車載用「ゴミ箱」の選び方と固定して倒れないようにする工夫

皆さんは、車載用のゴミ箱を車内に設置していますでしょうか。車は加速や減速、そして段差やカーブなども発生するため、ゴミ箱の設置には気を使うといえます。本記事では、車載用「ゴミ箱」の選び方や固定方法などを解説します。

スポンサーリンク

車載用「ゴミ箱」は、どのようにして選ぶの?

GR86車内

車載用のゴミ箱には、沢山の種類があります。いろいろな商品があるのでどれを選べばよいのか悩みますね。車載用のゴミ箱は、どのようなものをチョイスすれば失敗が少ないのでしょうか。

車載用「ゴミ箱」は、倒れづらいものを選ぶ

ゴミ箱と言うだけあって、車載用に設置するゴミ箱の場合は、フロアなどの下に置くケースが多いといえます。車は家などと違い、「走ったり・止まったり・曲がったり」しています。ということは転倒しやすい状況になります。

ゴミ箱だけあって、中には液体物や汚れものが入ることになります。転倒しづらい物をチョイスするのが良いでしょう。

車載用「ゴミ箱」が、車内にマッチするか検討

車載用のゴミ箱は、豊富な種類があります。数ある中で使いやすさと車内カラーなどにマッチした商品を選ぶと良いでしょう。

気に入った商品が見つかることで、飽きることも少なくなり、一つのゴミ箱と長く付き合えることになります。逆にたとえ一つのゴミ箱であっても、気に入らないとどうしてもしっくりこないという気分にもなり得ます。

関連記事

フロントガラスは、色々な物が原因で曇ってしまいます。曇ってしまうと安全運転出来なくなることもあります。またフロントガラスを綺麗にしたつもりなのに、あとから汚れが残っていることもあります。本記事では、フロントガラス内側を綺麗にする方法などを[…]

ガラスの清掃
関連記事

何かと散らがちな車内・トランクの収納に困ってはないでしょうか。車内・トランクでの収納・整理に使えるおすすめのアイデアを紹介します。 普段から車載している小物から、キャンプ用品やスノボ用品などレジャーでも大活躍する、収納アイデアをぜひ[…]

車載用「ゴミ箱」転倒防止方法は?

運転中の車内

車載用のゴミ箱は、転倒しづらい物でも転倒してしまう可能性があります。こういったリスクをできるだけ下げるにはどうしたら良いのでしょうか。

車載用「ゴミ箱」とフロアマットをマジックテープ接着

フロア下にゴミ箱を設置する場合は、マジックテープが非常に有効になります。フロアマットは、マジックテープとの相性も良いので有効に活用することで、転倒を防ぐことが可能になります。

マジックテープのデメリットとしては、何回もゴミ箱を取り外すことでフロア側の起毛が剥がれてしまう点です。

車載用「ゴミ箱」の底辺に重りを設置

ゴミ箱の転倒を防ぐもう一つの方法は、ゴミ箱の底面に重りを置くという方法です。重りを置く場合は、できるだけ薄くて重量のあるものを利用すると良いでしょう。

一度筆者が行った方法があります。それは、ホイールバランス用のウエイトです。薄くてテープもついていますので、底面に貼り付けしやすいです。

車内でぴったりはまる車載用「ゴミ箱」を設置

できうるならば汚い物を収納するゴミ箱は、フロアなどの方が良いと思うかもしれません。ただ人によっては、フロアに設置したくないという場合もあります。

こういった場合には、シートとシートの間やトリムとシートの間にピッタリ収まるゴミ箱を見つけることも良いと考えます。

関連記事

「いざというとき」車に積んでおくと、とっても役に立つアイテムは沢山ありますよね。ただ普段は、あまり気にしていないものです。ここでは突然の事態にも慌てないために、常備すべき安全アイテムや便利グッズ、常備しているとさらに便利なグッズなどを解説[…]

便利

車載用「ゴミ箱」のおすすめ商品!

MIRAIの車内

車載用のゴミ箱は、どのような商品が良いのでしょうか。ここでは、筆者がこれは良いなと思うアイテムを紹介します。

フロアに置かないタイプ

こちらの商品は、フロアに置かないタイプで、さらに転倒しないようにヘッドレストに取り付けするタイプです。

転倒する危険もないのと、ごみが捨てやすい位置にゴミ箱があるというのが便利であると考えます。

フロアに置いてかわいいタイプ

こちらのゴミ箱は、比較的古くからあるタイプの商品です。中でもカワイイキャラクターが印刷されていたりすることで、女性の方にも人気が高いといえます。

フロアなどに設置するゴミ箱は、円柱デザインのものが転倒しづらく、スマートに設置ができるといえます。転倒しづらくても転倒しないわけではないので、転倒防止策を講じると良いでしょう。

インナートリムなどに設置するタイプ

こちらのゴミ箱は、インテリア内のトリムなどに接着するタイプです。シートとトリム間などの隙間設置も可能となっています。