【ハイゼット】ロアアームにガタ!交換方法を解説

ハイゼットの定期点検をしていたら、タイヤにガタが出ている事に気付きました。タイヤにガタが出ているということは、足回りに異常がありそうです。本記事では、ハイゼットのロアアームを交換しながら、交換の注意点などについて解説していきます。

目次

ハイゼットのロアアームにガタが出ていると?

ロアアームの交換方法

ロアアームにガタがある時は、どの様な問題点があるのでしょうか?

ロアアームのガタは車検で不合格になる

上記動画は、タイヤを外してゆすっているので、少し動きが少ないのですが、タイヤを付けた状態でゆすると、すごく大きく揺れます

この状態では、車検も通りません

ロアアームが外れると走行不能になる

created by Rinker
ジーエムビー(GMB)
¥6,778 (2024/05/19 18:24:45時点 Amazon調べ-詳細)

ロアアームにガタが出ていると、段差などで「ガコン」などと異音がします。この段階で早々に修理するのが良いでしょう。

またロアアームとナックルの接合部(異音場所)は、ボールジョイントになっています。そこにはブーツが使用されています。このブーツを定期交換することで、ロアアームはすごく長寿命になるでしょう。

あわせて読みたい
【ハイゼット】ギアオイル交換!トランスファー・フロント・リアデフ3点セット 「最近車の4WD切り替え時に少し振動が多くなった」という相談を頂きました。皆さんの中には、エンジンオイルは気にしていても他のオイルを気にしていない方もいるのでは...
あわせて読みたい
【ハイゼット】ヘッドライト&スモールをLED化 ハイゼットのユーザーから、「ヘッドライトが暗くて、夜が怖いんです」というお話をいただきました。ちょうど少し古いタイプのLEDバルブの在庫があったので、交換してみ...

ハイゼットのロアアームをDIY交換してみる!!

新品ロアアーム

それでは、DIYでロアアーム交換をしていきます。

ハイゼットの故障したロアアームを外す

ロアアーム取り付けボルト

ハイゼットのロアアームは、三カ所で止まっています。2箇所は、19㎜のボルトナットで、一か所は、ロアアームボールジョイント部のナットです。

できればインパクトレンチがあると楽でしょう。

シャーシ側ロアアーム取り付けボルト

無いときは、メガネレンチにパイプを掛けるくらいの力が必要になります。

ナックルと切り離し

さてボールジョイント側は、スペースが狭くちょっとやりづらいと思います。スパナなどで作業すると舐めてしまう可能性があるので、薄口メガネなどで作業するのが良いでしょう。

ロアアームボールジョイント部は、ナックルとしっかり接合されています。

ピットマンアーム用タイロッドエンドプーラー

この部分は、サビなどで固着しています

7Akiranoai 5点セットボールジョイントセパレーター タイロッド ピットマンアーム ツールキット–自動車および小型トラック用のセパレーター
7Akiranoai

切り離す必要があるのですが、ハイゼットの場合は、上記のようなツールを使うと便利でしょう。

ハイゼットに新品ロアアームを取り付ける

新品ロアアームの取り付け

逆の手順でロアアームを取り付けていきます。

1G状態を作り出す

ロアアームのボルト類は、全て仮付けの状態にします。その後パイプなどを使用し、1G状態で増し締めしていきます。

キャッスルナット取り付け

この作業をしないで、本締めすると高確率でブッシュ周辺から「カコン」と異音がします。

ロアアームボールジョイント部に、抜け防止ピンを取り付けて、作業は終了です。約40分くらいでしょうか。

足回りは、重要保安部品です。DIY作業が不安な方は、プロに任せると良いでしょう。

あわせて読みたい
【エブリィ】ロアアーム交換修理!ゴム類の劣化は危険 走行しているときに、「ゴトン」・「ガコン」・「ガタガタ」などと異音がしている車があるとします。その異音には、重大な事故などにつながる故障が介在しているかもし...

ハイゼットのロアアームをDIY交換する【注意点】

不良ロアアーム

ハイゼットのロアアームをDIY作業するときの注意点などについて解説します。

ロアアームにガタが出ると異音が出る【早期交換】

ロアアームにガタが出ると、必ず段差などで異音がしてきます。これは、ロアアームだけでなく、足回りに使用されているタイロッドエンドやスタビリンク等でも起きます。

こういった異音の際は、放置して良い事はありません。しっかり点検して、ダメな部分を早期に交換すると良いでしょう。

ハイゼットの場合はピットマンアーム式でボールジョイントを外す

created by Rinker
アストロプロダクツ
¥3,520 (2024/05/19 11:07:29時点 Amazon調べ-詳細)

先程少し触れましたが、ロアアームボールジョイント部は、上記のようなよくあるタイロッドエンドプーラーが使いづらい構造になっています

ピットマンアーム式のボールジョイントプーラーがあると作業が楽でしょう。ハイゼットのロアアーム交換では、この工具が一番良い気がしました。

ロアアームは、異音などが発生してしまうと、本体丸ごと交換するしかありません。しっかり交換して異音のない車ライフを送ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次