「車」のグレード検索を行う方法をメーカー別に一覧で紹介!

PC

「車」の販売や下取り時に自分が乗っている車のグレードがわからないといったトラブルでお困りではないでしょうか?車のグレードは型式などで判断しづらい項目です。

そこで活用したいのがメーカー各社が提供しているグレード検索サービスです。本記事ではメーカー各社のグレード検索サービスを一覧で紹介します。

「車」のグレード検索はWebで完結!

国産車のほとんどのメーカーは車のグレード検索を「Web」で行うことができます。利用は無料のためだれでも簡単に検索可能です。

国産車各社は検索サービスを公開

トヨタをはじめとして国産車各メーカーはWebで自社製造車のグレード検索機能を提供しています。外車の場合はそのようなサービスはないためメールや電話で問い合わせを行うことになります。

車台番号が必要

車のグレード検索を行う際に必要となってくる情報が「車台番号」です。車台番号は各自動車メーカーが製造した車に対してユニークにつける一位のシリアル番号のような物です。

この番号は被ることはないので車台番号を各メーカーのグレード検索ページに入力することで製造時の対象車のグレードを特定できます。

関連記事

自動ブレーキや自動運転機能が搭載された自動車が多くなり、自動車の「整備」の現場や制度にも変化が出てきました。 その中でも最も大きな変化は「特定整備」とそれにともなう「エーミング」という作業です。今回は「特定整備」や「エーミング」とは[…]

関連記事

自動車の点検や整備では様々な工具を利用しています。自分で車を触ったことが無い方や興味のない方にとっては聞き馴染みのない工具も多数です。 そこで今回は、これだけは覚えておきたい自動車の点検や整備で使うことができる各種工具の「種類」と「[…]

「車」のグレード検索前の「車台番号」確認方法

前述の通り、車のグレード検索には「車台番号」が必要です。「車台番号」を調べる方法を紹介するので参考にしてください。

「車検証」で確認

車検証の車台番号

車検がある車であれば車台番号は「車検証」に記載されています。そのため、グレード検索を行う際にはあらかじめ車検証を確認してみましょう。

「車両」で確認

車台番号

様々な事情により車検証のない車も多く存在します。車検証がない場合には車両に直接刻印されている車台番号を確認します。

車体にはエンジンルームや運転席底面に車台番号が刻印されているほか、ポーションプレートと呼ばれるプレートでも車台番号が記載されています。基本的には前者の車体に直接刻印されている車台番号を確認しましょう。

関連記事

整備要領書の確認に欠かすことができない「FAINES(ファイネス)」ですが、「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れない状態になってしまったときの対処法をご存知でしょうか? 「FAINES(ファイネス)」で整備要領書が見れな[…]

「車」のグレード検索ページ「メーカー別」一覧

車台番号の確認ページはメーカー各社で別々のため自分の車に合わせて利用するサイトを選択しなければいけません。そこで本記事ではメーカーごとにグレード検索を行えるページへのリンクを一覧でまとめました。

メーカー別検索ページ一覧

国産車メーカー各社のグレード検索ページへの一覧表です。自分の車のメーカーに合わせてご利用ください。メーカー名をクリックすれば各ページへアクセスできます。

トヨタホンダ三菱
ダイハツスバル
日産マツダ

検索方法

国産車メーカー各社が提供しているグレード検索機能の使い方はメーカーごとに若干の違いはあるものの基本的には同じです。そこで本記事では代表として、トヨタ車のグレード検索機能を使って方法を説明します。

トヨタグレード検索

各メーカー検索ページへアクセスして、利用規約に同意します。

車台番号入力

車台番号を入力してください。

グレード検索結果

グレードが表示されます。

「車」のグレード検索注意点

メーカー各社が提供しているグレード検索機能を使う際にはいくつか注意しておきたいポイントがあります。これからグレード検索の注意点について解説するので参考にしてください。

古い車は検索できない

各社が提供しているグレード検索機能は現行車両はもちろん、現在登録されているほとんどの車はグレード検索が可能です。

しかし、メーカーにより若干の違いはあるものの2000年代前半よりも古い車になると検索しても情報が見つからない可能性があります。

例として、トヨタでは1999年以降の車をWebでグレード検索できますが、それよりも前の旧車と呼ばれるような車はグレード検索しても車両が登録されていないため、グレードは表示されません。

グレード検索機能で検索できなかった車について、どうしてもグレードを特定したければメーカーに問い合わせを行うか、整備振興会の「FAINES」などから整備要領書などを取り寄せてグレードを特定しなければいけません。

ディーラー、ユーザー取り付け品は表示されない

グレード検索機能で表示されるグレードはあくまでもメーカーがその車両を製造したときの車台のグレードです。そのため、ディーラーや個人で装備を追加したりした場合には当然ですがグレード検索でその装備等は表示されません。