OBD車検と点検

OBD車検・検査とは?OBD点検との違いや対象車を解説

OBD車検・検査をご存知でしょうか?これからの車検はこの「OBD車検・OBD検査」というものに沿って行われるようになります。本記事では、OBD車検・OBD検査とはなにか、OBD点検とは異なるものなのかについて違いや対象車を交えて解説します。

OBD車検・検査とは?

OBD車検・検査

「OBD車検」「OBD検査」とは一体従来の「車検」と何が異なるのかご存知でしょうか?本項目では、「OBD車検・検査」とは一体どのようなもので、従来の「車検」と何が異なるのかを解説します。

OBDを使ったコンピューターによる検査

スキャンツール

「OBD車検・検査」とは、従来の車検検査に加えて車両に搭載されている「OBD(車両の自己診断システム)」のデータを読み取って、車両に不具合がないかを検査するものです。

従来より自動車ではその制御に非常に多くのECUが利用されており、それらのデータを一括で読み取る&自己診断を行うシステムとして「OBD」が利用されてきました。

OBD

近年では衝突軽減ブレーキやレーンアシストなどの安全装置も加わりより多くの情報をECUが保持するようになりました。これらのデータを「OBD車検・検査」で読み取り検査を行うことで、発現していない異常や見た目や音でわからない異常も発見できるようになります

「OBD車検・検査」が開始されると、車検を行う際にはOBDで取得したデータをオンラインで検査機構へ提出し、特定のエラーコード(特定DTC・ダイアグ)が検出される場合は当該部分を修理しなければ車検に通らなくなってしまいます。

開始時期

「OBD車検・検査」は本記事執筆を行っている2021年11月現在、2024年10月より開始とされています。ただし、輸入車は2025年10月となっています。なお、2021年10月からは導入に伴うテスト期間として運輸局への持ち込み車両かつ希望した車両に対して検査が始まっています。

また、開始時期は2024年10月となっていますが、すでにこれに伴う機器入れ替えや情報管理のための財源(技術除法管理手数料)として、2021年10月以降の車検では法定手数料が「400円」上乗せされています。

対象車

「OBD車検・検査」の対象車について解説します。今回、「OBD車検・検査」の対象となる対象車は、2021年10月以降発売の新型車です。

ここで注意したいポイントが「新型車(フルモデルチェンジした車)」という点です。つまり、これ以降に発売される「マイナーチェンジ」の車については対象外となります。

関連記事

自動ブレーキや自動運転機能が搭載された自動車が多くなり、自動車の「整備」の現場や制度にも変化が出てきました。 その中でも最も大きな変化は「特定整備」とそれにともなう「エーミング」という作業です。今回は「特定整備」や「エーミング」とは[…]

関連記事

「特定整備」を行っていく中で避けては通ることができない「エーミング」作業ですが、エーミング作業を行う際に必要な機器や工具をご存知でしょうか? 本記事では、特定整備を行なう中で必ず必要となってくる「エーミング」を行なうために必要な機器[…]

OBD点検とは?

OBD点検

前半では「OBD車検・検査」について解説してきました。ここで注意したいものとして「OBD点検」があります。「OBD点検」については2021年10月以降の法定点検ですでに実施されている点検になります。「OBD点検」について解説します。

スキャンツール・インジケータランプによる点検

チェックランプ

「OBD点検」は法定点検(12ヶ月点検)時に行われる点検です。点検内容としては、スキャンツールを用いてOBDからデータを取得して異常がないかを点検する内容となっています。

ただし、「OBD点検」ではインジケータランプ(警告灯)等による点検も認められていることより、実際には全数をスキャンツールで点検するのではなくインジケータランプで異常が認められた車両に対して、OBD接続を行って点検を行うといった運用になっていることがほとんどです。

「OBD点検」では取得したデータの送信などは行いませんが、異常が認められた場合にはそれらの修理が必要となります。

対象車

「OBD点検」の対象車は大型特殊、被牽引、二輪を除く、OBD接続が可能なほぼすべての自動車となります。現在使用されているほぼすべての自動車はOBD接続が可能なため、基本的に乗用車の場合は対象と考えましょう。

関連記事

整備要領書の確認に欠かすことができない「FAINES(ファイネス)」ですが、「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れない状態になってしまったときの対処法をご存知でしょうか? 「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れな[…]

OBD「車検・検査」と「点検」の違い

これまで「OBD車検・検査」と「OBD点検」について解説してきました。最後に、「OBD車検・検査」と「OBD点検」の違いについて見ていきましょう。どちらも似たような単語なので間違えないようにしましょう。

対象車による違い

「OBD車検・検査」と「OBD点検」それぞれの項目で解説したように、それぞれ対象車が異なります

OBD車検・検査2021年10月以降発売の新型車
OBD点検大型特殊、被牽引、二輪を除くほぼ全ての自動車
OBD車検・検査とOBD点検の対象車

2021年11月現在、「OBD車検・検査」の対象となる車は限られますが「OBD点検」はほぼ全ての車が対象となります。

内容の違い

「OBD車検・検査」と「OBD点検」は行う作業内容・手順についても異なる部分があります。はじめに、「OBD車検・検査」ではスキャンツールによるデータの取得が必須となります。これに対して「OBD点検」ではインジケータランプ等による点検も認められています。

また、「OBD車検・検査」では取得したデータの機構への提出が必要となります。それによってデータ(ダイアグ)に特定DTCが含まれていないかを判定して含まれている場合には、車検に取らなくなってしまいます。これに対して、「OBD点検」には「OBD車検・検査」のような機構へのデータ提出がありません。