【エブリィ】足回りから「ゴー異音」!ハブベアリングをDIY交換

エブリィの足回りから、「ゴー」・「ウォンウォン」という異音が発生してしまったようです。こういった異音の原因は、ハブベアリング不良が多いと考えます。本記事では、ハブベアリングのDIY交換に挑戦し、交換方法や注意点などを解説します。

スポンサーリンク

エブリィのハブベアリングをDIY交換【取り外し】

ハブベアリングDIY交換

早速ですが、ハブベアリング交換作業について解説していきます。

エブリィのナックルを外す作業

ナックルの取り外し

ハブベアリング交換する際は、ナックルを外す必要があります。まずはナックル取り外し作業をします。

足まわりのボルトは、整備回数が少ない車の場合、かなりサビている可能性があります。潤滑スプレーなどを塗布しておくと良いでしょう。

センターボルト取り外し

センターボルトを緩めます。23位の大きなナットで止まっていますので、爪を起こして緩めましょう。

キャリパ取り外し

キャリパーを取り外し、ブレーキホースを傷つけないようにワイヤーなどで吊っておきましょう。ブレーキローターを外します。

タイロッドエンド切り離し

タイロッドエンド、ロアアームボールジョイント、ショック取付ボルトなどを外します。周辺パーツすべてを外したら、センターナットを外せばナックルは外れてきます。

ナックルとハブを分離する

次にナックルからハブを分離させます。ここで重要なのは、上記のようなプレスツールが必要な点です。DIYで購入するにはちょっとお高いツールなので、所有しているところにお借りするのが良いでしょう。

ナックルからハブベアリングを外す

ハブベアリングをプレスで取り出す

同じく油圧プレスを使用して、ナックルからハブベアリングを外します。

取り外したベアリング

外したハブベアリングを見てみると、かなりが固着している状態でした。

関連記事

タイロッドやロアアームには、ゴムブッシュが採用されています。ゴムで出来ているという事は、経年劣化で破損する可能性が高いという事です。本記事では、これらのパーツやゴムブッシュを交換しながら、DIYでトーイン調整する所まで解説します。 […]

関連記事

車に乗っているときに、足回り付近から「ガタガタ」・「ガタン」などと異音がするのを聞いたことはありますでしょうか?ここでは、足回りでも比較的不具合の起きやすいロアアーム交換は、DIYで作業できるという話をしてみます。また作業時の注意点なども[…]

ロアアーム 注意点

エブリィのハブベアリングをDIY交換【取り付け】

ハブベアリング圧入

外した時と逆の手順でハブベアリングやハブを取り付けていきます。

ナックルに新ハブベアリングを装着

最初にナックルにハブベアリングを取り付けしていきます。水平になるように圧入しましょう。圧入し終わったら、大きいスナップリングで抜け防止処理を行います。

ナックルにハブを装着

ナックルにハブを圧入していきます。この作業は、圧入するときの向きがあります。注意しましょう。

車体にナックルを取り付けし、元に戻す

圧入が終わったら、回転などをチェックして、外した時と逆の手順で取り付けていきます。

すべてのパーツが取り付け終了したら、試験運行して問題がなければ修理終了です。ここまでの作業時間は、1時間半くらいでした。

関連記事

皆さんは、走行中に異音がしたら不安になりますよね。不安は、早期に解消することが大事です。さらに車にとっても重要となります。本記事では、異音、摩耗したブレーキローター&パッド交換の方法や注意点、さらには便利ツールなどを解説していきます。 […]

エブリィのDIYハブベアリング交換では?【注意点】

ハブベアリング交換注意点

エブリィのハブベアリング交換では、どの様な注意点があるのでしょうか?

油圧プレスがないと作業性が悪い

油圧プレスなしで作業している方もいるようですが、実際に行うとかなり難しい作業(時間もかかる)となりえます。

created by Rinker
ツールズアイランド(Toolsisland)
¥14,980 (2022/11/29 11:05:37時点 Amazon調べ-詳細)

そのためハブベアリング交換では、油圧プレスがあった方が絶対的に楽な作業となると考えます。

しかしながら購入しても、DIYでは使用頻度が低いと考えます。なので、持っている人から借りて作業するのが一番良いと感じます。

取り付け圧入には向きがある

ハブベアリング圧入向き

ハブとナックルを圧入するときには、圧入する向きがあります。これを間違えるとハブベアリングの内側が飛び出してしまい、再度新品に入れ替えないとならなくなります。これはエブリィに限ったことではないのですが、注意したい点です。

上記のように間違った向きで作業してしまうと、新品ハブベアリングでやり直しになります。ハブベアリングは、結構なお値段がします。失敗しないように注意しましょう。