【NV100クリッパー】4WDが入らない?パーツ交換修理!

「クリッパーの4WDが入らなくなっていた」という相談がありました。4WDが入らない原因を特定しないと、修理もできません。本記事では、クリッパーの4WD故障を解明し部品交換を行うとともに、4WDの使い方などについて、解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

【NV100クリッパー】4WDが故障している!?

NV100クリッパー

クリッパーの4WDが入らない故障の原因を解明していきます。

【NV100クリッパー】トラブルで多いのは?

クリッパーは、FRが基本のモデルです。4WDは、スイッチを入れることでトランスファーからフロントデフへ伝達し4WD駆動となっています。同モデルは、三菱からOEMされています。

クリッパーの場合は、バキュームポンプを使用して4WD駆動への伝達をオンオフしています。筆者の調査では、このバキュームポンプに関する故障が多く発生していると感じました。

そこで、まずは4WDスイッチをオンにしたときの作動状況を確認していきます。スイッチを入れたとき、バキュームポンプが作動しません。またバキュームポンプから先のリンクパーツは、サビで固着して動かない状況でした。

センサー類も故障原因となる

クリッパーには、4WDに関するセンサーとして、ポジションスイッチが装備されています。このスイッチが不良となることで4WDの切り替えができない事例も多くなっているようです。

関連記事

タイロッドエンドとは、運転の際にどのような働きをしているのでしょうか?また故障するとどういった弊害があるかご存じでしょうか?本記事では、DIYでタイロッドエンド交換しながら、タイロッドの重要性や注意点などを解説していきます。 タイロ[…]

関連記事

整備士にとって爪・手の黒い油汚れはつきものです。そこで本記事では、整備士の爪や手についた黒い油汚れを落とすための落とし方・グッズを紹介します。爪や手の黒い油汚れにお悩みの方はぜひ、本記事で紹介する汚れの落とし方や汚れを落とすためのグッズを[…]

【NV100クリッパー】4WD故障 ~パーツ交換!~

故障パーツリスト

ここでは、原因の一つとなっているバキュームポンプを交換しながら、4WD故障を直していきます。

リアのバキュームポンプとリンクパーツを撤去

リアのバキュームポンプとリンクパーツ

バキュームポンプは、12㎜のボルト二本で止まっています。リンクパーツもCワッシャーなどで止まっているのですが、そもそもサビで固着してしまい全く稼働してくれません

センサースイッチの撤去

ポジションセンサーもかなり錆びていて稼働が不安でしたので、撤去して新品と変えることとしました。こちらは、配線コネクタを外し19㎜のスパナではずしてあげます。

新品パーツの取り付けと作動試験

新品パーツ

バキュームポンプと周辺パーツを取り揃えたら、約15000円分のパーツとなりました。細かいボルトやワッシャーなどもあり、一度外したパーツと見比べる必要がありそうです。

仮組み状態の新品パーツ

新品パーツをすべてチェックしながら、仮組していきます。最終的には、正しいトルクでボルトを締め付けて完了させます。

ポジションセンサ

ポジションセンサーも新品に交換しておきます。

それでは、ドキドキの試験稼働を行っていきます。上記動画で修理完成を確認ください!

関連記事

ナビやバックカメラの取り付けは、時間がかかるオーディオ交換の一つですね。今回は、新品ナビ・バックカメラではなく、オール中古パーツを再使用しNV350キャラバンに取り付けてみました。中古ならではの大変な部分なども紹介します。 NV35[…]

NV350

【NV100クリッパー】4WDが入らない ~作業注意点~

修理後

クリッパーが4WDに入らなくなる原因には、多くの要素がありそうです。

4WDスイッチのオンオフでの注意点

4WDスイッチを押しても4WDにならない時は、バキュームポンプが故障しているケースとリンクパーツの固着による稼働不良が多いと考えます。

また使用方法でも故障確率が上がるようです。4WDをオンにするときは、直進状態で止まってスイッチをオンにすることをおススメします。走行中だとバキュームポンプに負担がかかり、故障する可能性が高まります。

リアのバキュームポンプだけでなくフロント側も故障の可能性あり

今回の故障では、リアのトランスファーに取り付けられているバキュームポンプの故障で直りました。もしリアの修理出直らないケースが出た場合には、フロント側のバキュームポンプも故障している可能性が高いでしょう。同じ様なポンプがフロントデフわきに装着されています。

4WD切り替え方式は、各メーカーによって大きく違うと考えます。車のウィークポイントもモデル毎で違います。

クリッパーの場合は、エアを使用したオンオフとなっていますので、バキュームポンプに関する故障が多いといえるでしょう。