タイロッドASSY・ロアアームブーツ交換!交換後はトーイン調整も必須

タイロッドやロアアームには、ゴムブッシュが採用されています。ゴムで出来ているという事は、経年劣化で破損する可能性が高いという事です。本記事では、これらのパーツやゴムブッシュを交換しながら、DIYでトーイン調整する所まで解説します。

タイロッドエンドASSY交換

タイロッドエンドASSY交換

まずは、タイロッドエンドASSYを交換します。本来ならば、タイロッドエンドブーツだけ交換したいところですが、ASSY交換になりました。理由は、後で解説します。

タイロッドエンドASSY交換手順

タイロッドエンドプーラー

タイロッドエンドを止めているナットを緩めます。その後タイロッドエンドプーラーを使用して、タイロッドをナックルから引き抜きます。

本来であれば、この後タイロッドエンドブーツのみを交換すればよいのですが、取り付けられていたタイロッドエンドが純正ではないため、純正ブーツ(カシメ式)交換ができない状態でした。付いていたタイロッドエンドブーツは、ワイヤー式でした。

そのため社外のタイロッドエンドASSYを購入(4500円位)しました。

社外のタイロッドエンドASSY

タイロッドエンドを取り付けし、最後に割りピンを差し込み片側が終了になります。逆側も同じ手順で交換します。作業時間は、大体45分程度です。

タイロッドエンド交換の注意点とは?

タイロッドエンド取付位置をマーキング

新しいタイロッドエンドを取り付ける前に、古いタイロッドエンド取付位置をマーキングしておきます。この作業をしないと、最後に行うトーイン調整が大変になります。

タイロッドエンド比較

純正タイロッドエンドも社外タイロッドエンドも、もともと付いていたタイロッドエンドと長さが違うケースが多く発生します。

今回も新しいタイロッドエンドの方が、1〜1.5㎜ほど短かったです。この確認作業も後のトーイン調整を楽にするために重要です。長さが違う分を見越して組み付ける必要があります

日本の車は、ネジピッチが1.25mmか1.5㎜のものがほとんどです。タイロッドエンドが3㎜短ければ2山から3山ほどのネジ山を考えて取り付けることになります。

社外品のタイロッドエンドASSYは、純正品より1割ほど安いです。

関連記事

車に乗っているときに、足回り付近から「ガタガタ」・「ガタン」などと異音がするのを聞いたことはありますでしょうか?ここでは、足回りでも比較的不具合の起きやすいロアアーム交換は、DIYで作業できるという話をしてみます。また作業時の注意点なども[…]

ロアアーム 注意点
関連記事

皆さんは走行していて、前方車両のテールランプが切れている車を見かけませんか?後ろの人は気づいても、乗っている本人は案外気づかないランプでもあります。テールランプは、後続車にブレーキや存在を知らせる重要なランプです。ここでは、テールランプっ[…]

テールランプ球切れ アイキャッチ

ロアアームボールジョイントブーツ交換

ロアアームブーツ交換

ロアアームブーツを交換していきます。ここでは、トラブルも発生しました。

ロアアームボールジョイントブーツ交換手順

ドライブシャフトとロアアームが干渉する

ロアアームボールジョイントブーツも、サクッと交換しようとした矢先でした。ロアアームジョイント部が、ドライブシャフトが干渉して抜けなさそうです

ドライブシャフトを抜く

ということで、ドライブシャフトを抜く作業をします。センターキャップを外して、スナップリングを外すと、ドライブシャフトがフリーになります。

ロアアームボールジョイントを取り外す

この車は、ロアアームとロアアームボールジョイントが分割されています。ロアアームボールジョイント部を外してブーツ交換します。

ロアアームボールジョイントブーツは、カシメ式です。上記動画のように取り付けしていきます。左右交換したら終了です。ロアアームブーツは、1時間半くらいかかりました

ボールジョイントブーツは、1個350円から500円前後です。

ロアアームボールジョイントブーツ交換の注意点とは?

ボールジョイントの場所に注意

ロアアームボールジョイントブーツ交換の際は、ドライブシャフトが干渉するモデルが多くなります。その場合は、追加でドライブシャフトをフリーにする必要があります。交換する前に構造など見ておくと良いでしょう

関連記事

車のエクステリアについた傷を綺麗にするには、コンパウンドとポリッシャーが欠かせないアイテムといえます。特に面積が広いときは、ポリッシャーの役目も大きいです。本記事では、「コンパウンド・ポリッシャー」の意味や使い方、さらにおすすめ商品などを[…]

コンパウンド・ポリッシャーのおすすめ

DIYでトーイン調整する方法

トーイン調整が必要

足回りを交換したら、トーイン調整やアライメント調整することが必須です。

タイヤにマーキング

今回交換した車は、フロントのトーイン調整しかできないモデルでした。という事は、アライメント測定はできても、調整はトーインしかできません。そこで原始的ではありますが、DIYでトーイン調整をしてみます。この作業は2人いればやりやすいと思います。

  1. 一度車を走行させ、ハンドルセンター位置を確定させます。
  2. フロントの左右タイヤに目印をつけます。目印は同じ場所に付けます。
  3. フロントタイヤの前側の距離を図ります(153.4㎜)
  4. タイヤを回して、前と対角線になる位置で後ろ側を図ります(153.1㎜)
  5. タイロッドエンドを回して、トーイン調整します(約90度回しました)。
  6. これで再度測定します(前152.9 後ろ153.1~2)
  7. もう一度走行し、問題なければ終了です。

今回交換作業した車は、タイヤの内側がヘリが早い感じです。トーインゼロでなく、若干のトーインとなるように作業しました。

  • 調整前の左右タイヤの距離:前153.4 後ろ153.1➡トーアウト
  • 調整後の左右タイヤの距離:前152.9 後ろ153.1~2➡トーイン

DIYでのトーイン調整注意点

タイロッドで調整する

トーイン調整は、DIYで正式な計算をするには、ハブセンターからの距離やタイロッドエンドまでの距離などが必要となります。調整するための数字を聞いておきました。大体1周(1.25㎜)以内で収まる範囲とのことでした。

タイロッドエンド交換する際には、上記のようにマークを付けてほぼ同じ位置に取り付けすれば、タイロッドエンド調整の際にエンドを2週回すという作業にはならないと考えます。

一般的には、1/4回転から1回転以内で調整できると考えます。やたら回すと言う作業はやめておきましょう。