【ワゴンR MH23S】「トランスファ&デフオイル」交換方法!手順とポイント

MH23SワゴンRの4WD仕様車には、トランスファとデフが装備されています。これらのパーツには、ギアオイルが注入されています。本記事では、同モデルのトランスファとデフオイルを交換しながら、手順やポイントについて解説してみたいと思います。

目次

【ワゴンR MH23S】「トランスファ&デフオイル」交換方法! ~トランスファ交換手順~

トランスファ

まずは、トランスファオイル交換をしてみます。

MH23Sのトランスファは、エンジン真後ろに付いている

MH23SワゴンRのトランスファは、エンジンとプロペラシャフトの間に装備されています。イメージとしては、エンジン真後ろに設置されているといえます。

フィラーを緩めてドレンを外して0.5Lのギアオイルを注入

トランスファのフィラー

9.5㎜角の四角がフィラーおよびドレンに採用されています。まずは、フィラー側から緩めていきます

トランスファのドレーン抜き取り

フィラーが緩んだら、ドレン側を緩めてオイルを排出します。

トランスファの磁石ボルト

ドレン側ボルトには、磁石が付いています。これで鉄粉などを吸着させて、ギア嚙み込みなどが起きないようにしています。

ドレンボルトを締めて、0.5Lほど指定ギアオイルを注入します。フィラー側からたら~とオイルが出てきたら終了です。

【ワゴンR MH23S】「トランスファ&デフオイル」交換方法! ~デフオイル交換手順~

デフ

それでは、デフオイルを交換してきます。

MH23SワゴンRの4WDにはリアデフが付いている

4WDなので、リアにはデフが採用されています。近年モデルには、電動式の4WDが採用され始めていますが、スズキ系自動車モデルの4WDには、現時点でも機械式の4WDを装備しています。

フィラーを緩めてドレンを外して1.0Lのギアオイルを注入

デフのフィラー

デフオイルには、9.5㎜の四角と19㎜のボルトが採用されています。トランスファの時と同じように、フィラー側から緩めてあげます

デフのドレーン抜き取り

フィラー側が緩んだら、ドレン側を緩めてオイルを抜いていきます。デフオイルは、出てきたオイルを見ていると、極端に汚れていない気がします。

デフオイル注入

ドレンボルトを締めて、デフオイルを注入していきます。今回は注入用の器具を使用して入れています。

created by Rinker
チョイする
¥12,650 (2024/07/23 04:58:24時点 Amazon調べ-詳細)

今回使用した注入器には、ダイヤルも付いています。

メーター付き注油機

目安がわかるので作業しやすいと考えます。ちょうど規定量の1Lを注入できました。

あわせて読みたい
エンジンオイルに添加剤は必要?効果やメリット・デメリット オイルは、エンジン内部の潤滑、密封、防錆、洗浄、冷却などに非常に重要な油脂です。人によっては、オイル以外にオイル添加剤を使用している事もあります。本記事では...
あわせて読みたい
オイル添加剤「MT-10」は必要か?メリット・デメリットを解説 エンジンオイル添加剤の1つに、「MT-10」という商品があります。これは、主にトヨタディーラーなどで推奨しているオイル添加剤です。では、オイル添加剤「MT-10」は必...

【ワゴンR MH23S】「トランスファ&デフオイル」交換方法! ~ポイント~

作業ポイント

ここでは、トランスファやデフオイル交換でのポイントなどについて解説します。

フィラーを緩めてからドレンを外すことが大事

エンジンオイル交換では、フィラーキャップが装備されています。ATFなどにも簡単に注入できるフィラーが装備されています。

一方頻繁に交換することが少ないトランスファやデフオイルには、しっかり締められているフィラーが採用されています。

頻繁に交換しないだけに、フィラー側が緩まないというケースが出てきます

そのため、先にドレンを緩めてしまうと、車を逆さまにしないとオイルを注入できなくなります。必ずフィラー側から緩めると覚えて起きましょう

ギアオイルは指定のものを使用しましょう

イアオイルの粘度

ギアオイルには、色々な規格があります。75W-90や85W-90、75W-140など多くの粘度レンジがあり、さらにGL-3からGL-5などまでのAPI規格もあります。

頻繁に交換することの少ないトランスファやデフオイルなどの場合は、純正指定しているオイルを使用するのが良いと思います。

指定オイルより固いとギア鳴りがする事があったり、柔らかいとギアの焼き付きなどになります。DIY交換する際は、オイルの粘度や規格は、純正指定を使用すると安心です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次