24V大型トラックにナビを取り付け!「デコデコ」が重要装備

24V大型トラックにナビを取り付けてほしいという依頼が来ました。乗用車とは違い、24Vです。ナビ取り付け自体は乗用車と変わらないのですが、変圧という作業があります。本記事では、24V大型トラックにナビをつけるには、通称「デコデコ」が重要という話をしていきます

目次

24V大型トラックにナビを取り付け! ~「デコデコ」とは?~

トラック

24Vの車に国産ナビをつける場合は、多くの製品で12Vに変圧する必要があります。ここでは、変圧の必要性や通称「デコデコ」と呼ばれる装置について解説します。

24V車にナビをつけるには12Vに変圧する必要がある

created by Rinker
セルスター(CELLSTAR)
¥14,579 (2024/05/19 13:33:14時点 Amazon調べ-詳細)

トラックの多くが、直列ダブルバッテリーとなっていて、24V仕様であると考えます。とくに今回取り付けする大型車の場合は、間違いなく24Vが採用されています。

ということは、国産の12Vナビをそのまま取り付けてしまうと一瞬でナビが故障することになります。こういったケースでは、必ず12Vに変圧することが必須となります。

変圧するのに必需品となるのが「デコデコ」が不可欠

DCDCコンバーターDC512

今回購入したのは、トラックパーツ屋さんで販売されているセルスター製のDCDCコンバーターです。

created by Rinker
セルスター(CELLSTAR)
¥14,579 (2024/05/19 13:33:14時点 Amazon調べ-詳細)

このDCDCというのを「デコデコ」と呼んでいます。DC24VからDC12Vにコンバートする製品ということです。24V車に12V製品をつける際には、必ずDCDCコンバータを使用しましょう。

あわせて読みたい
【トラック】24Vバッテリー交換方法と便利ツール紹介 バッテリーが弱っていると、車の調子も悪くなってしまいますよね。昨今ではトラックにもテレビやナビなど便利装備が搭載されています。ここでは、24Vトラックのバッテリ...

24V大型トラックにナビを取り付け! ~作業手順~

既存オーディオ

ここでは、24VトラックにDIYでナビを取り付ける手順を作業しながら説明していきます。

まずは装備されているデッキなどを取り外す作業

インパネを取り外す

トラックのインパネは、乗用車とは違い比較的簡単に外せるようになっています。化粧枠は、手で引っ張るだけで外せます。ネジは一か所だけでした。

ナビのアンテナ、GPSアンテナなどの配線処理をする

GPS配線処理

ナビを取り付ける際は、まずナビに配線する周辺機器から作業するのが良いでしょう。GPSアンテナは、一本の配線です。ナビインストール場所まで配線補引き込みます。

フィルムアンテナ取り付け

フルセグ用のアンテナは、ピラーを外し、説明書通りガラスにフィルムアンテナを貼り付けます。その後ナビをインストールする場所まで4本の配線を持っていきます。

Bluetoothマイク設置

ブルートゥース用マイクは、ステアリングコラムカバーの上に設置しました。配線をそのままナビ設置場所まで運びます。これで大体の周辺配線は完了しました。

デコデコの配線処理を行う

デコデコ配線処理

次に変圧するデコデコの配線を行っていきます。セルスターのデコデコは、かなり大きいと考えます。B5サイズの紙くらいの面積があります。

デコデコ配線図

セルスターのデコデコは、少し複雑な感じなのですが、注意点を守れば問題なく作業できます。

上記画像は、添付説明書をスキャンして注意点やポイントを書き込んでいます。参考にしてみてください。

基本的には、安心して取れる24Vの常時電源をプラス・マイナス取得します。24Vのアクセサリー電源を取得します。すると、常時電源、アクセサリー電源、イルミネーション電源が12Vで出力されます。

ナビ本体と配線を取り付けし試験稼働させる

配線処理を行う

DCDCの配線がしっかりできたら、DCDCからの12V出力線をナビカプラーに接続し、スピーカー配線を接続、GPSやアンテナ、そしてブルートゥース線を接続します。

さらにナビの車速センサーは、トラックは非常にラクだと感じます。それは、トラック特有の運航のタコグラフが装備されているからです。ここから車速信号線を取り出せます。ちなみに車速信号線は、パルスなので変圧する必要はありません。

ナビの試験稼働

全ての配線が終了したら、ナビを試験稼働していきます。テレビは問題なく映ります。

GPS測位試験

ナビの測位も問題なく行われました。この後走行してもらい問題ないことも確認できました。

復元作業完了

外したパネルを元に戻して作業終了です。作業時間は、約3時間ほどでしょうか。じつは追加の要望で、バックモニター設置もしたのですが、こちらはリアまでの配線処理に時間を要しました。

あわせて読みたい
【アドブルー(AdBlue)】尿素水の役割とは?なくなると再始動不可? 皆さんは、アドブルーという言葉を聞いたことがありますでしょうか。ガソリンエンジンやハイブリッド車に乗っている方は、知らないかもしれません。アドブルーは、ディ...
あわせて読みたい
トラックのテールライト異常!?交換作業してみた! 数か月に一回、ブレーキランプのバルブが切れてしまう4tトラックがありました。ついにバルブを交換しても不点灯になりました。本記事では、トラックのテールライト異常...

24V大型トラックにナビを取り付け! ~作業ポイント~

作業のポイント

ここでは、24V大型トラックにナビをつける際のポイントを解説します。

「デコデコ」には色々な種類がある

デコデコは、今やかなりの商品があると思います。どういった商品が良いのかは、許容アンペア数などによって変わります。24Vから12Vに変圧するだけでなく、許容アンペア数にも注意しましょう。

24Vから12Vに変圧するのは常時電源・ACC電源・イルミ電源

created by Rinker
日立オートパーツ&サービス
¥10,115 (2024/05/19 13:33:15時点 Amazon調べ-詳細)

24Vのトラックに12Vナビをつける際には、常時電源とACC電源、そしてイルミ電源が12Vに変圧されている必要があります。(イルミネーションは、接続しない場合は取得しないという方法もあります。)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次