ワイパーの拭き取りが悪い!ゴムだけじゃない原因と対策

ワイパーのふき取りが悪いと、かなり気分が凹みますよね。そればかりか「ビリビリ」音などが出たらガッカリです。また安全走行にも大きな影響が出てきます。本記事では、ワイパーの拭き取りが悪いときの原因や対策などについて解説してみます。

スポンサーリンク

ワイパーのふき取りが悪い原因は?【ワイパー自体】

雪によるワイパーゴム凍結

ワイパーの拭き取りが悪い原因には、どのようなことが考えられるでしょうか?

ワイパーゴムの劣化・亀裂

一番可能性が高いのは、ワイパーゴムが劣化したり、亀裂が入っている現象です。ガラスには、ほこりやチリなどが多く付着しています。また紫外線が多くあたるためゴム製品は、劣化しやすくなります。

また上記画像のように雪などでガラスにワイパーゴム部分がくっついてしまい、劣化を早めることがあります。ワイパーゴムは、1年に一回交換する事が推奨されています

ブレード自体のガタ

ワイパーブレード部分

ワイパーブレードは、可動するリンク形状で作られています。この部分にガタが出ることで、ワイパーの拭き取りが悪くなることがあります。ただワイパーブレードのガタは、簡単に判明しないケースも多いようです。

手でワイパーブレーキを揺すってみたときにガタがある場合、ワイパーゴムだけを交換しても拭き取りが良くならない可能性があります。

関連記事

車を運転するのに凄く重要なパーツにワイパーがあります。ワイパーは過酷な仕事をしているので定期的に交換しなければなりません。ここでは、「ワイパーゴム(ラバー)・ブレード」の交換方法や注意点、ワイパーの種類などについて解説していきます。 […]

ワイパーが拭き取らない対策【ワイパー単体】

ワイパー単体

ワイパーブレードなど、ワイパー単体で拭き取らない場合の対策は、どのようにしたら良いでしょうか?

ワイパーゴムを新品に交換

ワイパーゴムは、年に一回の交換が推奨されています。数年使用している場合は、まずはワイパーゴムの交換をしましょう

ワイパーブレードを新品に交換

ワイパーゴムを交換しても拭き取りが良くならない場合は、ワイパーブレード自体が不具合を起こしている可能性があります。

またワイパーゴムは、定期的に交換していてもブレード自体を何年も交換していない場合は、ブレードごと交換しましょう。なお、多くのワイパーブレードには新品のワイパーゴムが付属しています。

ワイパーが拭き取らない原因【ワイパー以外】

ワイパー内部

ワイパー以外の原因で、拭き取りができないケースがあります。

ワイパーアームの不良

ワイパーアーム部分

ワイパーアームをよく見てみると、裏側にスプリングが組み込まれています。このスプリングが経年劣化で弱くなり、ワイパーをガラス面に密着する力が弱くなっている事があります。

高速道路などでワイパーが浮き上がる場合には、ワイパーアームのスプリングが弱いかもしれません。

ワイパーリンク機構の不良

ワイパーリンク機構は、頻繁に故障するという物ではありませんが、故障部位としては多い部分です。10年以上乗っている場合や、走行距離が多い車などでは不具合が起きやすくなります。

リンク機構が故障すると、ワイパー自体が動かなくなったり動きがぎこちなくなったりします。またワイパーモーターが故障して、動かない場合や動きが遅いと言うケースも考えられます。

ガラスに付着した油膜や汚れ

案外盲点なのは、ガラスの汚れや傷です。ガラスに油膜などがギッシリ付いていると、拭き取りがうまくいかないことがあります。ガラスにキズがある時は、傷がついた場所だけが拭き取れない現象が起きます。

関連記事

皆さんは、ワイパーが動かなくなったり遅くなったりしたら、かなりビックリすると思います。そしてそれが雨の日などだと、視界が確保できず事故に繋がってしまうかもしれません。本記事では、旧車の域に入ったRX-7(FD3S)のワイパーリンク機構をD[…]

関連記事

皆さんは、洗車は大好きですか?筆者は、実はあまり洗車が得意ではないです。出来れば楽したいなと思ってしまいます。本記事では、最近のゲート式洗車って「優秀ではないか」と言う事や、「洗車を時短」できる可能性が高いことを実験してみます。 最[…]

ワイパーが拭き取らない対策【ワイパー以外】

ワイパー以外が原因の場合は、どのような対策になるのでしょうか?

ワイパーアームを新品に交換

ワイパーアーム部分

ワイパーアームが故障している場合は、新品に交換する事が良いでしょう。

ワイパーリンク機構やモーターを新品に交換

ワイパーモーター

ワイパーリンクは、中古で交換するよりも新品交換する事をおススメします。なぜなら交換するのに1時間ほどはかかるからです。取り付けた中古品に不具合が出ると、また同じ作業をしなければなりません。

ガラスの油膜などをしっかり除去する

ガラスなどの油膜は、油膜取りなどでしっかり洗浄しましょう。ガラスにキズが入っている場合は、ガラス交換しないと根本的な修理にならないケースがあります。交換費用には、かなりの金額がかかります。しっかり検討してから交換しましょう。

またガラスに傷ではなく、ヒビや亀裂が入っている場合は、車検合格しません。すぐ交換もしくは修理しましょう。