格安「車検」店が安いのはなぜ?理由を解説

皆さんは、車検をどこで受けようか悩んだことはないでしょうか?そういった場合には、格安「車検」店で車検を受けると安くなることがあります。では格安「車検」店が安いのは、どうしてでしょうか?本記事では、格安「車検」店のメリット・デメリットについて解説します。

スポンサーリンク

格安「車検」店が安い理由【メリット】

車検案内料金

格安「車検」店は、名前の通り車検金額が安いのが最大のメリットといわれています。ではどうして安いのでしょうか?

格安「車検」店は車検に特化いている設備で大量対応できるから安い

整備工場

格安「車検」店の最大のポイントは、車検に特化した設備で車検に精通したスタッフを中心に運営されているのがポイントです。そしてかなりの台数を一日で車検取得できます。もちろん格安「車検」店には、ディーラーと同じ指定工場もあります。

格安「車検」店では、車検に特化した設備・整備を基本としている点で、ディーラーや一般整備工場などより車検費用を安くできる特徴があります。

格安「車検」店では、基本点検・検査・整備費用が安い

例えばAという車の車検では、法定費用(自賠責・印紙代・重量税)は、どこで車検を受けても変わりません。一方で基本点検・検査料、そして整備費用などは、大きく違ってきます。格安「車検」店が、安く車検取得できるのはこの部分であるといえます。

例えば、ディーラーなどでは基本点検料が25,000円くらいが相場です。一方格安「車検」店では、基本点検料が9,800円位で行われていたり、キャンペーンなどでは、無料になったりもします。

また車検ラインに通す検査料は、ディーラーで10,000円位かかるケースが一般的ですが、格安車検では「無料!」なんてこともあります。

格安「車検」店ではその時点での車検点検だから安い

ブレーキパッド

格安「車検」店では、車検取得時点での法定点検を行うため安くなるといえます。例えば、ブレーキパッドが3㎜程度しか残っていなくても車検点検には合格します。またエアクリーナーが交換するくらい汚れていても、清掃でクリアすることもできます。

格安「車検」店では、車検検査日時点での点検で不合格になる部分のみを整備することが基本です。

関連記事

車検といえば、車の維持費の中でも多くの金額を占める部分ですね。また金額だけでなく、車検が終わるまでの流れや日数も大切だと思います。本記事では、車検の時間はどれくらいかかるのかや、車検が終わるまでの流れなどを解説します。 ディーラーや[…]

関連記事

皆さんは、車によって車検期間が異なることをご存じでしょうか?車には、色々な用途車種があります。車の種類によって、定められた車検期間が設定されています。本記事では、車検は何年ごとに受ける必要があるのかという話を掘り下げていきます。 車[…]

格安「車検」店が安い理由【デメリット】

格安「車検」店は、安いといわれています。では格安「車検」店でのデメリットは、どういった点でしょうか。

格安「車検」店は車検特化のため点検項目にない整備が不得手かも

格安「車検」店は、車検に特化・精通していることが最大のメリットです。車検項目にあてはまる整備は、かなり得意といえます。一方法定点検にあてはまらない整備に関しては、不得手な場合もあり得ます。

格安「車検」店は予防整備を依頼すると一般整備工場と変わらないかも

車検整備には、「その時点」と「将来」という大きく分けて二点の考え方があるといえます。「将来」すなわち「予防整備」をすることで、次回の車検まで安心して乗れるようにもなります

格安「車検」店で予防整備を含めた整備をお願いした時は、案外一般車検・整備工場と費用が変わらないケースもありそうです。

格安「車検」店はしっかりと予約しないと代車の用意が心配かも

格安「車検」店では、代車無料貸出してくれるところが多くなっています。ただ代車を数多く所有していない店舗もあります。一日にこなす車検台数が非常に多いため、大きな変更などに対応しづらい傾向にあります。

車検予約の段階で、しっかり無料代車のお願いをしないと当日貸し出しできない可能性が高まります。また予約した日にちを変更した場合、代車がないケースもあります。

関連記事

皆さんは、車検を受ける前にシャーシブラックなどの塗装を下廻りにしますでしょうか?筆者在住の豪雪地帯では、このシャーシブラックと言う作業は必須となっています。本記事では下廻りのシャーシブラックについて掘り下げていきたいと思います。 シ[…]

格安「車検」店でのポイント【注意点】

格安「車検」店に車検を依頼するときは、どの様な点に注意したらよいのでしょうか。

2回目車検以降であれば格安「車検」店での車検には注意する

新車登録して最初の継続車検の場合は、走行距離にもよりますが、あまり大きな整備を必要としないケースが多いといえます。一方、2回目以降の車検では、走行距離などによって、予防整備が必要となるケースも出てきます

2回目以降の車検で予防整備を希望している方は、格安「車検」店だけでなく色々なところで車検見積もりを依頼してから決定するのが良いでしょう。

格安「車検」店は整備を行っている車とそうでない車でも差がある

故障したら直すという方法で車検取得している方は、格安「車検」といえども、かなりの整備費用が掛かるケースがあると考えます。やはり日ごろから整備されている車とそうでない車では、車検時に掛かる費用はかなり違うといえます。