【軽自動車】ファンベルト&テンションプーリーをDIY交換

エンジンをかけると、ずっと「キュルキュル」・「キュンキュン」と異音がしている軽自動車がありました。こういった異音の場合は、ファンベルトやプーリーなどの異常が考えられます。本記事では、ファンベルトとテンショナープーリーをDIY交換してみます。

スポンサーリンク

【軽自動車】ファンベルトやテンショナープーリーが故障すると?

ファンベルトとプーリー

ファンベルトやテンショナープーリーに故障や異常が発生すると、どの様なトラブルが発生するのでしょうか

ベルトが破断すると走行できなくなることも

「キュルキュル」・「キーキー」・「キュンキュン」などと異音がしているうちは、まだよいのです。その音がしなくなり「バチン」・「ガコン」などの異音がしたあと、走行不能になったというケースが多いです。

テンショナープーリーが故障・異常になると

テンショナープーリー(プーリー)が故障・異常になると、まずは異音が発生します。ただしこの異音は、「ガラガラ」という濁音が発生する場合以外は、ファンベルトの異音と同じ様な異音になります。

こういったプーリー類が、故障すると最終的にプーリー脱落を起こす可能性があります。またテンショナープーリーに異常が発生すると、種類によってはテンションがかからなくなり、ベルトが外れてしまいます。こうなると走行不能になります

関連記事

皆さんもエンジンから、「キュルキュル」・「キュンキュン」という音がしたら凄く気になるのではないでしょうか。エンジンからの異音は、不調症状のサインでもあります。本記事では、オートテンショナー&ベルト交換事例を紹介しながら、作業の注意点なども[…]

関連記事

ファンベルトからキュルキュルと異音がしたら、かなり大きい音がするので周りの目なども含め少し恥ずかしくなってしまいますよね。本記事では、軽自動車ファンベルト異音の原因や交換手順などを解説し、ベルト定期交換の重要性なども説明します。 【[…]

【軽自動車】のファンベルトとテンショナープーリーをDIY交換

ファンベルト・テンショナープーリー交換

軽自動車のファンベルトとテンショナープーリーを実際に交換していきます。

テンショナープーリーを緩めてファンベルトを外す

この軽自動車は、エンジンをかけるとずっと「キュルキュル」・「キュンキュン」と異音が発生していました。

プーリー固定図

ファンベルト&テンショナープーリーを外します。まずは、テンショナープーリーを緩めてファンベルトを外します。テンショナープーリーを緩める方法を、図にしてみました。

テンショナープーリーを外す

テンショナープーリーは、緩めた状態の2つのボルトを外すことで取り除けます

新しいファンベルトを仮付けする

ファンベルト仮付

まずは、ファンベルトを仮付けします。仮付けする前に、プーリー類の異常摩耗などがないかチェックすると良いでしょう。

テンショナープーリーを取り付けてテンションをかける

新品テンショナープーリー

上記が新品のテンショナープーリーです。外したテンショナープーリーは、かなり錆が酷くなっていました。まわしてみるとゴロゴロと中のベアリングから変な振動と音が出ていました。ベルトの異音の原因は、このテンショナープーリーのような気がします。

テンションを張る

このテンショナープーリーは、スライド側のボルトを緩めた状態で、下側に10㎜の六角を入れて、ベルトのテンションを張ります。スライド側のボルトを締めます。6角を入れた側もボルトで締めて終了です。

エンジン試験稼働

エンジンを始動してみます。「静か!」というユーザーの声が聞こえてきました。異音の修理は完了しました

関連記事

ファンベルト交換するトラック紹介と不具合状況 ここでは、ファンベルト交換するトラックを紹介し不具合状況をチェックしていきます。 トラックを少し紹介 いすゞの搬送車です。最大積載量は2500㎏なので、3ナンバー乗用[…]

トラック エンジンルーム

【軽自動車】ファンベルトやテンショナープーリー交換では

注意点

ファンベルトやテンショナープーリー交換では、どの様な点に注意が必要なのでしょうか。

ファンベルト交換時にはテンショナープーリーも交換する

created by Rinker
バンドー(Bando)
¥2,164 (2022/11/29 13:48:02時点 Amazon調べ-詳細)

ファンベルトは、大体40,000㎞位で交換すると思います。

交換の際には、テンショナープーリーも一緒に交換すると良いでしょう

ファンベルトの張りすぎに注意する

規定たわみ量
引用:スズキ エブリィ オーナーズマニュアル

ファンベルトの張り具合は、取扱説明書に記載しています。これは、プロが交換したのを見ても思うのですが、張りすぎという事象をよく見かけます。張りすぎは、かえってプーリー故障や異音を招きます。注意しましょう。