【スバル レガシィ】エンジンオイルとフィルターをDIY交換

スバルレガシィを大事に乗ってる方から、エンジンオイルとフィルター交換の依頼が来ました。ずっと大切にしていることから、交換には出来る限りの注意をしました。本記事では、レガシィのエンジンオイルとフィルター交換しながら、注意点などについて細かく解説します。

目次

スバルレガシィのエンジンオイルとフィルターをDIY交換【抜取り編】

レガシィエンジンルーム

まずは、レガシィのエンジンオイルとフィルターをDIY交換していきます。ここでは、オイルの抜き方やフィルターの外し方もお話しします。

アンダーカバーを外す必要がある

アンダーカバー取り外し

レガシィは、エンジンオイルのみを交換する場合はアンダーカバーを外さなくてもできるのですが、フィルター交換する際は、アンダーカバーを外さないと作業できません

まずは、12㎜で止まっているボルトとプラスネジで止まっているネジを外して、アンダーカバーを外してしまいます。

フィルターが上にあるモデル

スバルモデルの中には、ボンネットを開けたらフィルターが交換できるモデルもあります

エンジンオイルを抜き取る!

ドレンからオイル抜き取り

17㎜のメガネを使用して、ドレンボルトを緩めてオイルを抜いていきます。メガネの使い方は、グーっと力をかけるのではなく、「パンっと」はたくようにしましょう

オイルフィルターを外す

フィルター取り外し

次にオイルフィルターを外していきます。筆者は、いつも上記画像のようなカップ式のフィルターレンチをなるべく使用するようにしています。しっかり締め緩めが出来ます。

下向きについているので、緩めると結構な量のオイルが漏れ出てきます。衣服などを汚さないように注意しましょう。作業は、なるべく綺麗にやるのが基本です。

あわせて読みたい
【スバル】レガシィB4「ブレーキローター&パッド」DIY交換 ~S401限定車~ スバルのレガシィB4には、S401 STiという特別仕様車が初代モデルで設定されています。レガシィB4の特長である大人のセダンを継承しながら、STiによる特別チューニングで...
あわせて読みたい
【スバル】「レガシィ S401 STi」マフラー破損・修理 ~400台限定車~ 今回依頼が来たモデルは、車検には合格したけれど、後々トラブルになる可能性がある修理でした。修理するモデルは、レガシィB4 S401 STiバージョンで、限定400台という...

スバルレガシィのエンジンオイルとフィルターをDIY交換【交換作業編】

フィラー

ここでは、ドレンやフィルター装着、オイル量などを確認するところまでをお話します。

ドレンボルトを閉める

ドレンとフィルタを締める

ドレンボルトを締めます。レガシィのオイルパンは鉄製です。ネジ山が舐めづらいのですが、締め付けすぎには注意しましょう。閉める際も「ギューッと」閉めるのではなく。「キュキュ」と締め付けると良いでしょう。

オイルフィルターを取り付ける

新品フィルタ

オイルフィルターを取り付けます。出来るだけ手で締まるところまで作業します。その後カップレンチを使い、締め付けすぎないように増し締めしましょう

created by Rinker
ピットワーク(Pitwork)
¥1,211 (2024/05/19 20:30:51時点 Amazon調べ-詳細)

オイルフィルターは、オイル交換二回に1回のペースで行うと良いでしょう。エンジンオイルのみの交換を続けると、エンジンに甚大なダメージの出る異物が、エンジン稼働部に購入する可能性が高まります。

とはいえ、1万キロもオイル交換しないという方は、二回に1回では良くないと思います。走行距離に応じた適切なフィルター交換をしましょう。

新油を入れてエンジンをかける

新油を入れていきます。このモデルは、フィルター交換をすると4.5Lの交換容量となっています。一度エンジンを掛けて、オイルがフィルターに回るようにします。

created by Rinker
ASH(アッシュ)
¥2,448 (2024/05/19 20:30:52時点 Amazon調べ-詳細)

車を大事にされているとのことで、今回は上記のエンジンオイルをチョイスしました。ASHのオイルは、高いと思うかもしれませんが、このオイルを入れて壊れたという方には出会っていませんので、安心して使えるオイルの一つと感じます

オイル量をチェックして各部の漏れなどがないかも確認する

スバルでは、エンジン始動後5分以上たってから計測するようにと取扱説明書などに記載しています。しばらく放置してから、オイル量をチェックします。

筆者は、ユーザーにオイル量をどのレベルまで入れるか聞くようにしています。

  • Fラインぎりぎりまで入れる
  • Fラインより5㎜ほど下まで入れる
  • FとLの真ん中まで入れる

筆者は、Fラインぎりぎりまで入れることに少し抵抗があります。それは、ブローバイの量が増加することと、そもそもエンジンが暖まると、オイルの膨張が起きるので、エンジン停止して5分経過してもFラインをオーバーする可能性があるからです。

そのため、ユーザーの嗜好を確認してからオイル量を調整するようにしています。筆者自身は、Fラインより5㎜ほど下までオイルを入れています。

あわせて読みたい
【スバル】インプレッサへのドラレコ取り付け例 2016年のカーオブザイヤーに選ばれた5代目インプレッサの紹介と安全装備アイサイトの紹介。そしてインプレッサに付けているドライブレコーダーの選択基準とDIYでの取り...

スバルレガシィのエンジンオイルとフィルターをDIY交換【ポイント】

パッキンにオイル塗布

ここでは、レガシィのエンジンオイルとフィルター交換を通じて、交換時に注意してほしいポイントを解説します。

オイルフィルターのシールパッキン部にオイルを塗布する

今回使用した日産サブブランドのピットワークフィルターは、フィルターシールパッキン部にグリスなどが塗布されていない乾いた状態でした。

筆者は、フィルター取り付けの際に必ずオイルなどをシール部に塗布して装着しています。シールパッキンの不用意なヨジレを防ぐためです。

オイル注入量には注意しましょう

オイル注入量を間違ってしまい、Fラインを超えて調整してしまうと、ドレンボルトを緩めてオイルを抜き取るか、上抜き機械を使用して抜き取らないとなりません。

オイルを注入するときは、一気に指定量を入れるのではなく、規定量よりも少なめに入れて調整しましょう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次