車の「バッテリー交換」を自分で行うのに必要な工具を解説

車のバッテリーは、定期的に交換する必要があるパーツです。また、自分で交換できるパーツの一つでもあります。では、バッテリー交換を自分で行うのに、どのような工具が必要なのでしょうか?本記事では、バッテリー交換に必要な工具などについて解説します。

スポンサーリンク

車の「バッテリー交換」を自分で行うのに必要な工具を解説 ~必須工具~

バッテリー交換に必要な工具

ここでは、バッテリー交換に必要な工具を、取り外すパーツ別に紹介していきます。

バッテリーストッパーを外すのには?

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥1,709(2024/02/27 12:31:44時点 Amazon調べ-詳細)

バッテリーには、バッテリーを固定するストッパー(ブラケット)が付いています。このパートでは、国産車のほとんどが8㎜のナットか10㎜のナットで止まっているケースが多いでしょう。

ストッパーのナットを緩めるためには、ディープソケットとエクステンションバーとラチェットが一番作業しやすいです。

メガネ等でも作業できるのですが、近くにプラスターミナルがあるので、場合によってはショートしやすくなります。ショートを避けるために、ある程度の距離をとって作業する方式が安心でしょう。

10mmのボックスドライバーも便利です。

バッテリーターミナルを外すには?

国産車用のバッテリーターミナルを外す場合では、10㎜のナットから14㎜までのナットでターミナルを止めているケースが多いと考えます。

一般的には10㎜が多いと思いますが、バッテリーサイズが大きい場合や専用ターミナルを使用している場合などでは、12㎜や14㎜といったサイズもあります。

created by Rinker
トネ(TONE)
¥971(2024/02/27 12:31:46時点 Amazon調べ-詳細)

上記のようなショートタイプのレンチを使用したり、板ラチェットを使用すると作業しやすいでしょう。

メモリーバックアップ電源取得ツールは現台車では必須

created by Rinker
メルテック(meltec)
¥2,245(2024/02/27 12:31:47時点 Amazon調べ-詳細)

昔の車とは違い、最近の車は色々な電装品が取り付けられています。バッテリー交換しただけで、いろいろな物がリセットされてしまったり、イモビライザー機能などを設定しなおす必要があります。

こういった再設定をしなくて済むようにすることのできるメモリーバックアップ電源取得ツールは、便利ツールではなく必須ツールとなっているといえます。

関連記事

エンジン車にもハイブリッド車にもバッテリーが装備されていますね。近年のバッテリーは、車のパワートレインに合わせた開発がされていますが、かなり昔から同じ形状が維持されています。本記事では、車のバッテリー交換の目安や症状などについて解説します[…]

関連記事

バッテリー・クーラントテスターは、バッテリー液の比重やクーラントの濃度を計測するのに便利なツールです。また比重や濃度を知ることで、車の健康管理にも役立ちます。本記事では、バッテリー・クーラントテスターの使い方や注意点などを解説します。[…]

KTC バッテリークーラントテスター

車の「バッテリー交換」を自分で行うのに必要な工具を解説 ~便利工具~

バッテリー交換の便利グッズ

ここでは、自分でバッテリー交換する際にとても便利だなと思うツールを紹介していきます。

バッテリーキャリアは便利でラク!

created by Rinker
ストレート(STRAIGHT)
¥2,150(2024/02/27 12:31:48時点 Amazon調べ-詳細)

バッテリーは、すごく重いアイテムの一つです。そして、そのバッテリーを落としてしまうと、車が傷ついたりバッテリーが割れて液が漏れたりしてしまい、後処理が大変になります。

バッテリーには、持ち手が付いているものもあるのですが、そうでないバッテリーも多く存在します。こういったときに、簡単に持ち上げられるツールが便利だと考えます。

バッテリーターミナルブラシを使用して接点長持ち

新品バッテリーのターミナルは、ツルツルしていてすごく滑らかになっています。これをターミナルブラシで少し傷つけてあげることで、密着を良くしてあげることが可能になります。

また、プラス・マイナスの端子を掃除してあげることで、電気の流れを効率よくする効果もあります。

関連記事

バッテリー上がりの「原因」には、どのようなことがあるのでしょうか?単純にバッテリーが原因である場合もありますが、そうでないケースもあり得ます。バッテリーが上がった時に、「やってはいけない」こともあります。本記事では、バッテリー上がりの「原[…]

車の「バッテリー交換」を自分で行うのに必要な工具を解説 ~ポイント~

バッテリー交換のポイント

車のバッテリー交換を自分で行うときのポイントなどについて解説します。

バッテリー交換を自分で行う時はショートに注意する

バッテリーには、プラスとマイナスがあります。そして、プラス側に通電物質(鉄)が触れると、ショートしてしまいます

ショートさせてしまうと、バッテリーの寿命を短くするだけでなく、車の電装品に悪影響を及ぼすことも少なくありません。絶対にショートは避けるようにしましょう。

バッテリーは思ったよりも重たいのでケガや車破損しないように注意

軽自動車用のバッテリー(34B19Lや40B19L)でも8㎏から9㎏ほどあります。乗用車用の中でも大き目の85D26Lなどでは、20㎏ほどになります。

バッテリーはかなり重たいパーツになります。無理に持ち上げようとして、足に落としてケガにつながることもあり得ます。まずは、ケガをしないように作業することが一番大切でしょう。