KTC「フィルタオイルキャッチャー」で手を汚さずにオイルフィルター交換

下向き設置のオイルフィルターでも手を汚すことなく、交換可能なKTCの「フィルタオイルキャッチャー」を紹介します。KTC「フィルタオイルキャッチャー」を使えば、従来のようにコツや手袋を使うことなく誰でもかんたんに手を汚さないフィルター交換が可能です

【KTC】「フィルタオイルキャッチャー」とは?

KTCフィルタオイルキャッチャー

本記事では、KTCが販売している「フィルタオイルキャッチャー」で手を汚さないオイルフィルター交換方法を紹介します。まずは、KTCの「フィルタオイルキャッチャー」とはどのようなツールなのか見ていきましょう。

オイルフィルター交換の「フィルター外し」専用ツール

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥3,191 (2022/08/12 23:14:47時点 Amazon調べ-詳細)

KTC「フィルタオイルキャッチャー」はオイル交換に伴い発生する、オイルフィルター交換作業の中でもオイルフィルターを緩めた後の、車体からオイルフィルターを外す場面のみで活躍する非常に用途が限定されるツールです。

かなり用途が限定されますが普段からオイルフィルター交換を多く行っている、ディーラーや整備工場の整備士であれば、KTC「フィルタオイルキャッチャー」の魅力が伝わるはずです。ここからは普段のオイルフィルター交換作業を思い浮かべながらお読みください。

従来のフィルター交換時の問題点

通常の下向き設置オイルフィルター交換では、手が汚れることを前提としてオイルフィルターを緩めた後、ある程度オイルが垂れきってからウェスをあてがったりニトリルグローブをしたりしてオイルフィルターを外す方が多いかと思います。

しかし、慣れない方や車種によってはこれでも手が汚れてしまう場合が多くあります。このような場面で、KTC「フィルタオイルキャッチャー」を使えばその悩みを解決することができます。

KTC「フィルタオイルキャッチャー」などのツールを使わない方法で、百発百中で手を汚さずにオイルフィルターを外すことができる方には不要ですが、ある程度の汚れについては諦めている方や新人整備士にはぜひおすすめしたいツールです。

関連記事

整備士にとって爪・手の黒い油汚れはつきものです。そこで本記事では、整備士の爪や手についた黒い油汚れを落とすための落とし方・グッズを紹介します。爪や手の黒い油汚れにお悩みの方はぜひ、本記事で紹介する汚れの落とし方や汚れを落とすためのグッズを[…]

関連記事

エンジンオイルは、車にとって非常に重要に大切なオイルです。車を所有している方は、オイルの重要性や役割、オイルの粘度特性などに詳しい方も居ると思います。本記事では、エンジンオイルの役割や粘度、オイルの選び方の基本などについて解説していきます[…]

【KTC】「フィルタオイルキャッチャー」の使い方

オイルフィルタ

KTC「フィルタオイルキャッチャー」の使い方を紹介します。実際のオイルフィルター交換作業の手順に沿って解説していきます。

ある程度フィルターを工具で緩める

フィルタレンチ

オイルを抜き終わりオイルフィルター交換になったら、まずは通常通りフィルターレンチを使ってオイルフィルターを緩めます

この時、オイルフィルターを完全に緩めてしまうのではなくオイルが垂れてくる寸前(手で軽く回る程度)にしておきます。オイルフィルターを緩めたら、フィルターレンチは外しておきましょう。

KTC「フィルタオイルキャッチャー」をセットして外す

KTCフィルタオイルキャッチャーセット

オイルフィルターを緩めたら、KTC「フィルタオイルキャッチャー」をセットします。

KTCフィルタオイルキャッチャーで緩める

KTC「フィルタオイルキャッチャー」を回転させてオイルフィルターを緩めていきます。オイルフィルターから垂れてきたオイルは、KTC「フィルタオイルキャッチャー」に溜まっていきます

KTCフィルタオイルキャッチャーで完全にフィルタを外す

このまま完全にオイルフィルターを取り外します。後は、フィルター取付部清掃と新品フィルターを取り付けて完了です。手を汚すことなく、オイルフィルター交換が可能です。

関連記事

車に必要不可欠なオイル交換。また、オイルだけでなくオイルフィルターの交換も必要です。このオイルフィルターを交換する時には、フィルターレンチが必要になります。そしてフィルターレンチには、種類が沢山あります。本記事では、フィルターレンチの種類[…]

【KTC】「フィルタオイルキャッチャー」レビュー

KTCフィルタオイルキャッチャー使用中

実際に、KTC「フィルタオイルキャッチャー」を利用してみてのレビューです。

多少時間はかかるが便利

普段筆者は、オイルフィルターを緩めた後はある程度オイルを垂らした後にウェスをあてがってフィルターを外していました

この場合でも、特に手を汚すことなく交換できる場合が多いのですが、オイルフィルター交換のたびにウェスが汚れたり車種によっては手にオイルが付着することが多くありました

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥3,191 (2022/08/12 23:14:47時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、KTC「フィルタオイルキャッチャー」を使えば手の汚れを気にすることなく、スムーズに交換することができて非常に便利でした。

ツールを使わない方法で交換を行うほうが交換時間は短いですが、汚れた場合の手洗い時間やウェス交換の手間を考えると断然、KTC「フィルタオイルキャッチャー」を使ったほうが効率的だと感じます。

ほとんどのフィルターサイズに対応

KTCフィルタオイルキャッチャー構造

KTC「フィルタオイルキャッチャー」の断面を見てみると、ろうと状になっている部分が数段に分かれて細くなっているのがわかります。これによって乗用車であればほとんどのオイルフィルターに対応可能です。

また、カートリッジ式だけでなくエレメント交換式のオイルフィルターでも使用可能です。

清掃が面倒・保管方法に悩む

KTC「フィルタオイルキャッチャー」のデメリットとして、KTC「フィルタオイルキャッチャー」本体の清掃が面倒だという点と、保管方法に悩むという点があります。

筆者の工場では、KTC「フィルタオイルキャッチャー」を使う都度オイル捨てに立てかけておき内部のオイルを捨てて、持ち手部分などは気がついた人がパーツクリーナーで清掃するようにしています。

かなり軽いので自立できますが、風などでよく倒れるため最終的にオイル捨てに立てかけておくことで落ち着きました。

割高感

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥3,191 (2022/08/12 23:14:47時点 Amazon調べ-詳細)

KTC「フィルタオイルキャッチャー」は非常に便利なツールですが、全体的に高級感などもなく構造も単純です。それ故、本体の価格については割高感を感じるかもしれません。

created by Rinker
ストレート(STRAIGHT)
¥980 (2022/08/12 23:14:47時点 Amazon調べ-詳細)

なお、筆者はKTCしか使ったことはありませんが、類似品もいくつかありますので参考にしてください。