Changerミラー型ドラレコ動作風景

【音声操作】「Changer製ミラー型ドラレコ」取り付け方法と性能

最近デジタルバックモニターを純正採用している車種も増えていますね。では普通のミラーしか採用されていない車種は、どうすればよいのでしょうか?ここでは、「Changer製ミラー型ドライブレコーダー」を取り付けることで普通のバックモニターをグレードアップできることを解説します。

【音声操作】「Changer製ミラー型ドラレコ」取り付け方法と性能 ~概要編~

Changerミラー型ドラレコ

ここでは、なぜ今回「Chenger製ミラー型ドライブレコーダー」を取り付けることになったのかや特長・仕様などを解説します。

Changer製ミラー型ドライブレコーダー取り付け理由

ランクル

今回ランクル100シグナスに、「Changer製ミラー型ドライブレコーダー」を取り付けました。取り付けた理由は、ユーザーが運転している最中に、後続車にコツンとぶつけられ、さらにその車が立ち去ってしまったからです

運転していた奥様は、車種もナンバーも確認できず泣き寝入りという結果です。一方旦那さんは、ランクルならデジタルバックミラーは格好良くなると思ったようです。

Changer製ミラー型ドライブレコーダーの特長や仕様

下記にこの製品の特徴を列挙します。

  • Sony415 センサー搭載、前後録画ドライブレコーダー
  • 大画面12インチタッチパネル、日本車(右ハンドル)仕様
  • 前後1080p録画可能
  • 日本語音声操作可能
  • 電波干渉対策済み

前後のドライブレコーダー機能が付いたデジタルバックミラーです。さらにボイス画像チェンジ機能が付いています

なお、商品には32GBのSDカードが付属しますが無名メーカーの怪しい中華SDカードですので、SDカードは別途信頼できるドラレコ用のものを用意することをおすすめします

【音声操作】「Changer製ミラー型ドラレコ」取り付け方法と性能 ~設置編~

Changerミラー型ドラレコ動作風景

ここでは、「Changer製デジタルバックミラー」の簡単な取り付け手順を解説します。

バックカメラ設置と配線処理

Changerミラー型ドラレコ取り付け

まずは、バックカメラを設置します。防水のため外にも設置できますが、ユーザー希望によりガラスの中から映したいとのことで、今回はリヤガラスの中から外に向けて設置します。

トリム内の配線をフロントピラー部まで埋込ながら処理していきます。結構太い配線ですので、とりあえず今回は簡易処理で進めていきました。後でトリム内にきちんと処理しています。

GPSアンテナの設置と配線処理

Changerミラー型ドラレコGPS

もう一つGPSの設置と配線処理があります。このランクル100シグナスでは、すでにナビのGPSが助手席側にあったので、運転席側に設置し、ピラー部からルーフに配線処理しています。

「Changer製ミラー型ドライブレコーダー」だけではないのですが、こういったミラー型ドライブレコーダーでは配線数が多い傾向です

バックカメラの配線、電源の配線、GPS配線があります。最終的にルーフトリムにインストールするのですが、結構大変です。

Changer製ミラー型ドライブレコーダーの取り付け

Changerミラー型ドラレコフロントカメラ

ここで問題発生です。ランクル100シグナスの純正バックミラーは、他の車種よりも幅が長かったのです。ユーザーは、そこに気づいて無かったようです。

カメラ部分が運転席側から出ています。

Changerミラー型ドラレコ取付部

助手席側を見ると、純正ミラーがはみ出してます。今回は、すでに購入してしまっているので、ユーザー了解のもと作業を進めていきます。

こういう結果の可能性がある場合は、下記のような商品をチョイスするのが良いでしょう。

フロントカメラと本体(バックミラー部分)が分離している商品。

フロントカメラ部分がスライドすることで、全幅がバリアブルになる商品。

配線処理作業が結構大変であったため、取り付け手順の画像撮影が少なくなってしまいました。ミラー型ドラレコの取り付け手順はどの機種もほぼ同じなので詳細は、下記の記事でチェックください。

関連記事

中華メーカーRROOTが発売する「HYM-GS350」というミラー型ドライブレコーダーを実車へ実際に取り付けた際の取り付け方法、製品のレビューについて紹介します。RROOTの「HYM-GS350」やその他ミラー型ドライブレコーダーの導入を[…]

HYM-GS350

【音声操作】「Changer製ミラー型ドラレコ」取り付け方法と性能 ~動作編~

Changerミラー型ドラレコ音声操作

ここでは、「Changer製ミラー型ドライブレコーダー」の稼働・性能チェックなどをしていきます。

Changer製ミラー型ドライブレコーダーの基本稼働チェック

Changerミラー型ドラレコ全貌

しっかりバックを映し出してくれます。基本的な機能や動作は問題なさそうです。後は、説明書を見ながら色々な機能をチェックしていきます。

前後の投影・録画が可能です。一般的ドラレコとしてスタンダードな1080pフルHDによる録画が可能ですおんで、ドラレコとして十分に活用できます

外から見たChangerミラー型ドラレコ

チョット気になって、外に出て撮影したのですが、ランクル100シグナスは、ブルーラインがフロントガラス上部にあるので目立ちませんが、純正ミラー裏がベージュなので、取り付け感が出てしまっています

関連記事

現在のドライブレコーダーで使われている解像度には、主に「720p」「1080p」「1440p」の3種類があります。 それぞれの解像度でどれくらい画質に差があるのかご存知でしょうか?ドライブレコーダーの解像度における「720p」「10[…]

関連記事

ドライブレコーダーの映像を直接iPhoneに保存できることをご存知でしょうか? iPhoneで利用可能な、カードリーダーがあればワイヤレス機能がないドライブレコーダーでも、直接iPhoneに映像を保存できるのです。今回はこの方法を使[…]

【ドラレコ】iPhoneに直接ドライブレコーダーの映像を保存する方法を動画つきで紹介

Changer製ミラー型ドライブレコーダーは、音声認識切り替え可能

今回は、「Changer製ミラー型ドライブレコーダー」で「音声切り替えできる機能」が付いているところが、非常に気になっていました。

上記動画撮影をしたのですが、きちんと音声認識してくれます。これは凄い機能ですね。タッチパネルでも操作できますが、音声でできるのは楽でした。画面も汚れません

Changer製ミラー型ドライブレコーダーの注意点

ミラー型ドライブレコーダーは、けっこう配線が沢山あります。ルーフトリムに収納する際は工夫しながら行わないと、配線がはみ出すこともあり得ます

また純正ミラーサイズをきちんと図ってから商品購入しないと、少し格好悪い感じになります。

さいごに、40代の筆者が若いころは、デジタルバックミラー(多機能)という商品が出てくることも予想していませんでした。せいぜいワイドミラーがあったくらいです。

「Changer製ミラー型ドライブレコーダー」を取り付けしてみて、非常に便利な機能が豊富です。さらにきれいに映像投影・録画してくれます。皆さんも取り付けてみると良さがわかるのではないでしょうか!