【ドライブレコーダー】ケンウッド「DRV-353C」取付方法

「今つけているドライブレコーダーが映らなくなった」というお話を頂きました。ドライブレコーダーを診断すると、本体が故障しているようでした。本記事では、ケンウッド製ドラレコDRV-353Cを取り付けながら、本機の特徴などを解説していきます。

目次

ケンウッド製ドライブレコーダーDRV-353Cの商品特徴など

DRV-353C

今回購入したケンウッド製ドライブレコーダーDRV-353Cとは、どの様なドライブレコーダーなのでしょうか

ケンウッド製ドライブレコーダーDRV-353Cについて

DRV-353Cスペック

ケンウッドDRV-353Cは、GPS機能を搭載した高画質録画モデルという特長があります。

created by Rinker
¥18,400 (2024/04/24 20:38:22時点 楽天市場調べ-詳細)

1920×1080のフルハイビジョンとなっています。16GのマイクロSDカードが付属しているので、最大画素数で70分の常時録画が可能です(画素数によっては2時間ほど録画可能)。

ケンウッド製ドライブレコーダーDRV-353Cのメリット!

またこのDRV-353Cは、12Vだけではなく24Vにも対応しています。ということは、乗用車だけではなく、トラックなどにも使用できることになります。これを言い換えると、トラックの振動などにも強いと考えます。

あわせて読みたい
【KENWOODドラレコ】「DRV-242C」DIY取り付け 近年では、色々な交通トラブルが発生していますね。70代の方から自分の運転技量のこともあるので、ドライブレコーダーを付けてほしいとお話がありました。本記事では、K...
あわせて読みたい
【音声操作】「Changer製ミラー型ドラレコ」取り付け方法と性能 最近デジタルバックモニターを純正採用している車種も増えていますね。では普通のミラーしか採用されていない車種は、どうすればよいのでしょうか?ここでは、「Changer...

ケンウッド製ドライブレコーダーDRV-353CをDIY取り付け

DRV-353C取り付けイメージ

では、ケンウッド製ドライブレコーダーDRV-353Cを取り付けていきます。古い機種の取り外し工程は、敢えて除いています。

ドライブレコーダー取り付けでは、設置場所と電源取得場所が大事

ドライブレコーダーの取り付けを行う場合は、ドライブレコーダーの取り付け場所が一番重要です。今回は、ユーザーの意向確認を行い、もともとついていたドラレコよりもさらに、左側になるように設置することとなりました。

以前のドラレコは、ミラーの裏側にあって全く稼働状況がわからなかったという事です。

ケンウッド製ドライブレコーダーDRV-353CのDIY取り付け手順

ルーフの隙間に配線

本体取り付け位置が確定したら、配線処理から作業していきます。一般的にはルーフなどの隙間に配線をしまいながら、ピラーに沿ってダッシュの方に配線を敷設していきます。

配線

今回は、4トントラックへのドライブレコーダー取り付けです。もともと24Vから12Vに変換するデコデコ(電圧変換機)が付いていましたので、これを利用して電源を取得していきます。

上記のようなデコデコ(電圧変換機)を介することで、12Vの電子機器を24Vにも使用できます。

デコデコ

ただ今回のDRV-353Cは、24V対応していますので、24Vトラックのヒューズボックスからそのまま電源取得することも可能です。

電源取得

配線や電源取得を済ませて、アースもしっかり接続したら、一旦試験稼働することが重要です。ドライブレコーダーに付属しているシガー電源の多くには、通電するとランプが点くものが多いので、通電チェックは画像のように確認できます。

試験稼働が問題なければ、本体をしっかり設置しましょう。その後説明書を見ながら、日付や設定など一定の作業を行い、外したインパネパーツなどを元に戻したら作業終了です。所要時間は、40分ほどでしょうか。

あわせて読みたい
「ドライブレコーダー」の種類と選び方 ドライブレコーダーは、現代のクルマ社会では必需品となっています。万が一の事故でのエビデンスやあおり運転などにも効果的なアイテムです。ドライブレコーダーには、...

ケンウッド製ドライブレコーダーDRV-353C取り付けでは?

DRV-353C取り付け注意点

ケンウッド製ドライブレコーダーDRV-353Cを取り付けする場合は、どの様な点に注意すれば良いのでしょうか

配線などが完了したら必ず試験稼働

これは、DRV-353Cだけではないのですが、ドライブレコーダーを取り付ける際は、必ず途中で試験稼働しましょう。この作業をしないで設置・インパネ戻しまで作業すると、万が一稼働しなかった際に、不具合個所を特定しづらくなります。

配線をしっかり隠すことと養生することが大事

シガープラグの電源が付属していることから、そのままシガープラグで使用する人もいると思います。今回は、配線をできるだけ邪魔にならないように隠したかったので、直接電源取得することとしました。

どちらの方法でドライブレコーダーを取り付けるにも、配線が邪魔にならないように隠すことや、配線が断裂しないように養生することが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北の大地から、車に関する記事執筆をしている40代の1児のパパ。趣味と特技は、車整備とバスケットボール(プレイヤー)を時間の許す限りする事です。
なるべくわかりやすい執筆をするのを心がけております。

目次