夏の車内に「モバイルバッテリー」は危険!車内放置に注意が必要なモノ

夏の車内は、予想以上に暑くなる事があります。とくに直射日光が当たる車内は、50℃を超える事も多いでしょう。こういった高温のところに、モバイルバッテリーを放置したらかなり危険です。本記事では、車内放置に注意が必要な物などについて解説します。

スポンサーリンク

夏の車内に「モバイルバッテリー」は危険!【放置が発火につながる物】

破裂しそうなモバイルバッテリー

ここでは、車内に放置すると発火などにもつながる危険な物について解説します。

モバイルバッテリーが一番危険

モバイルバッテリーは、スマホやゲームなどを直ぐに充電できるすごく便利なアイテムです。そして近年のモバイルバッテリーは、スマホのように薄くて持ち運びもしやすいといえます。

モバイルバッテリーはすごく便利なものなのですが、商品によっては安全保護回路が働かず高温時に中のバッテリー液が膨張し割れたり、最悪の場合爆発を伴った火災になったりします

モバイルバッテリーは、PSE認証を取得してから販売されています。しかしながら車両に放置すると、高確率で破損や火災の危険性があります。注意しましょう。

スマホや携帯電話、パソコンも危ない

高温警報が出ているスマホ

スマホを車内に忘れて出かけてしまい、戻ってきたらスマホが高温になり、安全の為にサービス停止になっていたことはありませんか?

スマホの電源が立ち上がっているときは、こういった安全装備が働きスマホ故障を防いだり、バッテリー破損などが起きないようにしてくれます。

ただ電源が入っていない場合は、注意が必要です。どんどん内部温度が上がっても、スマホ自体が制御してくれないので、高温の状況によっては故障などの要因になります。

スマホとバッテリー

パソコンやタブレットは、スマホ同様に車内に放置すると危険な電子機器です。とくにスマホは、外でも使う可能性を大前提に製造されていますが、パソコンの場合は、全てのモデルが外で使える仕様でないケースもあるからです。

パソコンの方が、高温で不具合を起こす可能性があるとも言えるでしょう。電子機器を高温の場所に置くのは、非常に危険だと考えましょう。

車内温度が50℃以上になると、ダッシュボードの温度は70℃以上になるケースもあります。注意しましょう。

乾電池を使用した電装品など

デジカメや簡易モバイルバッテリー等には、乾電池が使用されていたりします。また新しい電池を入れて、古い電池を車内に放置してしまうことは、多いシチュエーションではないでしょうか。

乾電池は、高温下に置くと非常に危険です。中の液体などが膨張して、最悪爆発したように破裂します。注意してもらいたいアイテムです。

ワイヤレスイヤフォンなど小型電池を内蔵しているもの

ワイヤレスイヤフォンを車用を用意している方もいると思います。こういったアイテムには、小型の充電可能バッテリーが内蔵されています

そのため高温下に放置すると、中のバッテリーが破損してしまう可能性があります。小型バッテリーでも爆発を伴う破損はあり得ます。注意しましょう。

関連記事

サンシェードは、車内の温度を上げないための快適アイテムです。では、サンシェードは暑さ対策としてどの程度有効的なのでしょうか?本記事では、サンシェードの効果などを解説し、暑さ対策や注意点、そしておすすめ商品も交えながら解説します。車[…]

関連記事

ドライブレコーダーは、もしもの「事故」や最近問題になっている「あおり運転」などにも効果的なアイテムです。そのドライブレコーダーは、夏の暑さに弱いと言う事をご存じでしたか?本記事では、ドライブレコーダーが暑さに弱い点と対策方法を解説します。[…]

夏の車内に「モバイルバッテリー」は危険!【放置が車内破損などに】

モバイルバッテリー

知らずに放置すると、車内破損などに直結する可能性のあるものを紹介します。

スプレー缶やライター類

消臭スプレー缶や氷解剤などのスプレー缶は、自分の使いやすい場所に置いておくと思います。夏場暑いときは、こういったスプレー缶は注意が必要です。

スプレー缶は、内部のガス圧で噴射しています。高温になるとガス圧が一気に上がり、爆発を伴う破損が発生します。

車のガラスが割れるくらいの破損が、簡単に発生します。特に氷解剤などは、冬場に使用し夏場には忘れて放置してしまうケースがあります。知らずしらずに車内破損を引き起こさないよう管理しましょう。

炭酸飲料水など

炭酸飲料水は、ドリンクホルダーに置いてあると思います。とくに飲みかけの炭酸飲料水は、蓋をしっかり締めたとしても、炭酸が発生し少しづつ内圧が上がっていきます。内圧にペットボトルが耐えられなくなると、破損し中身が飛び散ります。

ペットボトルは、取りやすい所に置くケースが一般的なので、直射日光が当たりやすい場所も多くなります。なるべく飲みかけのペットボトルを放置しないようにしましょう

ETCカード類

こちらは、車内が破損するというケースではないのですが、盲点となるアイテムです。カード類には、カードの内容を読み込むためのチップが組み込まれているものが多いです。

そのため高温化に置いておくとチップが破損してしまう可能性があります。例えば、ETCカードを本体に入れて置いたままにすると、知らないうちにカードチップが破損し、ETCの出入り口でエラーなんてことが起きます。

そのまま気づかないでバーに接触という可能性もあり得ますので、ETCカードなどは、高速に乗る前に作動チェックをしっかりしましょう。

関連記事

日本の夏は、今や猛暑と言わざる負えない状況となっています。さらに局地的な豪雨などで湿気も凄く高いです。車のエアコンが、使いたいときに故障で効かなくならないために、使用頻度が多くない時期に、どう点検すれば良いのかを本記事で解説します。[…]

夏の車内に「モバイルバッテリー」は危険!【注意点】

夏の車

ここでは、夏の車内での注意点などを説明します。

夏場の車内温度は50℃以上になることが多い

夏場の車内は、簡単に50℃以上になります。そして電子機器の使用限界温度は、50℃前後です。車内温度が一気に50℃を超えてくると、電子機器内部のバッテリー破損や最悪の場合火災を伴うこともあり得ます

突然破損する物が多いのでとにかく車内には置かないが一番

車内温度が、知らずしらずのうちに上がってしまうという事は、気付かないうちに車内でトラブルが起きることになります

全く気が付かないうちに発生する可能性があるというわけですから、車内にはとにかくトラブルのもとになるアイテムを置かないというのが良いでしょう。