車検前には、下廻りをシャーシブラック!【降雪・海岸沿い必須作業】

皆さんは、車検を受ける前にシャーシブラックなどの塗装を下廻りにしますでしょうか?筆者在住の豪雪地帯では、このシャーシブラックと言う作業は必須となっています。本記事では下廻りのシャーシブラックについて掘り下げていきたいと思います。

目次

シャーシブラックは、必要なの?

シャーシブラックは必要?

そもそも下廻りのシャーシブラックは、本当に必要なのでしょうか?地域によっての考え方なども解説します。

降雪もなく、海岸沿いでもなければ不必要かも【どうして】

そもそも降雪もなく、海岸沿いや温泉地域でもない方の車は、下廻りがサビるという状況がほとんど無いと感じます。こういった地域では、下廻りのシャーシブラックという概念自体がないかもしれません。なぜならそもそも下廻りが錆びづらいからです。

また名称の通り、シャーシブラックはシャーシに塗るものです。こういったサビのない地域では、アクスルや足回りなどのシャーシと呼ばれている部分のみシャーシブラック塗装するので充分といえます

降雪・海岸沿いなどでは、必須作業!【なぜ】

一方降雪地帯や海沿いなどの地域では、塩カル・塩などによってボディや下廻りのサビ発生が極端に多くなります。そのためこういった地域で走行する車の多くが、シャーシブラックやアンダーコート塗装していると思います(勿論していない人も居ます)。

こういった地域のシャーシブラックは、シャーシだけでなくフロア全体を塗装してしまいます。理由はただ一つ、サビの発生・進行を抑制したいからです。

あわせて読みたい
【クリーンエアフィルター】車のエアコンフィルター交換方法! 車のエアコンには「クリーンエアフィルター」と呼ばれるフィルタが取り付けられており、外部からの粉塵や花粉などの異物を除去したり、消臭したりしています。本記事で...
あわせて読みたい
【ポルシェカスタム事例】987ケイマン「社外ホイール・社外テール取り付け」 今回はライターである私の車歴とカスタム遍歴の紹介。そして現在乗っているポルシェ ケイマンのカスタムについてご紹介します。ケイマンの雰囲気を大きく変えるホイール...

車検前に下廻りをシャーシブラックする【DIY作業】

シャーシーブラック施工環境

下廻りシャーシブラックをDIYで塗装していきます。

周りに飛散しないように養生する!

塗料は、いろいろな所に飛んでいく性質があります。そのため養生をしっかりすることが大切です。これは、非常に重要な作業です。筆者も何回もこの養生を安易に考えて、ボディー側に塗料が飛んでしまった経験があります。

また、地面に水をまいておくと床に落ちたシャーシーブラックを落としやすくなるのでおすすめです。

車体下部を三分割塗装し、最後に細部まで塗布する

シャーシーブラック施工前

DIYでは、一般的なスプレー缶タイプを使用してシャーシブラック塗装していきます。まずは、サビているところを中心に、広く薄く作業していきます。一か所だけ集中して作業してしまうと、スプレー缶が足りなくなります。

イメージですが、広く薄くと言っても下廻り全体で行うと、塗りムラが起きます。前方・中央・後方と言うように、三分割して塗装を行うと良いでしょう

シャーシーブラック施工後

綺麗に塗装完了しました。塗料が顔や鼻のなか、耳の中まで入ってしまいます。洗い落とすのが非常に大変ですので、マスクをして雨カッパを着たり、タオルで覆ったりしながら作業しましょう。軽自動車のシャーシブラック塗装は、大体1時間くらいです。

あわせて読みたい
「デポジットクリーナー」は必要?効果と使い方 デポジットクリーナーは、主にガソリンエンジン内部を綺麗にするアイテムです。では、そもそもデポジットクリーナーは必要なのでしょうか?本記事では、デポジットクリ...

シャーシブラックで下廻り塗装する場合は【注意点】

施工時の注意点

シャーシブラック塗装を下廻りに施した場合は、どのようなことに注意すればよいでしょうか。

普通のシャーシブラックは、2年に一回は塗布しよう

created by Rinker
AZ(エーゼット)
¥1,982 (2024/04/23 23:23:42時点 Amazon調べ-詳細)

シャーシブラックは、余り密着性の高い塗料ではありません。そのため車検ごとにしっかり塗装することで、防錆できると考えます。また少しお値段は高いのですが、アンダーコートなどの場合は、3〜4年問題ないという塗料もあります。

シャーシブラック缶スプレーの使用量の目安です。

  • 軽自動車 3本
  • 普通車 4~6本

くらいかかると思います。ただシャーシブラック缶スプレー代金は、そんなに高額ではありません。車検時に、ディーラーでシャーシブラック作業を依頼すると、1万円位かかると考えます。

本来であれば、サビる前の新車状態から塗布すると良い

シャーシブラック塗装は、新車の時からしっかり行うのが良いと考えます。なぜならサビが発生してしまうと、シャーシブラックの効果も半減していくからです。

また下廻り塗装を行うときは、予め下廻りを高圧洗浄機で洗浄することも大切です。泥汚れなどがついた状態の上に塗装しても、シャーシブラックは簡単にはがれてしまいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次