バキバキに割れてしまったバンパーってDIY補修できるの?

筆者在住の場所は、かなり雪が降る豪雪地域です。雪の影響でバンパーがバキバキに割れてしまった車の修理をお願いされました。バキバキに割れてしまったバンパーは、DIYで修理できるのでしょうか?本記事では、DIYでバンパー修理する方法やツールなどについて紹介します。

目次

バキバキに割れてしまったバンパーってDIY補修できるの? ~準備品~

バンパー補修の部材

いくらDIYでバキバキのバンパーを直すとしても、必要なツールなどは購入しないとなりません。ここでは、用意するべきツールなどについて解説します。

バンパー補修ツール

バンパーに擦り傷などが付いた場合は、上記のようなツールはいらないと思います。今回は、バキバキに割れてしまったケースなので、上記のようなツールを用意すると綺麗に直しやすくなります

割れを埋めるパテとサンドペーパーを用意

created by Rinker
Holts(ホルツ)
¥1,036 (2024/04/24 15:53:20時点 Amazon調べ-詳細)

バキバキに割れたり、擦り傷になったりした場合は、バンパー用のパテを購入すると良いでしょう。また新聞紙やマスキングテープもある程度の量があると作業が進みやすいです。

塗装材料をその車に合わせて購入

最終的に塗料を塗ることになります。バンパーの場合は、バンパー用のプライマーやサーフェーサー、同じ色番号のスプレー、クリアスプレーなどを購入する必要があります。

あわせて読みたい
POWER SPEED BONDの威力は?実際に試してみた! 皆さんは、POWER SPEED BONDという商品を聞いた事がありますでしょうか?車は、樹脂パーツを多く使用しています。経年劣化や接触などで破損することもありえます。本記...

バキバキに割れてしまったバンパーってDIY補修できるの? ~補修手順~

現状確認

一般的には、「バキバキに割れてしまったバンパーは、新品バンパーに取り替えましょう」とディーラーなどでは薦められると思います。

多分色付きバンパーだと50000円〜100000円程すると思います(軽自動車)。そこで何とか直らないかと熟慮したいのは、人の常だと思います。

バンパー補修ツールでバキバキに割れた部分をツールで接合

バンパーリペアキット

先程紹介したバキバキに割れてしまったバンパー補修ツールです。熱を加えることでバンパーを溶かしながら針金のようなパーツで接合していきます。

割れを結合したバンパー

バキバキに割れたバンパーが見事に接合されていきます。今回の車は、こういったバキバキ割れが複数個所ありました。全てこのツールで接合していきます。

バンパー裏側から接合することが大切です、注意しましょう。

パテを塗ってサンドペーパーで削り下地を作る

下地作り

接合が無事に終わったら、バンパー表側の傷部分周辺塗装をしっかり落としていきます。これは、パテを盛るための下地処理となります。240番程度のサンドペーパーで落とせるでしょう。

パテを盛る

バンパーにパテを盛り、乾いたら平らになっていくまで綺麗に削ってあげます。ここは、時間をかけてきれいに仕上げましょう。

プライマー・塗装・クリアを行う

プライマー吹付け

プラスチックは、鉄素材とは違い、PPでできていて塗料が密着しづらい素材です。そのため、密着性をあげるためにバンパープライマーなどを塗布します。

専用カラーを用意

今回補修するバンパーのカラーは、ホームセンターなどで簡単に買える色ではありませんでした。そのため、スプレーを特注で作ってもらうことにしました。

作業前養生

作業する前に、塗装などがかかってほしくない場所に新聞とマスキングテープを使用して養生します。

養生が終了したら、600番ほどのサンドペーパーでバンパー全体に足付け作業していきます。

足付け作業

それでは塗装していきます。このバンパーサイズであれば、スプレー缶一本で作業できそうです。

塗装工程
  • バンパープライマーを塗布します。
  • カラー塗装を3回くらいに分けて行います。
  • 乾かしたら、クリア塗装を行います。
塗装完了

全ての作業が終了しました。クリアもしっかり塗布されているので、作業的には良い仕上がりだと思います。

ところどころザラツキがある場合は、3000番のペーパーやコンパウンドなどで磨いてあげると綺麗になります

仕上がり確認

DIYでも上記のような補修までは出来ました。

バキバキ割れたバンパー修復に必要な費用は?

  • バンパー補修ツール3000円
  • 塗料代が三種類で4000円
  • パテ代1000円
  • シンナー(油脂取り)500円
  • マスキング代100円
  • サンドペーパーセットが200円
  • その他ショートパーツが1000円

大体の材料費が9800円となりました。これ以外のものが必要だとしても15000円くらいで補修可能だと考えます。板金塗装屋さんに頼むと、バンパー一本塗るのに30000円ほどはかかると思います。割れているとそれ以上になる場合もあります。

今回修復に必要だった時間は、大体5時間ほどでした(塗装を乾かす時間は除き)。

あわせて読みたい
【フロントバンパー破損】交換作業と注意点を解説! 「車が雪山にぶつかりフロントバンパーが破損した!」という連絡が入りました。フロントバンパーが破損すると、どういった問題が発生するのでしょうか?本記事では、フ...
あわせて読みたい
【DIY作業】バンパーを一周板金塗装してみる!DIYでは難しいのか!? 皆さんは、車のバンパーなどを傷つけてしまったりした時、どのように直していますか?一般的には、板金したり新しい物に交換したりすると思います。筆者は、折角直すの...

バキバキに割れてしまったバンパーってDIY補修できるの? ~補修ポイント~

補修のポイント

ここでは、DIYでバキバキに割れたバンパーを修理する際のポイントを紹介します。

とにかく焦って作業しないことが大事

修理する場合は、とにかく焦って作業を進めないことが大事です。急がば回れです。慌てて作業すると、大体綺麗にならない作業になります。注意しましょう。

割れたバンパーは板金屋さんでも使用の専用補修ツールが吉!

最初に紹介した割れたバンパー補修ツールは、板金屋さんでもかなり前から使用されているツールです。

かなり汎用性が高く、塗装するのにも塗装しやすい修復ができます。こういったツールがあるから、プロも仕上がりが良くなります。プロが使用しているツールを使うことが綺麗に仕上げるコツでもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次