【軽自動車】ファンベルトから異音!DIYでベルト交換してみる

ファンベルトからキュルキュルと異音がしたら、かなり大きい音がするので周りの目なども含め少し恥ずかしくなってしまいますよね。本記事では、軽自動車ファンベルト異音の原因や交換手順などを解説し、ベルト定期交換の重要性なども説明します。

スポンサーリンク

【軽自動車】ファンベルトから異音発生~異音症状~

新品のリブドベルト

今回ファンベルト異音のしている軽自動車は、どのような症状なのでしょうか

エンジンをかけたときに、異音が発生

ユーザーの話によると、エンジンを早朝かけた時に、「キュルキュル」と異音が発生し、朝からかなり恥ずかしい感じになるとのことでした。筆者はこの状況だけであれば、ベルトの張り調整で済むのかなと感じていました

加速中に異音が発生

エンジン始動時のみでなく、アクセルを踏んで加速しようとしている時にもキュルキュルと異音が発生するようです。この状況になると、ファンベルト張り調整では済まないのかなと感じました。

関連記事

ファンベルト交換するトラック紹介と不具合状況 ここでは、ファンベルト交換するトラックを紹介し不具合状況をチェックしていきます。 トラックを少し紹介 いすゞの搬送車です。最大積載量は2500㎏なので、3ナンバー乗用[…]

トラック エンジンルーム
関連記事

車のエアコンには「クリーンエアフィルター」と呼ばれるフィルタが取り付けられており、外部からの粉塵や花粉などの異物を除去したり、消臭したりしています。本記事では、クリーンエアフィルターをDIYで簡単に交換する方法について解説します。 […]

クリーンエアフィルターノーマル

【軽自動車】DIYでファンベルト交換~交換手順~

交換手順

ここでは、ファンベルト点検をし、ファンベルト交換する手順を解説します。

古いファンベルトを外す作業

ベルトの取り回し

ファンベルトを点検すると、後述しますが張り調整では済まない状況でした。ということで、ファンベルトを調達しDIY交換していきます。

ファンベルトは、2本で3500円ほどでした。今回は部品商に至急手配してもらいましたが、時間があればネット購入が安いかもしれません。

ファンベルトへの異物などを防ぐカバーを外します。10㎜ボルト3箇所で止まっています。

ベルトカバーの取り外し

次にオルタネーター側(外側ベルト)のファンベルトを外すために、張り調整を最大に緩めていきます。ここで大事なのは、上記画像のネジを最初に緩めて上げることが重要です。

テンションボルトを緩める

次に張り調整ボルトを緩めます。ある程度緩めきりましょう。最後に、オルタネーターを止めている二つのボルトを緩めれば、ファンベルトがフリーになります。

外側のベルトが外れる

外側のファンベルトが、外れました。

テンショナープーリーを緩める

内側のファンベルトは、テンショナープーリーを緩めることで外せます。

ベルト鳴きの原因

ファンベルト鳴きの原因は、ベルト一列がかけていてプーリーにしっかりかからないことが原因と考えます。ファンベルトは、定期交換部品だと感じた瞬間です。

新しいファンベルトを取り付ける作業

新しいベルトの取り付け

ファンベルト内側から、取り付けていきます。

プーリーを張りながら作業する

内側のファンベルトを張るときは、テンションプーリーを10㎜の6角で張りながら固定します。

外側も忘れずにつける

外側のファンベルトは、外すときと逆の手順で取り付ければ終了します。

ファンベルトを取り換えた時は、しっかり稼働チェックすると良いでしょう。張りすぎも張らなさすぎも良くないです。また稼働前には、既定の位置にベルトが取り付けられているかなどチェックしましょう。

関連記事

デポジットクリーナーは、主にガソリンエンジン内部を綺麗にするアイテムです。では、そもそもデポジットクリーナーは必要なのでしょうか?本記事では、デポジットクリーナーの必要性・効果・使用頻度について解説します。 「デポジットクリーナー」[…]

デポジットクリーナー 投入

【軽自動車】ファンベルトから異音~注意点~

ベルトの割れ

軽自動車のファンベルトから異音が発生している・異音とならないための注意点を解説します。

ファンベルトは、消耗部品

ファンベルトは消耗部品です。定期交換する事で異音発生を防止することもできます。また張り調整だけで乗り続けてしまうと、最終的に切れたりしてしまい走行不能になることもあり得ます。

異音がしたらベルトチェックをしっかり行いましょう。場合によっては、プーリー異常の可能性もあります。

今回交換したファンベルトは、リブベルトには珍しくかなり多くのヒビが入っているベルトと、1つの山が欠損しているベルトでした。故障になる前に交換して良かったと安堵しています。

ファンベルト交換では、テンションに注意

ファンベルトを新品交換した際は、張り調整をしっかり行いましょう。モデル毎に張り調整数字が取扱説明書に記載されています。極端な張りすぎは、異音発生の原因になりますし、張らなさすぎは、故障&異音発生に繋がります。