【スズキ】「K6Aエンジン」オイル・オイルフィルター交換

スズキ軽用エンジンには、K6Aというエンジン型式があります。同エンジンは、アルミダイキャストで軽くできていました。約25年製造され、スズキの代用的なエンジンです。本記事では、このK6Aエンジンのオイルとオイルフィルター交換手順などを解説します。

目次

スズキK6Aエンジンのオイル交換手順

K6Aエンジン ドレンとフィルタ位置

ここでは、K6Aエンジンのオイル交換について解説します。

ドレンボルトからオイルを抜く!

K6Aエンジン ドレン

K6Aのエンジン、とくにワゴンRやスペーシア、アルトなど乗用タイプのモデルは、ほぼ同じエンジン配置になっています。ほぼ同じ要領で作業できると言えるでしょう。

ちなみにドレンボルトは、リア側に向いています。オイルが抜けやすい(ジャッキで前からあげた際)向きになっていると考えます。

K6Aエンジン オイルを抜く状態

17㎜のメガネを使用し、ドレンボルトを外してオイルを抜いていきます。比較的長めのドレンボルトが付いています。

ドレンボルトを締めてオイルを注入

K6Aエンジン オイル注入

オイルが抜き切れたら、ドレンボルトを締めなおして、オイルを注入すれば、オイル交換は終了です。K6Aエンジンのオイル交換時のオイル量は、2.7Lとなっています

オイルエレメント交換もする際は、ドレンボルトからオイルを抜いている最中にオイルエレメント交換も行う事となります。

あわせて読みたい
【オイル交換】「フィルターレンチ」の種類と選び方 車に必要不可欠なオイル交換。また、オイルだけでなくオイルフィルターの交換も必要です。このオイルフィルターを交換する時には、フィルターレンチが必要になります。...
あわせて読みたい
【エンジンオイル】役割と粘度ごとのメリット・デメリットを解説 エンジンオイルは、車にとって非常に重要に大切なオイルです。車を所有している方は、オイルの重要性や役割、オイルの粘度特性などに詳しい方も居ると思います。本記事...

スズキK6Aエンジンのオイルフィルター交換手順

K6Aエンジン フィルタ交換

K6Aエンジンのオイルフィルター交換手順やポイントを解説します。

65㎜のカップがピッタリ!

created by Rinker
(株)グリフィン
¥1,980 (2024/05/19 14:47:55時点 Amazon調べ-詳細)

K6Aエンジンのオイルフィルターは、フロントバンパーの後ろあたりに下向きについています。先代エンジンのF6Aは、エンジン前側横についていて、ナンバープレートを外す必要がありましたが、K6Aは必要ないので、楽な場所についているでしょう。

エンジンオイルフィルターを外す際は、65㎜のカップがピッタリです。購入しておくと良いでしょう。

オイルフィルター交換を行う!

created by Rinker
ピットワーク(Pitwork)
¥1,500 (2024/05/19 16:55:50時点 Amazon調べ-詳細)

オイルフィルターを外すと、オイルが結構漏れてきます。周りや手などを汚さないように作業しましょう。

created by Rinker
AZ(エーゼット)
¥1,095 (2024/05/19 14:47:56時点 Amazon調べ-詳細)

オイル交換作業では、上記のようなブレーキクリーナーやウエスは必須のアイテムです。しっかり準備しておくと良いでしょう。

オイルフィルターのパッキン部分には、オイルを塗布して締め付けるようにしましょう。新品オイルフィルターには、ねじれ防止オイルが塗布されているものもありますが、全くされていないものもあります。

あわせて読みたい
エンジンオイル交換後の捨て方を解説! 皆さんは、エンジンオイル交換後の捨て方をどのようにされているでしょうか?間違っても敷地や周辺にポイ捨てしてはいけませんよね。ではどのように捨てるのが良いでし...

スズキK6Aエンジンのオイルとオイルフィルター交換手順(ポイント)

K6Aエンジン オイルフィラー

スズキK6Aエンジンのオイルとオイルフィルター交換でのポイントを紹介します。

オイル管理が悪いとエンジン内部はかなり汚い

K6Aエンジンは、ボア(内径)68.0㎜×ストローク(行程)60.4㎜の容積比になっているので、ショートストロークエンジンです。高回転型エンジンといえます。

街中でチョロチョロ運転を繰り返して、且つエンジンオイル管理が悪いと、エンジン内部がかなり汚れます。またアルミダイキャスト製のエンジンは、鋳鉄製よりも強度的には弱いと感じます。

オイル管理が悪く、内部が汚れているケースでは、フラッシングや添加剤などでエンジン内部を洗浄することも効果的です。

K6Aエンジンのオイルパンはアルミ製!?

K6Aエンジンのオイルパンは、アルミ製で出来ています。そのため鉄製のようにドレンボルトを強く締め付けてしまうと、直ぐにネジ山を舐めてしまいます。

トルクのかけ方には、十分注意しましょう。実は、過去(20年前)に筆者も知らないで作業してしまい、オイルパン交換に進展したことがあります。

オイル交換をするだけなのに、オイルパン交換が必要になってしまうと本末転倒です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次