【車内】スマホの「充電ケーブル」を「きれいに整理」する方法

今やスマホが生活に欠かせないアイテムの一つです。車内でもスマホは、音楽再生などで活躍してます。ここでは、快適なスマホ&カーライフに必要不可欠なスマホの充電ケーブルをきれいに整理するアイテムや方法を解説します。

車内使用「スマホ充電ケーブル」~端子種類~

USB規格

スマホを充電するためのケーブルは、メーカーや機種によって規格があります。ここでは、スマホ充電するケーブル規格を解説します。

Lightningケーブル

このケーブル規格は、Apple製の独自コネクタです。そのためiPhoneスマホだけでなく、iPadやiPodなどにも使用されています。Appleを使用している人には、馴染み深い形状ですが、使用していない人には余りイメージできないディテールかもしれません。

Type-Cケーブル

このケーブル規格は、比較的新しいAndroidスマホに採用されているものです。USB3.1に準拠した規格となっています。主にAndroidスマホに使用されていますが、近年ではApple製品でも使われているものもあります。Appleも採用し始めたことから、今度注目のコネクタ規格ではないでしょうか。

microBケーブル

比較的古めの規格になります。主にAndroid製品に使用されています。また、スマホだけでなくモバイルバッテリーやデジカメなど様々な機器で利用されています。このコネクタ規格の製品を所有している人は、日増しに少なくなって来ると思いますが、まだ使用している人も大勢います。

USBケーブル 3in1 充電ケーブル USB Type C ケーブル/ライトニングケーブル/Micro USB全機種対応 1.2m (ブラック)
DUXDUCIS

一般的な3種類のコネクタ規格を紹介しました。色々なシチュエーションを考えると、3種類のコネクタ規格のケーブルがあると便利という事ですね。

関連記事

車でスマホを充電していて、家で充電するよりも充電が遅いなと感じたことはないでしょうか? 実は、車やカーナビに標準装備されているUSBでスマホを充電すると、充電速度が遅くなってしまうことがあります。今回は、車でのスマホ充電が遅い時の原[…]

関連記事

車でのスマホ充電で最も重要視するポイントはなんでしょうか。多くの方が「速さ」と答えます。そこで今回は、スマホを車で急速充電可能な充電器を管理人が5選ピックアップしました!車でのスマホ充電のポイントと合わせてぜひ参考にしてください! […]

車内使用「スマホ充電ケーブル」~きれいに整理する方法~

汚い配線

スマホ充電ケーブルは、複数の端末を持っている場合コネクタ規格によって複数のケーブルを車内に収納している場合もあります。ここでは、そんなスマホケーブルをきれいに整理する方法などを解説します。

車内専用コードクリップ「両面テープタイプ」

ケーブルをきれいにまとめたい場合は、ケーブルクリップを使用するのが良いです。ケーブルを整理するクリップを両面テープで車の内装に這わすことでケーブルを絡まることなく、美しく整理できます。

車内専用コードクリップ「マグネットタイプ」

スマホケーブルが複数ある時は、まとめて整理できるケーブルクリップがきれいに整理できるのですが、両面テープ以外のものもあります

この商品は、マグネット式ですので設置場所を換えたいと思った時にも便利です。車種によりますがダッシュやセンターコンソールなどのスチール部であれば、好きな場所に設置できます。

ワイヤレス充電対応機種は、「ワイヤレス充電スマホホルダー」でスッキリ

これは、ケーブル整理とはチョット違うかもしれません。もし使用しているスマホがワイヤレス充電に対応している場合は、スマホホルダーにワイヤレス充電機能のあるものを購入すると、スッキリきれいになるのではないでしょうか。スマホホルダーから出ている電源線は、コードクリップなどで整理すればさらにきれいになります。

関連記事

ドラレコやレーダーなどの車載装備を見栄え良く、取り付けたいときには配線隠し・固定が必要です。 プロに頼めばきれいになりますが、DIYとして自分で取り付けたときには自分で配線隠し・固定を行う必要があります。そこで本記事では、配線隠し・[…]

車内使用「スマホ充電ケーブル」~乱雑にしないコツ~

スマホ充電ケーブルをきれいに整理するコツってなんでしょうか?ここでは、なるべくきれいに整理する方法を解説します。

使いやすく、きれいに見えるところで整理する

充電ケーブルを購入する前に、「どこに設置したら使いやすく、きれいに見えるか」を考える事が重要です。自分だけが使用できれば良いのか、助手席の人も使えるようにしたいのかなど、いろいろなシチュエーションを考慮して決めましょう。

また使いやすさだけでなく、電源取得(例えばシガー電源)する場所からきれいに配線処理できるかなどを熟考すると良いです。

電源取得場所から充電ケーブルの長さを決める

充電ケーブルは、色々な長さが販売されています。30㎝や50㎝、1.5mなど多数あります。電源を取得する所から設置したい場所まで、配線処理することを考え適切な長さの充電ケーブル購入をしましょう。長すぎると整理できなくなったり、短いと設置したいところに設置できなかったりします

また色も重要です。昨今では、白だけでなく黒、ピンク、青などが売っています。どの色が車内にシックリ来るか考えると良いでしょう。スマホは、現代では無くてはならない必需品と言えます。車内でスマホの充電ケーブルをきれいに整理する方法やアイテムを解説しました。ぜひ自分にあった方法を試してください。