運転時の「眠気対策」を解説!定番から最新デジタルガジェットを紹介

皆さんは、車を運転していて「眠気」に襲われた経験はないでしょうか。もし眠気に襲われたら、どのような眠気対策をして眠気を抑えていますでしょうか?本記事では、眠気対策の定番から最新デジタルガジェットまでを紹介していきます。

スポンサーリンク

運転時の「眠気対策」を解説!【眠気のメカニズム】

眠たそうなドライバー

運転時の眠気のメカニズムってどのようになっているのでしょうか?

眠気のメカニズムの基本①:恒常性維持機構

人には、元来備わっている機能があります。それは、疲れた時機能を停止させて休息をとるという機能です。

脳や身体が、長時間運転によって疲れてくると、人の体は、疲れを取るために眠ろうとさせます。これが車の運転での眠気と繋がります。

眠たくなるというメカニズムの一つに、疲れてしまうと人の意に添わない場面でも眠気を誘発させてしまうという事です。

眠気のメカニズムの基本②:生体時計機構

人は、24時間と言う時間の中で、夜になると眠くなり、朝になると起きると言う習慣になっています。そのため夜に運転していると、どうしても眠気が襲ってきます

また現代では、睡眠時無呼吸症候群による影響で無意識のうちに寝てしまうという病気や、昼食を取った後消化のためにエネルギーを使うため眠くなる場合、そして大きなストレス社会などによって、眠気が突然発生するケースなどがあります。

運転時の「眠気対策」を解説!【定番&デジタル対策】

高速道路と富士山

運転時の「眠気対策」にはどのような方法があるのでしょうか?

定番の眠気対策方法

まずは、眠気対策に有効と言われている定番な物事を紹介します。

運転をやめ、休憩などする

パーキングエリア

眠くなったときは、まずは事故などにならないようにするため、パーキングエリアなどに車をとめ、休憩をするのが良いでしょう

  • 外の空気を吸って、休憩する
  • 仮眠を取る
  • 飲料などをとり、休憩する

どの方法が一番有効かは、ドライバーが試してみて良い方法を探すことが一番だと考えます。

ガムを噛むのは効果的

筆者的には、眠気を覚ましながら運転していくのに一番有効なのが、「ガムを噛む」と言う方法だと考えます。噛んでいる間は、眠気対策になります。

デジタルガジェットなどで居眠り対策

今や技術も進歩しています。そのため眠気や居眠り運転対策になるデジタルガジェットが販売されています。ユーザーの努力で眠気対策するのではなく、デジタルで監視して喚起してくれます。

この商品は、「居眠り運転・わき見運転・スマートフォン操作・車内での喫煙」を検知して注意喚起してくれるデジタルガジェットです。累計約33万台の販売実績もあることから、多くのユーザーが導入しているというのも安心です。

またステアリングコラム、ダッシュボードなど車のデザインに併せて、カメラ設置もできるアイテムです。

こちらの商品は、角度感知式の居眠り防止アイテムです。持ち運びもしやすく、購入しやすい価格であると感じます。

こういったデジタルガジェットと、ユーザーの眠気対策を両立させて行うことで、有効な眠気対策になるのではないでしょうか。

関連記事

平日の昼休みや長距離ドライブ中での、車内での仮眠・休憩をより快適にする便利グッズを紹介します!車内のスペースは限られています。 限られた車内のスペースでより快適に仮眠や休憩をとることができる便利グッズを3つのポイント毎に紹介していき[…]

関連記事

何かと散らがちな車内・トランクの収納に困ってはないでしょうか。車内・トランクでの収納・整理に使えるおすすめのアイデアを紹介します。 普段から車載している小物から、キャンプ用品やスノボ用品などレジャーでも大活躍する、収納アイデアをぜひ[…]

運転時の「眠気対策」を解説!【まとめ】

海沿いの道路

運転時の「眠気対策」は、ドライバーだけでなく周りの人にも重要です。

眠気が居眠りに変化すると

眠気だけであっても、事故などにつながる可能性が高まります。これが、眠気から居眠りとなると、即事故などに繋がり、場合によっては第三者をも巻き込む可能性が高くなります

自分に合った眠気対策することが大事

一口に眠気や眠気対策といっても、十人十色です。十人十色であるという事は、眠気対策にも人それぞれベターな方法があるという事になります。まずは、自分にあった眠気対策を見つけることが、一番重要な事であると考えます。