【プロボックス NCP165V】「バッテリー」交換方法・注意点

プロボックス NCP165V(以下プロボックス)は、日本の働くバンモデルとして人気の車種です。ドライバー目線に立った車内空間は、車の中でも色々な作業ができる工夫もされています。本記事では、プロボックスのバッテリー交換方法や注意点を解説します。

目次

【プロボックス NCP165V】「バッテリー」交換方法・注意点 ~おすすめバッテリー

プロボックスのバッテリー

プロボックスには、どのようなバッテリーが搭載されているのでしょうか?バッテリー適合とおすすめバッテリーを説明します。

【プロボックス NCP165V】の適合バッテリーは?

プロボックスのバッテリーは、標準と寒冷地でバッテリーサイズが違います。また充電制御車用バッテリーを搭載しています。

車名・型式・駆動標準寒冷地
プロボックス・DBENCP165V・4WD46B24L55D23L
プロボックス・DBENCP165V・2WD46B24L55D23L

【プロボックス NCP165V】のおすすめバッテリーは?

標準搭載のバッテリーは、46B24Lです。少しグレードアップしたバッテリーを搭載すると安心です。上記70B24Lも46B24Lと同じ大きさであり使用可能です。

寒冷地では、55D23Lが採用されています。BサイズとDサイズのバッテリーは、端子の大きさが違うので、適合確認を注意しましょう。55D23Lは販売数が少なく高価な場合があるので、アップグレードした100D23Lなどがおすすめです。

あわせて読みたい
車のバッテリー寿命は突然に!前兆や交換の目安時期を解説 皆さんは、バッテリー上がりしたことがあるでしょうか?バッテリー上がりすると、かなり焦ってしまいます。バッテリー寿命は、突然来ることが多いのも現実です。本記事...
あわせて読みたい
車のバッテリー上がりの「原因」と「やってはいけない」こと バッテリー上がりの「原因」には、どのようなことがあるのでしょうか?単純にバッテリーが原因である場合もありますが、そうでないケースもあり得ます。バッテリーが上...

【プロボックス NCP165V】「バッテリー」交換方法・注意点 ~交換方法~

プロボックスのバッテリー交換手順

ここでは、プロボックスのバッテリー交換手順などについて解説します。

【プロボックス NCP165V】の搭載場所は?

プロボックスのバッテリーは、エンジンルーム内の助手席側に横向きで装備されています。

【プロボックス NCP165V】にはメモリーバックアップが必要

OBD端子でバックアップ

プロボックスは、働く車として非常に便利なモデルです。NCP165Vの場合は、アイドリングストップなどがないモデルです。

ただし、今までECUが学習してきたエンジン稼働などがリセットされてしまい、調子が悪くなる可能性があります。OBDⅡは、フット式サイドブレーキの上にあります。

ナビやエンジンスターターなどの再設定も必要になりますので、メモリーバックアップを取得することを推奨します。

【プロボックス NCP165V】のバッテリー交換方法

ステーの取り外し

バッテリー固定ステーを取り外します。10㎜のメガネレンチで作業できます。ここでは、板ラチェットを使用しました。

created by Rinker
トネ(TONE)
¥1,445 (2024/07/23 10:40:45時点 Amazon調べ-詳細)
マイナスターミナル取り外し

マイナス端子を外します。10㎜のメガネレンチで緩めます。プロボックスのバッテリー交換では、10㎜パーツで統一されていますので、余り迷うことなく作業できるでしょう。

プラスターミナル取り外し

バッテリーのプラス端子も10㎜のメガネレンチで作業できます。新しいバッテリーに交換したら、外した時と逆の手順で作業すれば終了です。

【プロボックス NCP165V】「バッテリー」交換方法・注意点 ~注意点~

プロボックスのバッテリー交換の注意点

プロボックスのバッテリー交換で注意した方が良い点を解説します。

55D23Lは重たいので慎重に取り扱う

寒冷地仕様のバッテリーは、55D23Lです。約15㎏程の重量があります。結構重たいバッテリーです。

落として怪我したり、バッテリーを破損させたりしないようにしっかり作業しましょう。

【プロボックス NCP165V】のバッテリー交換で必要な工具は?

プロボックスのバッテリー交換で必要な工具は、

  • メモリーバックアップ電源ツール
  • 10㎜のメガネレンチ

上記の工具で作業可能ですが、10㎜板ラチェットや10㎜ソケット+ラチェットがあると作業が楽でしょう。

created by Rinker
トネ(TONE)
¥1,445 (2024/07/23 10:40:45時点 Amazon調べ-詳細)

また寒冷地の方は、重たいバッテリーを落とさないための工夫することをおすすめします。

created by Rinker
ストレート(STRAIGHT)
¥1,935 (2024/07/23 16:37:02時点 Amazon調べ-詳細)

普通の軍手は、非常に滑りますのでバッテリー交換に適しません。

created by Rinker
スリーエム(3M)
¥679 (2024/07/23 16:37:02時点 Amazon調べ-詳細)

滑り止めの付いている手袋などを使用すると安心でしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次