車内が寒い!対策や効果的なエアコンの使い方

これからどんどん寒くなる季節になっていきます。寒くなってくると車内も何故か寒いと感じることが多くなります。一旦寒いと感じてしまうと「ブルブル」悪寒が走ってしまいますよね。本記事では、車内が寒いと思ったときの対策やエアコン使用方法などを解説します。

スポンサーリンク

車内が寒い!効果的なエアコンの使い方とは?

エアコンパネル

車内が寒いときには、どのようなエアコン使用方法がベターなのでしょうか?

暖かい風はエンジンが暖まらないと出てこないモデルが多い

一部のハイブリッドモデルを除き、一般的なエンジン車では、ラジエター液の暖かさを利用して暖かい空気を車内へ送風しています

ということは、エンジンが暖まり水温が上がらないと、暖かい空気は出てこないことになります。

エンジンをかけた直後から、エアコンをオンにして風量最大にするということは、エンジン温度上昇も遅くなり、結果車内への暖かい送風も遅くなるでしょう。

エンジン温度(水温)が上がるまでは、なるべくエアコンの使用を控え、ある程度エンジン温度が上がってから温風やエアコンを作動させる方が効率的です。

シートヒーター機能を使って暖まる

先ほどお話ししましたが、エンジン温度が上昇するまで寒いというのは、非常にストレスがかかると思います。

最近では、シートヒーターが装備されている車が多いと考えます。軽自動車にも、運転席・助手席に標準装備されていたりします。

こういった便利装備を利用して、エンジン始動直後の寒さを和らげるのが良いでしょう。ただシートヒーターは、かなり電力を消費します。車内に暖かい空気が送風されたら、電源をオフにしてバッテリー負担を軽減すると良いでしょう。

エアコンをオンにするときはガラスが曇った時に

凍結ガラス

寒い日のエアコンの使い方は、どの様な方法が良いのでしょうか。車のエアコンは、家のエアコンとは違い、冷媒を気化させることで冷風を作り出しています

ではエアコンをオンにししながら、暖かい空気を送るときは、どういう仕組みなのでしょうか?カーエアコンでは、一度冷風にした物を再度ヒーターコアを通すことで温度アップしています

カーエアコンは、冷たい空気と暖かい空気を別々に作り出す仕組みになっていません。そのため、寒い日に常時エアコンをオンにしておくことが、車にとって優しいとは言えないと感じます。

カーエアコンを使用して非常に効果があるのは、窓ガラスの内側が曇った時です。これは、寒い日や湿度の高いときに多く発生します。こういった際にエアコンをオンにすることで曇りを素早く除去してくれます。

車内が寒いときは吹き出し口を下向きに使用

暖かい空気は、基本的に下から上へと上昇していきます。冷たい空気は下へ、暖かい空気は上へという循環です。

効率よく暖かい空気を車内へ回すためには、吹き出し口下側から暖かい空気を送るのが効果的といえるでしょう。

関連記事

肌寒い日が増えてきていよいよ「冬」シーズンについて考える時期がやってきました。そこで今回は、冬が来る前に用意しておきたい「冬」に使える車の便利グッズを紹介します!バタバタしがちな「冬」こそ車で困ることのないようにしっかりと用意しておきまし[…]

関連記事

冬の季節、仲間と車でスノボに行く方も多いかと思います。そこで気になるのがスノボ板を車に載せる時の車内の汚れです。 本記事ではスノボ板で車内を汚さない・傷つけないためのおすすめグッズを紹介します。これから車内にスノボを積もうと考えてい[…]

車内が寒い!非効率なエアコンの使い方とは?

ACオン

皆さんは、車内が寒いときに非効率なエアコンの使い方をしていませんでしょうか。ここでは、非効率と思われるエアコン(温風)の使用方法を解説します。

エンジンが冷えているのに全開送風

最初に話しているのですが、エンジン始動した直後からエアコン(温風)を全開にする操作は、エンジンの暖気も遅くなることから車内を効率的に温められないと考えます。暖気が終わるまでは、あまり風量を上げない方が良いでしょう。

ずっとエアコンスイッチがオンになっている

寒い冬場でも、ずっとエアコンスイッチをオンにしている人をよく見かけます。エアコンは、非常に電力を消費しますし、エアコン装備関連に負担もかかります。スイッチのオンオフをガラスの内側の曇りなどの状況に合わせて行いましょう。

また冬になると、全くエアコンを作動させないという方もいます。これはこれで、夏場前の急激なエアコン稼働での故障原因になります。冬場のエアコン稼働は、適度に使用するのが良いと考えます。

吹き出し口が上向きになっている

早く体が暖まりたいということで、エアコンの風を直接体に充てる風向きにしている方がいます。また、上に向けている方もいると思います。これは、非常に非効率であると考えます。

なぜなら冷たい空気は下へ動き、暖かい空気は上に動くからです。冷たい空気を暖かくすれば、だんだん上へ暖かい空気が移動してくれます。

関連記事

「冬」になり車の窓ガラスが曇ることが多くなったと思いませんか?夏とは違い、冬には車の内側が曇ることが多くなります。 そこで本記事では「冬」に車の窓ガラスが曇る原因とその曇を解消するための方法・対策を紹介します。「冬」の曇りで悩んでい[…]

車内が寒い!対策に効果的なグッズ

雪道

エンジンの暖気が終わるまで寒くて仕方ないという方もいると思います。またシートヒーターなどのないモデルもまだ多くあります。そのような方でも快適に過ごせる便利アイテムを紹介します。

車用あったかブランケット

シガーライター(アクセサリーソケット)から電源を取ることで、体がポカポカになるブランケットが販売されています。

車用シートヒーター

汎用のシートヒーターも販売されています。少し体が暖まりたい方にはこういったアイテムもおススメです。