【eKワゴン】タイロッドエンド・ロアアームブーツを交換してみた!

eKワゴンの下回りを点検していたら、足回りのゴム類からグリスが飛び散っているのが判明しました。ゴム類は、足回りのアーム類などの軟骨部分といえます。本記事では、eKワゴンのタイロッドエンド・ロアアームブーツ交換の手順などについて解説します。

目次

【eKワゴン】タイロッドエンド・ロアアームブーツを交換してみた! ~タイロッド~

タイロッドエンドブーツを交換

まずは、タイロッドエンドブーツ交換を行いながら手順のお話をしていきます。

タイロッドエンドはプーラーで脱着するのが良い

タイロッドエンド切り離し

タイロッドエンドを止めているナットは、インパクトで一気に回すと緩みやすいです。一瞬の力で緩めないと、ボルトとナットが共回りしてしまう可能性が高くなります。

created by Rinker
ツールズアイランド(Toolsisland)
¥2,200 (2024/05/19 20:25:52時点 Amazon調べ-詳細)

eKワゴンのタイロッドエンドブーツ交換する場合は、上記のようなプーラーを使用するのが一番簡単だと思います。失敗も少なく済むので購入すると良いでしょう。

押し込みタイプのブーツは丁度よいソケットなどを利用

タイロッドエンドを取り外した様子

タイロッドエンドが、ナックルから切り離せました。すると古いグリスがいっぱい付いてしまっているのが解ります。まずは、綺麗に清掃してあげることが重要です。

古いグリスを清掃

ブレーキクリーナなどを使用して、とにかく綺麗にしてあげます。

新しいグリスを塗布

綺麗にし終わったら、新しいグリスをしっかり塗布してあげましょう。

ソケットと新しいブーツ

丁度よいソケットを利用して、新しいブーツを打ち込んであげます。ピッタリよりも少しだけ大きいサイズが良いでしょう。

新しいブーツ打ち込み

プラスチックハンマーで平均的に叩いてあげながら打ち込んでいきます。綺麗に打ち込めました。

あわせて読みたい
【eKワゴン】ハブベアリング破損交換!?トラブル続出! 足回りから「ギャッギャッ」という異音がするという連絡が入りました。どうやら走行中に鳴る異音のようです。故障によって異音の種類も様々だと思います。本記事では、e...

【eKワゴン】タイロッドエンド・ロアアームブーツを交換してみた! ~ロアアーム~

ロアアームブーツ

次にロアアームのブーツ交換作業をしていきます。

ロアアームブーツ交換はナックル部をフリーにする必要がある

ロアアームをフリーにする

ロアアームブーツを交換する際は、タイロッドエンドのようには行きません。ロアアームブーツが交換できるスペースが確保できるように、パーツを外していく必要があります。

  • タイロッドエンドは、外します。
  • ショックを止めている2箇所のボルトも外します。
  • 邪魔になるのでキャリパーも外しておきます。
  • ナックルのセンターボルトを外してドライブシャフトとナックルを分離します。
  • ロアアーム部のボールジョイントをフリーにします。

ロアアームブーツ交換のスペースを確保する

ロアアームのブーツ状態確認

eKワゴンのロアアームには、テンションロッドが装備されています。このロッドを外せば、ロアアームがフリーになりやすいのかなと思いましたが、あまり関係ありませんでした。

結果、上記のようなパーツを外してあげた方が作業がしやすいことが判明しました。急がば回れとはこのことだなと思いました。

一般的な軽自動車は、ショック関連とスタビライザーリンク、タイロッドエンドあたりを外せば、作業できたと思うのですが、eKワゴンの場合は、そうはいきませんでした。

破れたブーツ

さて、ロアアームブーツの状態を確認します。すでに破れてしまい機能を果たせないばかりか、放置するとブーツ交換だけでは済まない状況でした。早期発見が大事ですね。

ブーツの交換は、タイロッドエンドの時とほぼ同じ作業内容です。しっかり打ち込んであげましょう。

あわせて読みたい
【SOD1】オイル添加剤を投入!「音」の変化にビックリ!? ダイハツ クーのエンジンから、「異音がする」という相談を受けました。これまでは、異音は出てなかったようです。本記事では、エンジンオイル交換時に、異音がしている...
あわせて読みたい
エンジンオイルに添加剤は必要?効果やメリット・デメリット オイルは、エンジン内部の潤滑、密封、防錆、洗浄、冷却などに非常に重要な油脂です。人によっては、オイル以外にオイル添加剤を使用している事もあります。本記事では...

【eKワゴン】タイロッドエンド・ロアアームブーツを交換してみた! ~ポイント~

ロアアームブーツ交換のポイント

ここでは、タイロッドエンド・ロアアームブーツを交換する際のポイントなどについて解説します。

ブーツのみの交換では汚いグリスをできるだけ掃除する

ブーツの中には、グリスが注入されています。このグリスは、かなり汚い状態になっています。そしてこのパーツ類には、ボールジョイントが使用されています。動きをスムーズにするための関節と言って良いでしょう

まずは、しっかりと汚れを落としてあげることが大事です。きちんと落とさないと、せっかくブーツ交換しても、異音などの原因になります。

ロアアームを外した時は1Gで増し締めする

1G増し締め

ロアアームを外したり、足回りを外した時は、くるまを地面に設置した状態で増し締めすることが大事です

これを怠ると、「コン」などの異音が発生することが多くなります。リフトで上げている場合は、ロアアームにパイプなどをかけて、圧力がかかるまでリフトを下げてあげると作業が簡単です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次