【ワゴンR MH23S】フロントリップをDIY修理してみた!

このMH23SのワゴンRには、フロントリップスポイラーが装備されていました。しかしながら、破損していて装着できない状態でした。そこで本記事では、ワゴンRのフロントリップをDIY修理しながら、修理のポイントや注意点などについて解説してみます。

スポンサーリンク

【ワゴンR MH23S】フロントリップをDIY修理してみた! ~バンパー本体修復~

バンパー修理

フロントリップスポイラーが破損しているだけでなく、バンパー本体側も破損がありました。

バンパー修理は外して作業が一番やりやすい

バンパー取り外し

バンパー本体だけでなく、リップスポイラーなどの作業をする際は、外して作業する方が効率も良く、仕上がりも良くなると考えます。

バンパー本体も割れていたので修理する羽目に

バンパーの割れを修理

バンパー本体は、リップスポイラーが取り付けられる部分に亀裂などが入ってしまい、フロントリップが取り付けられない状況になっていました。

ここでプチ情報なのですが、瞬間接着剤と重曹を使用することで、強度の高い接着が可能となります。割れなどの場合は、こういった方法を試してみてください。

【ワゴンR MH23S】フロントリップをDIY修理してみた! ~リップ部修復~

リップ部修復

ここでは、フロントリップを修復する作業を簡単に説明します。

割れを補修してパテ、サフ、塗装を行う

塗装する
  1. 基本的な作業は、割れたり欠けたりしてしまった部分を修復
  2. パテを使いなるべく平らにします
  3. バンパープライマーを塗布
  4. サーフェーサーを塗布
  5. 本塗りを行う
  6. クリア塗装する
関連記事

筆者在住の場所は、かなり雪が降る豪雪地域です。雪の影響でバンパーがバキバキに割れてしまった車の修理をお願いされました。バキバキに割れてしまったバンパーは、DIYで修理できるのでしょうか?本記事では、DIYでバンパー修理する方法やツールなど[…]

今回の修復作業は、時間の関係で2名分業となりました。そのため詳しい画像が少なくなってしまいました。上記の記事でスポイラー修復や塗装の詳細を記載していますので、こちらも参考にしてみてください。

バンパー本体とフロントリップを合体させる!

バンパーとリップを合体

無事にフロントリップが装着できました。

ボルト留めに変更

MH23SワゴンRのフロントリップは、純正状態でも外れやすい部類のパーツだと感じます。今回は、クリップなどで止まっている部分にクリップを使わず、ネジ止めとさせていただきました。

関連記事

皆さんは、車のバンパーなどを傷つけてしまったりした時、どのように直していますか?一般的には、板金したり新しい物に交換したりすると思います。筆者は、折角直すのであれば、どうにかしてDIYできないかと考えました。今回は、DIYでも作業できるの[…]

関連記事

車の外装パーツには、エクステリアと同じ塗装が施されている樹脂パーツと、未塗装で黒い樹脂パーツが使われてる部分があります。黒い樹脂パーツは、紫外線や経年数で劣化していき、白っぽくなります。これが車を古ぼけさせる原因の一つです。本記事では、黒[…]

【ワゴンR MH23S】フロントリップをDIY修理してみた! ~ポイント~

修理のポイント

ここでは、プラスリック素材であるフロントリップをDIY修復する際のポイントなどについて解説します。

割れたところはしっかり直さないとまた壊れる

created by Rinker
セメダイン(Cemedine)
¥1,255(2024/02/26 14:31:42時点 Amazon調べ-詳細)

バンパー補修方法には、色々な作業方法があると思います。先述した瞬間接着剤と重曹というのも一つの方法です。また、ホッチキスのような素材で接着する方法もあります。

どういった方法で修復するにしても、しっかり直すことが大切です。それは、しっかり直さないと、そこから又破損してしまう可能性が高いためです。

DIYで作業する場合では、100%完璧というのはなかなか難しい修復だと感じます。ただ成功するカギは、しっかり直して塗装前の下地つくりを丹念に行うことで成功確率が上がると考えます。

MH23SワゴンRの牽引フックカバーはすでにバックオーダー

牽引フックのカバー

このワゴンRだけではないのですが、牽引フックをつけるための化粧カバーは、高確率で外れて無くなってしまう車が多いと思います。例えば、少し雪山などに接触しても外れてしまいます。

今回このカバーを注文したのですが、すでにバックオーダーとなっていました。しかも未塗装の商品しか取り扱いがなくなっていました。

ユーザーの方が、カバーを注文するということは、必ず塗装が必要になるということです。

バックオーダーということは、そもそも納期がかかるということにもなります。オーダーしてから10日くらいで到着しました。未塗装でしたので、同じカラーでDIY塗装してあげました。