云う事です。

イグニッションコイルは、ある意味電化製品扱いという意識が必要なパーツと考えます。

エアクリーナーのつまりはイグニッションコイル不具合に繋がる

先述しましたが、エンジンは「燃料・点火・空気」がしっかりバランス取れていることで正常に稼働します。どれかのバランスが崩れると、他のパーツに負担が大きくかかり、大きな不調症状に繋がります。

今回は、エアクリーナーが目つまりしてしまい、正常なエンジン稼働を行えず、プラグに負担がかかり、イグニッションコイル故障を誘引させたでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次