エアコンガス「R134a」と「R1234yf」の違いを解説

エアコンガスR134aの代わりに、R1234yfというエアコンガスが採用され始めています。R134aというガスとR1234yfというガスには、どのような違いがあるのでしょうか?本記事では、この二種類のガスの違いをできるだけ解りやすく紐解いて見たいと思います。

目次

エアコンガス「R134a」と「R1234yf」の違いを解説 ~車のエアコン?~

R134aガスチャージ

エアコンガスの違いを語る前に、少しだけ車のエアコンの仕組みなどについて解説します。

車のエアコンを仕組みから簡単解説

ここでは、車のエアコンの仕組みをなるべく簡単に説明します。

  1. エアコンコンプレッサーにて、高温高圧のガス状冷媒に圧縮します。
  2. コンデンサーを通過することで冷やされ低温高圧の液状へ変化させます。
  3. 低温高圧化された液状ガスをレシーバーに一時蓄えます。
  4. エキスパンジョンバルブを通過することで、低温低圧の霧状に変化します。
  5. 低温低圧に一気に変化することで熱が奪われ冷えます。
  6. 車内のエバポレーターに運ばれ、車内を冷やしてくれる仕組みです。

車のエアコンは、基本的に冷やすことを大前提にしています。エアコンを作動させながら暖かい空気を出すことができるのは、冷たくなった空気をヒーターコアを通して温めて直しているからです。

車のエアコンを作動させると環境への影響もある

車のエアコンを作動させるということ自体が、特に温暖化促進に影響を与えています。しかも中のガスはR134aと呼ばれる、空気中に漏れ出すと地球温暖化に大きく影響するガスが使用されており、修理などの際には大気開放は厳禁で回収が義務付けされています。

環境への影響を最小限に防ぐことは、これからの人類の未来に非常に重要な事と考えます。

あわせて読みたい
【車のエアコンが効かない!】快適に過ごすにはどう点検すれば良いの? 日本の夏は、今や猛暑と言わざる負えない状況となっています。さらに局地的な豪雨などで湿気も凄く高いです。車のエアコンが、使いたいときに故障で効かなくならないた...

エアコンガス「R134a」と「R1234yf」の違いを解説 ~ガスの違い~

R-1234yfガス

ここでは、R134aとR1234yfのガス自体の違いを解説していきます。

「R1234yf」は温暖化係数がかなり低い

R134aは、ノンフロンタイプですのでオゾン層を破壊することのない画期的なガスでした。しかしながらGWP(地球温暖化係数)はかなり高く、1300から1430ほどとなっています。

しかも空気中に消滅することなく長く居続ける物質のため、R134aは、大気開放せずにしっかり回収する必要があります。

一方新冷媒であるR1234yfの場合は、このGWPの値が1に近い状態です。ほぼ温暖化に影響がない画期的なガスとなっています。そのためガスの大気開放もオーケーとなりました。

R134は不燃性だがR1234yfは可燃性

R-1234yfコーションプレート

R134aは不燃性の冷媒ガスです。これは、高温高圧になるガスとしてはかなり安全なものといえます。一方、R1234yfの場合は可燃性となっています。燃える可能性があるということは、少し不安な部分でしょう。

R1234yfはR134と違い冷媒能力が低い

R12ガスからR134aに置き換わった時も言われたことなのですが、新冷媒に代わると冷却性能が下がる傾向にあります

R134aよりもR1234yfの方が、5%ほどの冷媒能力低下が起きるようです。5%が高いとみるか低いとみるかは難しいところですが、下がるという事実には変わりません。

あわせて読みたい
【クリーンエアフィルター】車のエアコンフィルター交換方法! 車のエアコンには「クリーンエアフィルター」と呼ばれるフィルタが取り付けられており、外部からの粉塵や花粉などの異物を除去したり、消臭したりしています。本記事で...

あわせて読みたい
車のエアコン消臭「エバポレータークリーナー」使い方・効果 エバポレータークリーナーを使用して車のエアコンを消臭する方法について解説します。エアコンが「臭い!」「嫌な匂いがする」といった方は芳香剤・消臭剤よりも、エア...

エアコンガス「R134a」と「R1234yf」の違いを解説 ~システムの違い~

クラウン

ここでは、「R134a」と「R1234yf」のシステム上の違いを解説していきます。

「R134a」と「R1234yf」でチャージングバルブが違う

R-1234yfガスチャックバルブ

R134aとR1234yfとでは、そもそもチャージングバルブの大きさが違います。そのため間違って入れることはないのですが、R134aに変更したくても変更できないという事になります。またR1234yfに変更することも不可です。

「R134a」と「R1234yf」でコンプレッサーオイルが違う

使用されているコンプレッサーオイルにも違いがあります

created by Rinker
タクティー (TACTI)
¥3,955 (2024/05/19 20:56:53時点 Amazon調べ-詳細)

これまでのエンジン車には、ND-8というコンプレッサーオイルが採用されています。ハイブリッドモデルには、ND-11が絶縁目的のために使用されています。

R-1234yfコンプレッサーオイル

R1234yfには、ND-12が使用されています。こういった使用オイルも違うということなので、交換の際はしっかり適合確認が必要ですね。

「R134a」と「R1234yf」でガス価格が違う

created by Rinker
ノーブランド品
¥6,400 (2024/05/19 19:39:56時点 Amazon調べ-詳細)

上記のお話を先にしましたが、実は一番筆者がお話ししたかったのは、価格の違いです

R134aのチャージ缶は、1000円前後だと思います。一方R1234yfの場合は、10,000円前後するものが多いと考えます。さらにコンプレッサーオイルも高額です。

ユーザー単体として考えると、ガスだけでこれだけ高額だと、エアコン修理や補充の際にもかなり高額になると予想します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次