「車」で使えるおすすめ仮眠・休憩グッズを紹介!

平日の昼休みや長距離ドライブ中での、車内での仮眠・休憩をより快適にする便利グッズを紹介します!車内のスペースは限られています。

限られた車内のスペースでより快適に仮眠や休憩をとることができる便利グッズを3つのポイント毎に紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

おすすめ仮眠・休憩グッズ「車内の日差し・目線対策」

車内での仮眠・休憩で気になるのが、日差しや車の周りを歩く人からの目線です。車内でのんびりと仮眠・休憩するには日差しや目線の対策は欠かすことができません。

夏場以外にも大活躍「サンシェード」

「サンシェード」はすでに利用している方も多い、遮光アイテムです。フロントガラスに吸盤で取り付けることができます。

車で最も日差しが差し込みやすいフロントガラスを塞ぐことで、車内への日差し、温度上昇、外からフロントガラスを覗いた時の目線をカットしてくれます。仮眠・休憩に最も重要なグッズとも言えます。

日差しと目線をカット!「マグネット式カーテン」

サンシェードと合わせて用意したい便利グッズが「マグネット式カーテン」です。「マグネット式カーテン」は磁石の力で、運転席や助手席、後部座席のサイドの窓に取り付けることができます。

大前提として、運転席・助手席の窓は運転中カーテンなどで遮蔽してはいけません。保安基準でもフィルム等の透過率として定められております。そのため、仮眠・休憩時のみ使用でき簡単に取り外しが可能なマグネット式カーテンを利用します。

おすすめ仮眠・休憩グッズ「車内での疲労軽減」

車内は自宅のベッドとは異なり、基本的に運転のために設計されています。そのため、より快適に仮眠・休憩を行って疲労を軽減するにはいくつかのアイテムが有ると便利です。

あると無いとでは大違い「U字枕」

U字枕とは、長距離バスや飛行機で利用されることが多い枕のことです。車のヘッドレストは運転中は快適ですが、仮眠時には首の支えなどがなく不便です。U字枕があれば首をしっかりと固定できて快適に仮眠をとることができます。

長時間座っても疲れない「座布団・座椅子」

車の座席は快適に運転できるよう、ある程度反発力があります。そのため、快適に仮眠・休憩したいときにはより、ふかふかとした座り心地・寝心地が良い座布団や座席における座椅子を用意すると便利です。

車中泊にもおすすめ「アウトドアマット」

ワンボックスカーやステーションワゴン車ではリアシートを倒すことで、人が完全に寝転がることができる車両も多くあります。

しかし、それらの車両ではフラットにできても多少の段差があり、そのままでは仮眠・車中泊で疲れを癒やすことはできません。

この段差を吸収してくれるのが、アウトドア用のマットです。車中泊用マットも多く発売されていますが、キャンプなどで利用されるアウトドアマットがコンパクトに畳むこともできて非常に便利です。

関連記事

車でスマホを充電していて、家で充電するよりも充電が遅いなと感じたことはないでしょうか? 実は、車やカーナビに標準装備されているUSBでスマホを充電すると、充電速度が遅くなってしまうことがあります。今回は、車でのスマホ充電が遅い時の原[…]

関連記事

車でのスマホ充電で最も重要視するポイントはなんでしょうか。多くの方が「速さ」と答えます。そこで今回は、スマホを車で急速充電可能な充電器を管理人が5選ピックアップしました!車でのスマホ充電のポイントと合わせてぜひ参考にしてください! […]

おすすめ仮眠・休憩グッズ「車内環境対策」

車内の環境は常に外(車外)の環境に影響されます。そのため、車内で仮眠・休憩を快適に行うには自分が車内の環境に合わせて対策する必要があります。

寒い時期には必須「毛布・ブランケット」

寒い時期、エンジンを止めていると車内の温度は急激に低下します。そのため、寒い時期の仮眠や休憩には毛布やブランケットを常備しておくと温度調整が容易で便利です。

足を休める「サンダル」

靴を履いた状態では仮眠・休憩を快適に行うことはできません。しかし、裸足になるのには抵抗があります。そのため、車内には仮眠・休憩用に「サンダル」を常備しておくと便利です。

暑い夏場について

車内の環境で最も対処が難しいのが「暑さ」です。特に夏場では平気で車内の温度は40度を超えます。これでは快適な仮眠・休憩はできません。むしろ脱水症状や熱射病になるかもしれません。

夏の暑さの中では、サンシェードやカーテン、窓を開けるなど対策を行っても限度があります。夏の炎天下で車内で仮眠・休憩を行う際には燃料は消費しますが、迷惑のかからない場所で、エンジンをかけてエアコンを利用することをおすすめします。

おすすめ仮眠・休憩その他便利グッズ

車での仮眠・休憩をより快適に行うための3つのポイント毎に便利グッズを紹介してきました。最後にこれら3つのポイント以外でも様々な場面で役立つ便利グッズを紹介します。

軽食・作業に「ステアリングテーブル」

「ステアリングテーブル」とは、必要なときのみハンドルに取り付けることができる簡易テーブルです。休憩時の食事やちょっとしたPC作業などに最適です。

夜間に活躍「ランタン・ライト」

車内にはルームランプがありますが、夜間場所によってはルームランプの光が届かない場所が多くあります。「ランタン・ライト」を常備しておくことで、夜間の仮眠・休憩時や暗がりでの荷物の出し入れに重宝します。

スマホを充電「モバイルバッテリー」

燃費や環境的な観点から車での仮眠・休憩時はエンジンを切っている方が多いかと思います。

エンジンを切っている状態だと車内のシガーソケットなどから電源を取るスマホ充電器は使えません。そのためモバイルバッテリーを常備しておくことで対応できます。

何かと使える「ウェットティッシュ」

車内での仮眠・休憩時に限らず、様々な用途で役立つのが「ウェットティッシュ」です。車内で軽食を取る際や思わずシートを汚してしまった時に活躍します。