ラジエターホースから液漏れ!?交換とエア抜き作業を紹介!

筆者所有の車は、20年以上前の車です。とある日ラジエター液が駐車場に漏れていました。経年経過によるヒーターホース劣化でした。ラジエター液は、車にとって重要です。本記事では、ラジエターホース交換作業手順やエア抜き方法などについて解説していきます。

スポンサーリンク

ラジエターホースから液漏れ!? ~交換手順~

ラジエーター漏れしているホース

まずは、ラジエターホース交換を行っていきます。

まずはラジエター液を全量抜く

ラジエーター液を抜き取り

今回ラジエター液が漏れてしまった場所は、リアのヒーターホースでした。フロア下を通っている部分でした。こういったケースでは、ラジエター液を抜ききることが必要になります。

抜き取ったラジエーター液

ラジエター液をできるだけ抜いていきます。

ホース類を交換する

腐食したパイプ

それでは、ホース交換作業に入ります。ホースを抜いた時に分かったのですが、ホースだけではなくパイプの方も腐食が激しい状態でした

ラジエーターヒーターホースの比較

新しいホースと古いホースを比較してみます。ホースの劣化度合いも激しいと思います。この2本のホースは、純正在庫がありました。

腐食部分を磨く

パイプをワイヤーブラシなどで綺麗にしてあげてから、新しいホースを取り付けます。今回は、これだけでは不安なので、液体シール剤も使用することにします。

新しいホースの取付

無事にホースを交換できました。ホースの取り回しなどに注意しながら作業しましょう。

ラジエター液を注入していく

ラジエーター液を入れる

ラジエター液を注入していきます。

ラジエター液を注入したら、作業終了ということにはなりません。ラジエター液を入れた後のエア抜き作業が重要となります(後述)。

関連記事

ラジエター液がすぐに減ってしまい、毎日補充しているとの連絡が入りました。ラジエター液は一般的に急激に減ることはありません。ということは、どこかに異常があると思われます。本記事では、ラジエター液漏れ診断からウォーターポンプ交換までを解説しま[…]

ラジエターホースから液漏れ!? ~エア抜き方法~

エア抜き作業を行う

筆者所有者の場合は、リアヒーターも付いているミニバンです。エア抜き作業は結構大変になります

エア抜きキャップを解放してエア抜き

リアのエア抜きキャップを取り外す

エンジンルーム内のエア抜きキャップを二か所外します。このエア抜きキャップは、ラジエター液の通路の中で一番上にあるといえます。

リアヒーターホース側のエア抜きキャップも外します。この状態でラジエター液を注入していき、エア抜きキャップからラジエター液が溢れてきたら栓をします。

エンジンをかけ交換作業情報どおりに作業する

つぎに下記の手順でエア抜き作業をしていきます

  • エンジン始動し1000回転以上でロアホースが暖かくなるまでかけっぱなし
  • ヒーターをホット、全開にして3000回転保持 1分
  • ヒーターをコールド、全開にして3000回転保持 1分
  • ヒーターをホット、風量1 風向き足元にして、フロント リア同風になるか確認

ここまでで、大体1時間以上かかりました。一度エンジンを冷やしてラジエター液をチェックしていきます。エアが抜けていないときは、再度同じ作業を行う事となっています。

エンジンを冷やして、ラジエターコアに不足分を入れてあげ、リザーバータンク側も補充してあげます。

筆者所有車のラジエター液は、全量で12.4Lです。今回は、約8L程抜けたと推察します。同じくらいのラジエター液が注入されたので、エア抜きは完了となりました。

関連記事

ラジエーターキャップは、冷却水(クーラント液)の圧力を適正に保つ重要な役目があります。圧力を高めることで沸騰しづらくなり、圧力を逃がすための弁の役割も果たす存在です。本記事では、ラジエーターキャップ交換について解説します。【ラジエ[…]

ラジエーターキャップ
関連記事

ラジエター液が漏れてしまうと、エンジン故障につながります。それは、エンジンを一定の温度に保てないからです。ラジエター液が漏れた時には、取り急ぎ「ラジエターストップリーク」と言うケミカルの使用が有効です。本記事では、同ケミカルの効果や使い方[…]

ラジエターホースから液漏れ!? ~ポイント~

ラジエーターホース取替のポイント

ここでは、ラジエターホース交換やラジエター液のエア抜きに関してのポイントを解説します。

フロア下のホースは劣化しやすい

フロア下のラジエーターホースは劣化しやすい

今回は、フロア下のヒーターホースからラジエター液がリークしていました。筆者所有車の場合は、フロア下に三か所、合計6本のヒーターホースが使われています。

せっかくラジエター液を抜いて作業するのであれば、全てのホース交換をするのが良いでしょう。

汎用のホースで対応する

筆者所有車は、先程触れましたが20年以上前の車です。純正ホースが欠品していることもあります。汎用のヒーターホースで対応して行く箇所もありました。

ラジエターエア抜きは結構大変な作業

エア抜きは時間がかかる

ラジエターのエア抜きは案外大変な作業です。特に時間がかかるという点で大変だと感じます。

またエア抜き方法は、車種によって大きく違うケースもあります。エア抜き方法をしっかり確認してから作業するようにしましょう。